動かざること岩のごとし

こんにちは、ゆうゆーです。

昨日の全体相場は、オリンピックの東京招致成功の影響もあって、
幸福感に満ち溢れた上昇を見せてくれましたね。
日経平均も、TOPIXも、ジャスダックも、大きく値上がりしました。

ゆうゆーのポートフォリオももちろん大上昇ですよ!

と、景気よく言いたいところなのですが、実は不完全燃焼の一日でした・・・。

ええ、もちろんポートフォリオ全体としては、それなりに上がりましたよ。
ですが、貢献してくれたのは、桧家やヒトコム、AITといった脇役だけで、
主力のトレファクとアークランドサービスときたら、
「俺らは五輪なんて関係ないもんね~!」と言わんばかりの体たらくです。

まぁ、確かにこれらの企業は、オリンピックが東京であろうがなかろうが、
業績に影響を及ぼしそうな事業内容ではありませんけどね・・・。
(それでも、大人の付き合いでもう少し上げましょうよ・・・)

オリンピックの影に隠れてしまっていますが、
トレファクとアークランドサービスのここ数ヶ月の既存店売上高は、
実はどちらも素晴らしい数字をキープしているのです。

ですが、株価の方はまるで動かざること岩のごとし・・・。

で、他のよく知らない銘柄は大幅上昇ときています。
もちろん私がよく知らないだけで、他の人はよく知っている銘柄なのでしょうが・・・。

こういう状況に置かれるのは、大変つらいですね。
他が横ばいで、持ち株も横ばいならまだ精神的にも耐えられますが、
他が大幅上昇で持ち株のみ岩のごとしでは、
本当にイライラが募ってしまいます。

こういう時は、どう考えればいいのでしょうか?

・・・そうです、株式投資で行き詰った時は必ず、
その状況を打破するための名言を、偉大なる先人が残してくれているのです。

あなたが夢中になっているのに、他の人は無視しているような株を
保有し続けるには、大変な忍耐を要する。
他の人が正しくて、自分が間違っているのではと思い始めるだろう。
しかし、ファンダメンタルズさえ約束されているなら、我慢は必ず報われる。
【ピーター・リンチ】


そう、この名言が聞きたかった!
これこそまさに、今の私が置かれている状況ではありませんか。

トレファクなんて、一体どれだけの人が注目しているでしょうか。
毎日の出来高を見れば、その人気の無さがよく分かります。
AKBの総選挙であれば、名前を呼ばれもしないレベルでしょう。

さらに、他が景気良く上がっているせいで、
自分の投資が間違っているような気にもなってしまいますよね。
それこそ、本物の「岩」に投資しているような気分になります。

しかし、トレファクやアークランドサービスの月次に目をやれば、
不安要素なんて微塵もありません。
ファンダメンタルズは固く約束されているということです。

こうなれば、あとは待つことさえ諦めなければ必ず報われると、
尊敬する先生が教えてくれているのです。

次の自分のターンがやって来るまでは、
とにかく待って、待って、待ちまくってやろうと思います。

長期投資においては、保有銘柄の暴落はもちろんのこと、
未保有銘柄の暴騰に耐える精神力も必要である。
【ゆうゆー】

コメント

トレファク月次
いつも拝見させていただいております。

世間はオリンピック相場一色のようですが、私もほとんど恩恵を受けていません。

しかし、昨日のトレファクの8月次売り上げを見たところ、とても順調に伸びているようでした。

今日、ちょっと株価があがったのもその影響でしょうか?

やはり、オリンピック期待などという、よくわからない偶像の株価上昇よりも、トレファクみたいに着実に裏づけのある株価上昇のほうが、安心できますね!

Re: トレファク月次
kobaさん、いつもお読みいただきありがとうございます。

今回、運良く?招致に成功したから関連銘柄が上がっているわけで、
裏を返せば、招致に失敗していたら失望からきっと下がっていたでしょう。

招致に成功するか失敗するか、誰も事前には分からなかった以上、
五輪関連銘柄に賭けるのは、ある意味でギャンブルだったわけです。

最初からギャンブルをするつもりがなかったのであれば、
ギャンブルの勝者をうらやましく思う必要もないですよね。
理屈では・・・。
(現実は違うかも分かりませんが・・・)

トレファク、ようやく重い腰を少し上げてくれましたね。
アークランドサービスは相変わらずですが・・・。
とにかく、ガマン、ガマンです。。
なるほど
このような時ほど、自分の投資家としての資質が試されている時なのかもしれませんね。
参考になります
Re: なるほど
ぱれすぴんくさん、コメントありがとうございます。

そうですね、他は他、自分は自分ですから、
自分のやり方でお金を増やせれば、それでよいと思います。
こういう時こそ周りに流されず、どれだけ自分を信じられるかですね。

管理者のみに表示

トラックバック