他人の経験から学ぼう

こんにちは、ゆうゆーです。

さて、みなさまに質問です。
このブログで偉そうなことばかり好き勝手に書いている私ですが、
いったい何年くらいの株式投資経験を積んでいると思いますか?

仮にもこんな偉そうなことを書けるのだから、
軽く10年は超えているだろうと思いますか?

それとも、やっぱりまだまだ甘い部分があるなと感じられるので、
まあせいぜい5年くらいだろう、と思われますか?

答えは、

1年10ヶ月

です。
つまり、このブログを始めた時点では、
まだ投資暦は、たったの1年3ヶ月だったわけですね。

どうですか、ちょっと意外ではなかったでしょうか?
そうです、リーマンショックも、ギリシャショックも、東日本大震災も、
怖いことなどなーんにも経験したことがない、まだまだ甘ちゃんなのです。

私がまともな大相場を経験したのは、アベノミクスくらいなもんです。
つまり、ハッピーな上昇相場しか経験したことがないのです。

こんな私ですが、私は人一倍、下落相場の恐怖感を心配し、
長期安定成長株にこだわったり、不況に強い銘柄を持っているかなど、
まだ来ぬ不景気に対してビビっているような気がします。

なぜか?

それは、次のバフェットの言葉を実行しているからです。

人は経験から学ぼうとするが、
他人の経験から学べるならそれに越したことはない。
【ウォーレン・バフェット】


多くの投資ブロガーたちは、リーマンショックを境に
ブログの更新が途絶えてしまったと聞きます。
(きっと投資の方も途絶えてしまったのでしょう・・・)

ですが、中にはリーマンショックを生き残り、
今なおブログの更新を続けている、素晴らしい投資家たちもいます。

私は、そのようなすばらしい投資ブログを見つけたら、
まず真っ先に、2008年の末頃に書かれた記事を探します。
そのあたりの記事を読めば、そのブロガーの当時の壮絶な恐怖感などが、
おおよそ感じ取れるからです。

これで、もう自分が経験したようなものです。
もちろん他人の経験談など、自分で得た経験には適わないでしょうが、

経験がないものはない!
経験する機会がまだないんだから、仕方ないでしょ!!
経験がナンボのもんじゃ!!!


という思いで、せっせと他人の経験を吸収しているわけです。

テニスの松岡修造さんは、今でこそあんなに身長が高いですが、
学生の頃は、同年代の周りの人と比べてとっても低かったそうで、
テニスの方もあまり期待されていませんでした。

そこで、松岡修造さんは次のように言い放ったそうです。

身長で結果が決まるのなら、コートの上で身体測定をすればいい。
【松岡修造】


カッコいい!!
全くその通りです。
こんなセリフ、私も一度は言ってみたいです・・・。

そうです、私だって経験がないことを、
株式投資で利益を出せないことの言い訳にはしたくないのです。
経験で投資成績が決まるのなら、市場で投資暦の調査をすればいいでしょう。

話を戻しますが、私は大した下落相場の経験がないながらも、
今年の5月には、新興市場にはそれなりの下落相場がありましたよね。
参照記事:週間成績発表[8週目]

この程度の下落など、大暴落とも呼べないと思いますが、
この程度のチャートであれだけの恐怖を感じたのですから、
リーマンショックの断崖絶壁のようなチャートを見れば、
当時どれだけの絶望感・恐怖感に満ち溢れていたか、
別に経験しなくたって、手に取るように分かりますよ・・・。
このような使い方は、株価チャートの唯一の有効活用方法かもしれませんね。

こんな事態になれば、もう何もかも信じられなくなって、
保有株をすべて手放してしまったって、何の不思議もありません。

いくらピーター・リンチが、

この世の終わりが来るという予言は、株を売る理由にはならない。
【ピーター・リンチ】


と言っていても、そのリンチ自身を信じられなくなってしまったら、
このような言葉は、何の意味も持ちません。
ですから、次のような言葉も重要になってくるんですね。

株式投資家の運命を決めるのは、頭脳ではなく信念である。
いかに優秀であろうと、自分の考えを持たない投資家は、
株式市場では勝ち残れない。
【ピーター・リンチ】


そりゃそうですよね。
他人の教えを基に投資するとしても、
誰のどういう教えを信じるのか、選ぶのは自分なんですから。

そして、幸運な時期に投資を始め、順調に資産を増やしている私が、
第二のリーマンショック級をいざ実際に喰らった時に、
私が一番思い出すべきは、きっと次の言葉でしょう。

常に完璧な運用が出来るという妄想から救ってくれるのは、
株価の大きな下落である。
【ピーター・リンチ】


このリンチの言葉こそが、いつか奈落の底に突き落とされ、
絶望感に打ちひしがれている私を、きっと救ってくれるでしょう・・・。

しかし、本当に驚き以外の何もありません。

え? 何に驚いているかって??

投資人生において行き詰まるであろう状況に対して、
それを打破するための的確な名言が必ず存在することに、です。

バフェットやピーター・リンチの言葉を聞いているだけで、
リーマンショックを実際に体験しているのと同じくらい、
貴重な経験を積んでいるような気がしてきます。

経験なんて、誰も最初からは持っていません。
ですが、歴史や他人の経験から学ぶことなら、投資初心者でもできます。

年利40%を20年間、継続して出す投資手法があると言っている人がいて、
その人の投資手法を真似するなんて、はっきり言って愚かな行為です。

何故って??

だって、株式投資の長い歴史を振り返っても、
年利40%という高すぎる数字を、20年もの長い間維持できた人なんて、
ただの一人もいないじゃないですか。
(いたら相当有名になっているはずなので・・・)

逆に、そのような手法を使って資金を破綻させた人なら、
星の数ほどいることでしょう。

歴史や他人の経験から学ぶことができる人なら、
どんな投資手法か調べるまでもなく、愚かな方法だと分かるはずです。
なのに、このような投資を真似する人はきっと後を絶たないでしょう。

私は投資を始めて2年弱、年利40%ペースで資産を増やしています。
ですが、最終的には年利40%はおろか、年利30%、
いや、年利25%もおそらく出せないであろうことは、
歴史と他人の経験が物語っています。

自分の投資成績を10年後に振り返れば、
せいぜい年利15%~20%を出すのが関の山でしょう・・・。

我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。
【ウォーレン・バフェット】


バフェットにこんな風に言われてしまうなんて、
人間という生き物は、情けないものですね・・・。

少なくとも、自分で十分な経験を積むまでの間は、
歴史や他人の経験から学べるものは、学んでおくべきだと思います。
関連記事

トラックバック

コメント

驚きです
ゆうゆーさんが資金100万円で運用しているのはきっとブログ用の遊びであり、本当はその数倍の資金で含み益だらけの長期投資しているものと思っていました。

経験年数も近いとなると、数少ない個人長期投資家としてさらに親近感がわいてきました。

長期投資をしている人の大半は投機で傷を負った人だと思っていたのですが、その経験年数からすると最初から長期一本を学ばれたのではないでしょうか。

私の方が経験としては少し長いようですが、長期投資の先輩としてこれからも勉強させていただきます。
  • 2013-11-28 | 09:02 |
  • いいですねえ | URL |
  • [edit]
Re: 驚きです
いいですねえさん、こんにちは。

確かに、ブログ用の資金とは別枠でも運用しているのですが、
ハッキリ言って、資金量もブログ用のものに毛が生えた程度のものです。
きっと、このブログの読者様たちの方が、
よっぽど大きな金額を運用しているものと思います。

また、最初から今のような長期投資をしていたわけではなく、
最初の頃は全くスタンスが定まっていませんでした。
今なら調べようとも思わない銘柄を、なぜか当時は買っていましたね。

もちろん、そこに信念も、投資基準と呼べるようなものもなく、
当然忍耐力もなく、3日持っていればいい方でした。
買えばすぐに売っていたので、大きな負けはありませんでしたが、
かさむ手数料で資金をジワジワと減らしていましたね・・・。

今の長期投資に近づいてきたのは、3ヶ月くらい経った頃でしょうか。
ふとしたことからバフェットを知り、ピーター・リンチを知った頃から、
自分の中で何か希望の光を見つけたような気がしました。

二人の教師がついてからは、お金持ちになるという夢が確信に変わるのに、
そんなに長い時間はかかりませんでした。

まだ経験の浅い私ですから、昔の成功体験を語ることはできません。
このブログでは読者様たちと共に、これから成功に向かって歩き続ける、
そんなスタンスでやっていきたいなと思っています。
  • 2013-11-28 | 12:25 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

プロにも色々有りますが、

見習い期間が無く…いきなり世界のメジャーと戦う業界は、投資プロ位なものだと思います。



僕が証券口座を作ったのは2008年央位、
その後 いきなり倒産を経験しましたが、
それ以後 倒産を経験していないのは、
痛い思いをした成果だと思う様にしています。。


又、

それを境に、
投資で負けない為の日常生活を断行し、今に至ります。



*住居は1ルーム賃貸。
*独身継続。

*車はドイツ車から軽車へ。

*余った給与 賞与は全て投資口座へ。


*疾患リスクを考え損保の大幅拡充。


などが、
負けない為の我流アイテムにて。。

※退場しなければ負けた事には成らないと言う、
自己の思い込みを前提にした日常の生活戦略です。


外から観ればバカじゃ無いの~と思われるかもしれませんが、

参戦した大局勝負は、
勝つまで止めないと言う事を人生の大旗にしていますから,
PF.を全て利確するまでは継続するつもりです。。

  • 2013-11-28 | 19:38 |
  • 相模の介 | URL |
  • [edit]
私も勘違いしていました
どうもこんにちわ。

ゆうゆーさんは、投資に対する考えがとてもしっかりしているため、
もう10年以上の投資経験がある達人なのかと、勝手に思い込んでいました。

ぶっちゃけ、私とたいして変わらないんですね!

親近感が沸きますね。


これから先、長い長い投資生活がまっています。
大暴落も、大暴騰も、なんどもお目にかかれると思いますが、なんとしてでも、相場から退場しないよう、気をつけながら、がんばってお金持ちを目指しましょう。

Re: タイトルなし
相模の介さん、こんにちは。

そうですね、確かに投資の世界では、歴戦のプロも初心者も、
いきなり同じ土俵に立つことになりますからね。

相模の介さんは、最初に厳しい環境を経験されたようですので、
相場の怖さも十分に分かっているでしょうし、
経験という意味では、いい時期に始められたのかもしれませんね。

最初にそのような経験をされて、
人によってはそこでもう投資を一切やめてしまう人も多いでしょうが、
それをバネに、プラスのエネルギーに変えられたのは、
とても素晴らしいことだと思います。

どのような経験であれ、それを活かすことが大事ですね。
  • 2013-11-29 | 07:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 私も勘違いしていました
kobaさん、こんにちは。

そうです、暴落の恐怖とか、ブログでエラソーに書いていることでも、
実際に経験したことがないことも多いのです。

ただ、だからこそ、そういう経験をされて
それでも生き残っている人たちの考え方や投資方法などを学び、
いざ、自分が大暴落に遭った時に退場するハメにならないよう、
資金管理においても、銘柄選択においても、精神面においても、
万全の準備をしておく必要があると思うのです。

ネットでもこれだけいろいろな人の意見や考え方が聞ける昨今、
経験不足なんて、ただの言い訳ですからね・・・。

10年後にも株式投資を続けられているように、共に頑張りましょう。
  • 2013-11-29 | 07:57 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
年利20%以上って難しいんですか?
  • 2013-11-29 | 15:47 |
  • たかし | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
たかしさん、こんにちは。

難しいでしょうね・・・。
今だったら、多くの人が「出せるのでは?」と思ってそうな気もしますが、
2008年頃に年利20%なんて言ったら、笑われていたかもしれません。

もし今後10年間で年利20%ペースで資産を増やせれば、
間違いなくカリスマ投資家と呼べるでしょう。
まぁ、ピーター・リンチやバフェットくらいのレベルになれば、
30%近い年利も不可能ではないかもしれませんが・・・。

ただ、年利なんて「出そう!」と思って出すものではなく、
後からついてくるものなので、何%とか意識しても仕方ないんですけどね。
  • 2013-11-29 | 16:38 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。