分散投資

こんにちは、ゆうゆーです。
今回は分散投資についてのお話をしようと思います。

まず例によって、ゆうゆー投資法のおさらいです。

ステップ1:『今後安定して成長すると思われる企業』を複数見つけ、
ステップ2: それらの企業の株を『割安な価格』で買い、
ステップ3:『』の条件が崩れない限り永久に持ち続ける。


ステップ1の中に「複数」という言葉が出てきています。
言葉の定義としては、「複数」というと2社以上ということになりますね。

分散投資の一番の目的は、予想外の損失を軽減することです。
もし東日本大震災の前に東京電力の1社のみに投資をしていたら、
今頃はもう資金的にも精神的にも継続不可能になっていたことでしょう。

これ以上説明するまでもなく、分散投資の大切さが分かりますよね。

では一体、何社くらいに分散するのが理想的なのでしょうか?
これについては、ピーター・リンチ氏はこう述べています。

成長企業を5社買えば、その内、3社は予想通りの株価を示し、
1社は予想していなかった問題に出会ってがっかりさせられ、
あと1社は想像していたよりもうまくいって、
すばらしいリターンに大いに満足するというのが経験則である。
どの企業が期待よりよく、どの企業が悪いのかは予測できないので、
ポートフォリオに5銘柄かそれ以上の銘柄を組み入れるよう勧めている。
【ピーター・リンチ】

株を買うということは子供を養うのと同じで、
世話を見ることができなくなるほど持ってはいけない。
職業としない限りは、8~12社以上を十分に調査していくことは難しい。
ポートフォリオには5銘柄を超えて保有してはいけない。
【ピーター・リンチ】


どうやら、5銘柄が理想的なようですね。
このブログでも5銘柄で運用しています。
私個人的には、ゆうゆー投資法の投資基準に適合していれば
10銘柄以上でも別に構わないと思いますが、
3銘柄以下では少しリスクが高いかな?と思います。

私の考えはこうです。

できるだけ多くの銘柄に分散投資するのがよい。
ただし、選んだ全銘柄が自分の投資基準に適合していることが前提である。
割安安定成長株が50銘柄や100銘柄も存在するはずはないので、
多くの銘柄とはいってもある程度絞られてしまうはずだ。
基準から外れた銘柄に分散させるくらいなら、
厳選した数少ない銘柄に集中させるべきである。
【ゆうゆー】


また、全銘柄に均等に分散する必要はなく、
自信のある銘柄は、それ以外の銘柄よりも保有比率を増やしましょう。

成長性・割安性が同じで自己資本比率30%、50%、70%の3社があったとしたら、
70%の企業に5割、50%の企業に3割、30%の企業に2割、といった具合です。
(くれぐれも70%の企業に10割賭けないことです)

ところで、自分の投資基準に合う企業が1社や2社しか見つからない時は、
どうするべきなのでしょうか?

答えは「1社あたり上限を3割程度にして、残りは現金で持っておく」です。
現金で持っておくと、パフォーマンスが落ちるのではと心配になりますが、
投資基準に合った銘柄がほとんど見つからない、すなわち
低PERの企業がほとんどない時というのは、おそらく好景気の末期です。
何ヶ月か、遅くとも数年経てば必ず株価は落ちてきます。
その時に現金で持っていれば損失を免れることができるのです。
好景気の中で感覚が麻痺しがちでも、暴落の恐怖を忘れてはなりません。

投資したいという株が見つからない時は、
見つかるまで資金は銀行に預けておくのがよい。
【ピーター・リンチ】

私たちは能力の及ぶ範囲内でよいものを見つけられない場合には、
その範囲を無闇に広げたりはしない。
そのときは、待つのだ。
【ウォーレン・バフェット】
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。