週間成績発表[22週目]

こんにちは、ゆうゆーです。

今週は、TOPIXの+3.3%に対し、ゆうゆーは+8.4%でした。
通算では、TOPIXが+4.1%、ゆうゆーは+13.1%です。

71.jpg

72.jpg

今週は、TOPIXの+3.3%に対し、ゆうゆーは+8.4%でした。
通算では、TOPIXが+4.1%、ゆうゆーは+13.1%です。

今週のハイライトは、なんと言ってもヒトコムの連続ストップ高です。
この一週間だけでヒトコムの株価は1.5倍以上にも膨れ上がり、
全体のパフォーマンスを大きく押し上げてくれました。

先週までは、本当にイライラの募る日々でしたが、
今週になって、ようやくその我慢が報われた気がしています。

ただ、あまりの急激な上昇には少し恐怖感も感じており、
来週には売ってしまいそうな気がしています・・・。

ええ、もちろん投資基準から外れた売買はしませんよ!
どんな状況であれ、私が保有株を売った理由を、
このブログを読んでくださっている方々が理解できないようなら、
その売却は失敗だと私は思っていますので。

自分で理解しているなら、他人にも理解できるように説明できるはずだ。
【ウォーレン・バフェット】


さて、ヒトコムが大きく値上がりしましたので、
ポートフォリオの比率が少し変わり、このようになっています。

73.jpg

気になっている点は、現金の保有比率が低く、
相場の急落時に買い増しの余裕が全くないことです。
ただ、運用額がまだ小さいので比率の調整が難しく、
これは仕方ないかなぁと思っています。
もしヒトコムを売ることになれば、これも少しは解消されるでしょう。


・・・しかし、こうやって自分の書いた記事を振り返ると、
株価の変動で、随分と心が揺らいでしまっていることが分かりますね。

株価が低迷していればストレスが溜まり、
上がったら上がったで、次はいつ下がるかという恐怖感でいっぱいです。

当然、こんな短期的な株価の変動で心が動いてしまうのは、
長期投資家としては、全く望ましいことではありません。

しかし、持ち株の短期的な株価の変動で全く心が動かない投資家など、
いったいどれだけいるでしょうか?
もし居るとすれば、バフェットのような経験豊富な投資家くらいでしょう。
誰でも最初から経験を積んでいるわけではないのですから、
この心の浮き沈みは、誰もが避けては通れない道なのです。

私は結構な理屈主義ですが、理屈で語れないことだってあるのです。
現実と上手く付き合ってゆくことが大切なんだと、私は思っています。

偉大な長期投資家たちは口を揃えて「短期的な値動きは無視しろ」という。
全くその通りなのであるが、これが口で言うほど簡単ではない。
なので私は開き直って、株価の上昇や下落で一喜一憂してしまうのは、
人間なのだから仕方がないと受け入れている。
ただ、その感情を「株の売買」という行動には、
決して移さないよう気をつけている。
【ゆうゆー】

コメント


管理者のみに表示

トラックバック