週間成績発表[24週目]

こんにちは、ゆうゆーです。

今週は、TOPIXの-0.1%に対し、ゆうゆーは+3.5%でした。
通算では、TOPIXが+7.0%、ゆうゆーは+21.8%です。

80.jpg

81.jpg

ついに、ゆうゆーのポートフォリオが年初来高値を更新してきました。
運用を始めたのが今年ですので、運用来高値の更新でもあります。

そこで、パフォーマンスの推移の折れ線グラフを見てみると、
TOPIXに差をつけて上昇したのは、運用していた半年間の中で、
最初の3週間と直近の3週間の、たった2回だけに過ぎません。

過去の週間成績発表の記事を振り返っても分かる通り、
それ以外の期間は、本当に忍耐、忍耐の日々でした・・・。

仮に直近の3週間、運用を休止していたとするならTOPIXにも負けており、
全く冴えないパフォーマンスに終わっていたことが分かります。
そう考えると、現時点で良いパフォーマンスが残せているのは、
運のようにも思えてきますね。

そもそも、ゆっくりと着実に成長している会社の株を持っていても、
その株価は会社の成長に合わせてゆっくり右肩上がりになることはなく、
急上昇、急降下を何度も繰り返しながら、
長期で見れば着実に右肩上がりになっているものです。

よい会社の株なら、一時も手放してはならないことがよく分かりますね。
もし手放していた期間と、急上昇の期間が偶然重なってしまったら、
目も当てられない結果になってしまいます。

もちろん、私もまだ運用して半年しか経っていませんから、
急上昇直後の今のパフォーマンスなどというのは、
ほとんど運で勝ち取ったものなのかもしれません。

ですが、パフォーマンスなんて意外とこんなものなのです。

運なのか、実力なのかハッキリ分からないまま上下動を長期間繰り返し、
気付けばちゃんと実力が、パフォーマンスに反映されているのです。

ただ、少なくとも現時点での年利換算で47.5%などという高い数字は、
完全に運によるものだということだけは、ハッキリしています。

私のような投資方法では、平均で年利20%を超えられれば御の字で、
よほど幸運に幸運が重ならない限り、
10年間の平均で、30%以上の年利をたたき出すことは不可能です。
これは、合理的に考えてそのようにしかならないのです。

つまり、もしも今年が年利50%を達成できた年であったなら、
それを修正するような年利0%、あるいは年利マイナスとなる年が
必ずやって来ることを意味しています。

ただ、その下落の年というのが2014年か、2015年か、2016年か、
あるいはそれより後の年かは分かりません。
そして大きな下落の前に、もう一段の上昇が来る可能性もある以上、
結局は、持ち続けるしか選択肢は無いわけです。

自らの投資基準に従っていればモノにできたはずの利益を、
投資基準を守らなかったばかりに逃してしまうことは、
数ある株式投資での失敗の中でも、最大級の失敗ですからね・・・。

失敗はしてもよいが、同じ失敗をしてはいけない。
【ゆうゆー】
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。