相場格言について考えてみた(その1)

こんにちは、ゆうゆーです。

世の中には、株式投資に関する格言というのがたくさんありますね。
今回は、それらの格言の中からいくつかを取り上げてみて、
あれこれ勝手な考察をしてみたいと思います。

まぁ、「検索ワードを読み解く」の企画みたいなものですね。


相場格言[押し目待ちに押し目なし]

気持ちはよーく分かります。
私もこんな失敗をしてしまう時はあります。

長期投資であっても、どうせ買うなら少しでも安く買いたいですから、
買える水準なのに、つい押し目が来るのを待ってしまうんですよね。

そして、押し目が来ないまま株価はあれよあれよと上がってしまい、
結局、押し目を待っていた時の価格よりもずいぶん高い価格で
買う羽目になってしまったりします。

でも冷静に考えて、10円や20円の買値の違いなんて、
長期で見ればただの誤差に過ぎません。
そんな程度の得にこだわるより、買う機会を逃す損失の方が、
よほど大きいように思います。

チャートを見たり、板情報を見たりして買いのタイミングを探るのは、
短期投資家の得意とする戦場です。
長期投資家は、短期投資家と同じ土俵で戦ってはいけませんよね。

どうせ毎回、上手くいくはずがないのです。
いいタイミングで買えたように思えても、それはただの運です。
次の機会でも同じようにやって、きっと失敗します。
長期投資家は、底で買う能力や天井で売る能力、押し目を拾う能力などは
皆無だと自覚しておいた方が、何かと都合が良さそうです。

私自身も心得ておくべき格言だと感じています。


相場格言[休むも相場]

これは、とても素晴らしい格言です。

例えば、投資したい銘柄が軒並みPER20倍を超えているような場合など、
自分の投資基準では買える銘柄がない場合があります。

こんな時でも、FXで言うところの「ポジポジ病」と同じように、
常に何かしら株を持っていないと、何だか落ち着かないんですよね。

例えて言うなら、欲しいゲームがあるけどただいま品切れで、
入荷まで三ヶ月かかるが、他のお店に行けば値段は高いけど今すぐ買える、
といったような状況でしょうか。

こんな状況になった時、高いのを承知で別のお店で買う人であっても、
株式投資の場合に限っては、これは買ってはいけません。
成功したければ、いかなる場合でも合理的に動かなければなりません。

ゲームならば、早く買えば早く遊べるというメリットがありますが、
株の場合は、いくら早く買ったとしてもそれを売ってしまうまでは、
得られるものなど何もないのですから。

尚、こんな時は余ったお金で短期の定期預金でも組むのがよいと思います。
そんなバブル期なら、おそらく銀行の金利もそこそこ高いでしょう。

投資したいという株が見つからない時は、
見つかるまで資金は銀行に預けておくのがよい。
【ピーター・リンチ】


口で言うほど、実行するのは簡単ではない格言ですが、
とっても大切なことですよね。

個人的な印象としては、この格言がきちんと実行できるような人は、
おそらく長期投資で成功できるような気がします。


相場格言[利食い千人力]

うーん、気持ちは分からなくもないですが・・・・・といった格言ですね。

利食いすれば、利益がそこで一旦確定しますから、
心理的に落ちつくという効果はあるかもしれません。

ですが、結局その利食いしたお金で再投資するのが普通ですから、
その後、再投資した銘柄の株価が下がってしまえば、
結局同じことなんですよね。

だから、この格言はあまり意味がないと思います。

また、この格言ばかりを強く意識していると、
早く売り過ぎた、という失敗ばかりしてしまいそうです。
30%上がっていちいち売っていたのでは、長期投資は成り立ちません。
30%の損失を、300%の利益でカバーするのが長期投資ですからね。

この格言に唯一意味があるとすれば、それは利食いした後、
完全に投資を辞めてしまうような場合だけでしょうか。


相場格言[人の行く裏に道あり、花の山]

これは結構、多くの投資家に人気のある格言だと思います。
利益を得るためには、大勢の人がとる行動とは逆の行動をとるべき、
といった内容だったと思います。

具体的に言えば、皆が売っている(=相場が下がっている)時に買い、
皆が買っている(=相場が上がっている)時に売ることです。

あるいは、株式市場に参加するのは短期投資家ばかりですから、
あえて長期投資をするべき、という意味もあるかもしれません。

日常生活でも、この格言に思いあたることがありますよね。

例えば、大勢の人が冬服を買うのは大抵、秋も深まってきた頃です。
春に冬服を買う人なんて、まずいないでしょう。
そこで、あえて春に売れ残りの冬服を買いに行くことで、
びっくりするような安い値段で買えるかもしれません。

ただ、注意しなくてはならないのは、
これを鵜呑みにして失敗するケースも少なからずある、ということです。

企業の倒産が決定的となり、皆が売ってストップ安になっているものを、
この格言に従って買うなんて、どう考えても馬鹿げています。
やはり、ファンダメンタルズを知らずして投資はできません。

私としては、こんな格言など気にも止めず、
安いと思えば買い、高いと思えば売る、ただそれだけを考えています。
その行動がまさに人の裏を行っていることになるのかもしれませんが、
まぁ、結果論に過ぎません。
意識して人の逆をやるなど、考えたことはないですね・・・。

この格言に限らず、あらゆる格言・名言に言えることなのですが、
何でもかんでもその言葉通りにやればいいってものではありません。

その言葉の真意は何なのか、その言葉は私たちに何を伝えたいのか、
きちんとつかんでおくことが大切ですね。

「その2」へ続きます。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。