石橋を叩いて渡る

こんにちは、ゆうゆーです。

少し前の話題になりますが、先日、
プロ野球で偉大な功績を残した川上哲治さんがお亡くなりになりました。
93歳で、老衰ということです。
関係ない話ですが、私も老衰で死ぬことを目標としていますので羨ましいです。

この川上氏、現役時代は「石橋を叩いて渡らない」と呼ばれるほど、
慎重で堅実な性格だったと言われています。

株式投資においても、この慎重さや堅実さは非常に大切だと思います。
ギャンブラーのように、倍率の高い大穴に一発賭けるよりも、
倍率の低い本命に賭け続ける方が、長期的には勝率は高くなるでしょう。

高さが2mもある塀を乗り越えようとは思いません。
辺りを見回して30センチの柵を探し、そこをまたいで行くつもりです。
【ウォーレン・バフェット】


ちなみに実際の競馬においても、大穴に賭けるより本命に賭けた方が
期待値が高いという統計上の結果が出ているようです。

ただ、株式投資で成功するには、
石橋を叩いて「渡る」ことが大切だと、私は思っています。
石橋を叩かずに渡るのはもちろん論外ですが、
石橋を叩いて「渡らない」ようでは、失敗することはありませんが
成功することもできません。

株の世界には、絶対確実なものなんてありません。
私が大きな信頼を置いているトレファクでも、ALサービスでも、
私の予想外なところで、何か重大な失敗をしてしまう可能性はあります。

投資する企業のことは当然、よく理解しておかないといけませんが、
全てを理解することは不可能です。
社長だって、潜在的なリスクを全て理解しているとは思えません。

その企業について8割方は理解できたと思うのなら、
勇気を出して、その企業に賭けてみましょう。
失敗しても、命までは取られないのですから・・・。

石橋の設計図面を広げ、強度計算書の再チェックを行い、
石橋の施工業者の信頼性は十分であることが確認できたなら、
あとは勇気を出して、渡ることが大切なのです。

慎重さだけでは、お金持ちになれません。
大胆さだけでも、お金持ちになれません。

慎重であり、かつ大胆であることが、
株式投資で成功できる人たちの共通点だと思っています。

自信のあるチャンスに出会った場合の唯一の合理的な方法は、
大きな投資をすることである。
【ウォーレン・バフェット】
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。