羽生選手の金メダルに思う

こんにちは、ゆうゆーです。

ついに、ソチオリンピックでの日本勢初の金メダルを、
フィギュアスケートの羽生結弦選手が取ってくれましたね!

ショートでは歴代最高得点という素晴らしい点数を出し、
フリーでは少しミスも出てしまいましたが、逃げ切って金メダルです。

金メダルが確定した後の、羽生選手のインタビュー内容です。

「結果としてすごい嬉しいなと思うのが半分、
自分の中で悔しいと思う所があって、
オリンピックで金メダルを取って言うのもなんですが、ちょっと悔しい」


本人は「嬉しさ半分、悔しさ半分」みたいな感じで表現していますが、
たぶん実際は、嬉しさ2割、悔しさ8割くらいなんだろうな、と思います。
インタビューにも気を遣わないといけないから、スター選手は大変ですね・・・。

でも、これが勝者の考え方なんだと思います。

よく人は「結果が全て」などと言いますが、私はこの言葉が嫌いです。
いろいろな原因があって、その結果が出ているわけです。

中には、自分では制御できないような原因も当然あって、
優れた選手は、それをちゃんと無視できているんですね。
自分で制御できない原因とは、フィギュアスケートで言うなら、
採点のバラツキや、他の選手の演技の出来などです。
仮にパトリック・チャンがフリーで最高の演技をしていたら、
おそらく羽生選手は金メダルを取れなかったでしょう・・・。

羽生選手はそんな制御できない要素は一切無視し、
制御可能な、自分の演技の出来栄えだけに着目した結果、
金メダルは取れたけど悔しい、という気持ちになったのだと思います。

先日の上村愛子選手は、羽生選手とは全く逆のパターンですね。
残念ながらメダルには手が届かなかったけど、
競技直後のインタビューでは「大満足」といった感想でした。

これも、勝者の考え方です。

空振りだとか三振だとかに一喜一憂はしないということが大事です。
【イチロー】


メダルの色や順位という結果ばかりにこだわっていると、
得られるものは「一喜一憂」という感情だけで、進歩がありません。
結果には必ず「原因」が付いています。
結果を出したければ、結果ではなく原因の方を考えるべきなのです。
参考記事:結果を気にしないから、良い結果が出せる

「金メダルを取れたから、全て良かったのだ」と満足してしまったら、
その選手の進歩はそこで止まってしまいます。
常に結果よりも原因を考えることが、今後の結果に繋がってゆきます。
それの繰り返しで、息の長い選手になれるのだと思います。

だから私は、長きに渡り第一線で活躍し続ける選手を尊敬しますし、
それこそが本当の素晴らしい選手だと思っています。
そういう意味では、羽生選手はまだまだこれからですね。
でも、金メダルを取った後のインタビューを聞いていると、
なんとなく期待が持てるような気がしました。

メダルの色や順位は、株式投資で言うなら株価、
自分の演技の出来栄えは、株式投資で言うなら業績です。

だから株式投資でも、長期に渡って結果を出し続けようと思うならば、
株価ではなく業績に注目すべきなのですね。

我々の市場性のある株式に対する投資が成功しているかどうかは、
毎日はおろか年間の株価でもなく、
その事業の営業成績によって判断している。
【ウォーレン・バフェット】


さらに言えば、演技の出来栄えが良かった、悪かったという結果よりも、
なぜ良かったか? 悪かったか? という原因を考えるべきなのと同じで、
業績についても、業績そのものが良かった、悪かったよりも、
なぜ良かったか? 悪かったか? を考えるべきなのです。

羽生結弦さんも、上村愛子さんも、イチローも、バフェットも、
ジャンルは違えど、考え方には共通点があります。

投資で成功する方法を学べるのは、投資家からだけとは限りません。
長期投資家を目指しているなら、
どのような世界であれ、長期に渡って活躍している人たちから、
長期に渡って活躍し続けられる考え方を学ぶことは、
理に適っていると思います。


[2014.2.16 追記]

41歳の葛西選手がやってくれましたね!
7大会連続でオリンピックに出場している超長期安定成長選手で、
ここに来ての銀メダルは、脱帽の一言です・・・。
アラフォー世代に勇気を与える大ジャンプ、本当に素晴らしいです。

例によって、葛西選手の競技後の感想をヤフーニュースで見ましたが、
「6-4くらいで悔しい」という言葉とともに驚いたのが、
「また目標ができた。まだまだ金を目指して頑張る!」という言葉です。
これを聞いて「化け物かよ!!」と思った人も少なくないでしょう・・・。
企業で言うなら、30期連続増収増益レベルですね。

金メダルを目指すということは、今までやってきた以上の努力を、
これからまた長い間続ける覚悟があるということです。
私は長期投資を30年間続ける覚悟でいますが、
スキーのジャンプに30年間以上も取り組み続けた選手が、ここにいます。
こんな選手のことは、どれだけ見習っても足りないことはありませんね。

葛西選手は、どうやって30年以上もこの競技を続けてこられたのか、
苦しい時はどういうことを考えながら乗り越えてきたのか、
いろいろ調べてみたくなりました。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。