週間成績発表[37週目]

こんにちは、ゆうゆーです。

今週は、TOPIXの+2.3%に対し、ゆうゆーは+1.4%でした。
通算では、TOPIXが+13.4%、ゆうゆーは+28.5%です。

124.jpg

125.jpg

今週は、証券優遇税制終了とNISA口座の取引開始の週でしたので、
週の真ん中を境に、需給関係が一気に変わったようですね。

さすがに税金が10%から20%に変わった直後に売りたい人は、
そんなにいないでしょうからね。
でも、意外とこんなタイミングが短期的には売り時なのかもしれません。
私には全く関係ありませんが。

今週は早速、NISAで買いを入れている人も多いことと思います。
ちなみに私は、NISA口座にはまだ全く手をつけていません。

以前の記事で書いたとおり、いつもどおりの運用を行ってゆく上で、
新たに買いの機会が生まれた場合に、
NISA口座を優先して使うようにするつもりです。
私は長期投資しかしませんから、この方法で十分だと思っています。

いずれにしても、NISA需要などによる需給の変化というものは、
短期間の株価を動かす要素にしか過ぎません。

税制が変わろうがどうしようが、株価が上がろうが下がろうが、
合理的に考えて正しいことを、これでもかというくらい淡々と続ける。
私のようなセンスのない長期投資家には、これしかありませんね。

株式市場は、短期的には人気投票の場にほかなりません。
しかし長期的には、企業の真の価値を計る計算機の役目を
果たしてくれるのです。
【ウォーレン・バフェット】


着目すべきは税制の変化ではなく、企業の変化の方だということです。

企業の変化といえば、私の保有株の一つである桧家HDが、
最近になってM&A(企業買収)を活発化させているようです。

M&A自体は、特に悪いということではないのですが、
成長ストーリーの変化にもつながる可能性がありますので、
ちょっと注目して観察しておく必要がありそうですね。


話は変わりますが、最近多くのコメントをいただくことができて、
とてもありがたいです。
激励のコメント、質問のコメント、他愛もないコメント、
どれも、私にとってはとても嬉しいものです。
ただ、多くのブログにコピペしているであろう宣伝のコメントだけは嬉しくないですが・・・。

「あまり質問ばかりしたら、ゆうゆーさんが大変にならないか?」
なんて、考えないでくださいね。
質問を読み、それに回答することが、
私自身にとってもプラスになることが多いのですから。

他人に親切にすることで、自分が何かを失うわけではなく、
むしろ自分も大切なものを得ていることと同じですね。

質問に文章で回答することで、自分の頭の中の整理にもなりますし、
深いテーマであれば、記事のネタにもなります。
もちろん、株式投資に関係ない質問などでも全く構いません。

コメントが多くなりすぎて一つ一つに返事しきれない、
という事態にでもなれば別ですが、
現状のアクセス数を見る限り、当分その心配はないでしょう。

さて、今日から9連休という方も多いのではないでしょうか?
私もそうなのですが、年賀状作成や大掃除という大仕事が残っており、
ゆっくりできるのはもう少し先になりそうです・・・。
関連記事

トラックバック

コメント

2013年
おはようございます。
相変わらず、休みの日も早起きですね。

私にとって、2013年はとてもいい年でした。

たまたま偶然なのか、当然の結果なのか、は知るよしもありませんが、
保有銘柄の株価が騰がり、資産が大きく増えました。


株式の本質をわかりやすく解説してくださるゆうゆー氏と知り合えたことも良い出来事でした。


来年もよろしくお願いいたします。
No title
ゆうゆーさんおはようございます。
先週の休日を利用して住宅展示場に行ってきました。
特に家を建てる予定はないのですが、目的は桧家のポテンシャルを確かることです。
結果としてはとても力を秘めているという判断でした。
自分の住んでいる香川県の昨年の契約数は24件で今年は35件に増加していること(増税前のかけ込みもありますが)そしてこの結果は大きな広告を出さずに口コミで増加させているという事実。
そして発砲断熱材のメリット(実際に2液を混ぜて化学反応させ膨張発砲させるところを見せてくれました)についてですが、防音効果や断熱効果は問題なく、自己接着力があるので結露の心配が全くない素晴らしいものでした。
4~5件見学しましたがデザイン性などを含め、桧家は断トツとまではいかないですが、非常に将来性を感じました。
ということで多少リスクはありますが、買い増ししたいと思います。
今年はお世話になりました、それではよいお年を。
  • 2013-12-28 | 10:40 |
  • イギータ | URL |
  • [edit]
今年もあと少し
にゃんです。

いよいよ2013年もあと少しですね。

大型株は軒並みPERが高くなっており今から買うのもリスクが高そうなので、今後の投資方針としては、ゆうゆーさんのように小型の成長株で銘柄探しをして行くしか無さそうです。(^^;

2014年は今年のようなペースで騰がり続ける事は無いと思いますが、株式投資全体にとって良い年であって欲しいです。

にゃんも、ゆうゆーさんと一緒に頑張ります!
  • 2013-12-28 | 17:31 |
  • にゃん | URL |
  • [edit]
Re: 2013年
kobaさん、こんにちは。

休みの日は早朝からテニスに出かけることが多いので、
ゆっくり寝られる日がなかなかありません(笑)

結果論ですが、こういう年に株式投資をしていてよかったですね。
株を始めるのがあと2年遅かったら・・・と考えると、
私もkobaさんも、とても幸運な時期に始められたんですよね。

もちろん、今年は特別な年だったということを肝に銘じながら、
株式投資を長く続けてゆきたいですね。

こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
  • 2013-12-28 | 21:22 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
イギータさん、こんにちは。

トレファクの番組の感想を聞かせていただいた時にも思いましたが、
決算書の数字だけを見て判断する投資家が多いであろう中で、
イギータさんは、ビジネスの中身まできちんと見て判断するのが、
とても素晴らしいと思います。

桧家住宅を実際に見学され、こんな家に自分も住みたいと思えるなら、
きっと他の多くの人も住みたいと思うに違いありません。

その商品が売れている理由に自分が納得できるという事実は、
十分、投資の根拠の一つになり得ますよね。

こちらこそ、今年はありがとうございました。
よいお年を!
  • 2013-12-28 | 21:22 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 今年もあと少し
にゃんさん、こんにちは。

そうですね、小型株の中にはまだ割安なものも、
いくらかはありそうですからね。

ただ、来年ももし今年に近いくらいの上げ相場なら、
割安株など本当になくなってしまうかもしれません。
仮にそうなれば、それはそれで長期投資家には試練と言えるでしょう。

いくら探しても割安株が見つからないようなら、銘柄探しをやめて、
今度は忍耐強く待つ、ということが大切になってきますね。

来年はどんな年になるのか分かりませんが、
その相場に応じた最善の手を尽くしたいと思います。

来年も、またよろしくお願いします。
  • 2013-12-28 | 21:23 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
そうですね。
ゆうゆーさん、こんにちは。

投資家にとっては、大きな含み損を抱える苦しさほどでは無いかも知れませんが、何もしないというのも結構ツライ時間ですよね。(^^;
(常に何か新しいものに投資をしていないと不安になってしまう。)

来年は、NISAも本格的に始まりますが消費増税も控えています。
どのような相場環境になるかサッパリ読めません。

ただ、NISAについては明らかに買い&ホールドを前提とした制度となっていますので(しかも利益を出さないと税上で損をするので塩漬けになりやすい)売買で成り立つ正常な株価形成には少しイビツな制度であるようにも思っています。

私的にはNISAより消費税増税のインパクトの方が大きいように思えるのですが・・・。
  • 2013-12-29 | 13:56 |
  • にゃん | URL |
  • [edit]
Re: そうですね。
にゃんさん、こんにちは。

NISAやら優遇税制終了やら消費増税やら、
需給に関わってくるであろうイベントが目白押しの来年ですが、
私は、これらにより来年の相場がどうなるかには全く興味は無く、
むしろ、これらが企業の価値にどう影響するか考える方が、
よっぽど大切なことだと思っています。

そういう目線で見れば、NISAや優遇税制終了などはどうでもよく、
消費増税も、5年、10年というスパンで見ればあまり関係ないですね。

ただ、不況に十分耐えられる企業を選んでおく必要があるように、
消費増税に耐えられる体力があるかは、気にしておくべきでしょう。
  • 2013-12-29 | 20:48 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
なるほど。
ゆうゆーさん、こんばんは。

確かに、企業価値という視点では、これら政策による影響はそれほど気にする必要は無いのかも知れませんね。

さすが、ゆうゆーさん。ブレが無いです。(^^;

仰る通り、消費増税により少なからず内需は冷え込むと思いますので、特に内需企業はそれに耐えうる体力は持ち合わせておく必要がありますよね。
  • 2013-12-29 | 22:02 |
  • にゃん | URL |
  • [edit]
長期投資の同士は宝物です
ゆうゆーさん、今年一年たいへんお世話になりました。

私が、長期投資を始めたちょうど同じ頃、ゆうゆーさんのブログが始まりました。他人のブログにコメントすることなどないROM専門だった私が、たくさん質問したり悩みを聞いてもらったりしました。

投資は孤独で自己責任ではありますが、顔は知らないけれど同じ目的と考えを持った同士がいることはとても心強いことです。みんな上手くいけばいいなあと思います。

ブログを書き続けることはとてもパワーがいるすごいことです。他人に晒すということは誹謗中傷や心無い人とも関わることです。私はたまにコメントするだけの気楽なポジションですが、これからも長期投資が日本に浸透されるように「ゆうゆー投資法」を応援します。

質問の件は、ゆうゆーさんの温かみを感じます。こちらも相談したいことは山のようにありますが、どうしてもということだけを聞くのがマナーだと思います。

それでは良いお年を。
  • 2013-12-30 | 09:16 |
  • いいですねえ | URL |
  • [edit]
Re: なるほど。
にゃんさん、こんにちは。

私もまだまだ未熟者ですので、企業ではなく株価の方に
興味が行ってしまいそうになる時はあります。
ただ、よく考えれば来年、再来年に株価が上がらなくても、
最終的に満足できるほど上がっていれば文句ないんですよね。

全体相場が来年上がるか下がるか判断したり、
そんな中で来年上がる企業を見つけるのは難しいですが、
いつか大きく上がる企業を見つけるのは、
そんなに難しいことではないと思うんですよね・・・。

これからも、そういう目線で銘柄選びをしていきたいと思っています。
  • 2013-12-30 | 16:40 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 長期投資の同士は宝物です
いいですねえさん、こんにちは。

私のブログに初めてコメントをくださったのが、いいですねえさんでした。
当時とても嬉しかったことを覚えていますが、
あれから8ヶ月経った今でもまだ来てくださっていることは、
それ以上に嬉しいことです。

そうですね、ブログを続けることは大変なことではありますが、
こうやってコメントや拍手で応援してくれる方がいらっしゃるからこそ、
ずっと続けたいとも思えます。
今後も長く続けるため、適当なコメントには適当にしか答えませんし、
誠意を持ってコメントされる方には、
こちらも誠意を持って回答させていただきたいと思います。

長期投資の素晴らしいところは、正しいやり方をやりさえすれば、
みんながみんな成功できるというところですね。
最後にみんなで笑えるように私も願っています。

来年もよろしくお願いいたします。
  • 2013-12-30 | 16:41 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。