成長率は重要な要素

こんにちは、ゆうゆーです。

これまであまり触れてきていませんでしたが、
同じ成長株であっても、その成長率は企業によってまちまちです。
この成長率というのは、企業の成長に賭けるゆうゆー投資法においては、
かなり重要な要素になってきます。

ちょっと極端な例を挙げてみます。

今後10年間、年率20%で成長し続ける会社Aがあり、
今後10年間、年率10%で成長し続ける会社Bがあるとします。

さて、みなさんはどちらの会社に投資しますか?
(尚、成長率とリターンは完全に比例するものとします)

これだけなら当然、誰でも会社Aに投資すると思いますので、
一つ条件をつけます。
成長率20%の会社Aは、今後10年間順調に成長し続ける確率は50%しかなく、
残りの50%の確率で10年以内に倒産してしまいます。
一方、成長率10%の会社Bは、確実に今後10年間成長し続けます。

・・・こうなれば、会社Bに投資する人が多いのではないかと思います。

さて、実際に両社に投資したら、リターンはどうなるのでしょうか?
実際に計算してみましょう。

会社Aに100万円投資して成功した場合、10年後に約620万円に増えます。
失敗した場合は、当然ながら0円になります。
成功/失敗がそれぞれ50%の確率で起きますから、
期待値で言えば、310万円のリターンが期待できることになります。

一方、会社Bに100万円投資した場合、10年後には約260万円に増えます。

ということは、期待値から考えれば、
会社Bではなく会社Aに投資した方がよい、という結論になります。

成長率のパワーってすごいと思いませんか?
半分の確率で倒産するという超ハイリスクな投資先であっても、
10年も運用すればこの結果です。

PERにこだわるバリュー投資家はとても多いと思いますが、
(まぁ、私もその一人なんですが)
多少のPERの違いよりも、成長率の方がもっと重要なのです。
その銘柄を長く持つつもりならば、なおさらです。

成長率20%でPER20倍の会社と成長率10%でPER10倍の会社なら、
前者を買う方が良い。
これは何だか秘法のように聞こえるかもしれないが、
成長企業の利益が株価を押し上げる要因であることを理解する必要がある。
【ピーター・リンチ】


上でピーター・リンチが例に挙げている二つの会社があった場合、
みなさんは後者の方を買ってしまいそうになりませんか?
成長率10%と20%の違いは、PER10倍と20倍の差を覆してしまうくらい、
大きな違いなのです。

あまりに安全運転を心がけている会社は、
銀行が金を貸すにはもってこいの融資先かもしれませんが、
投資家にとっても良い投資先とは限りません。
私の挙げた会社Bのような銘柄だけでポートフォリオを組んだのでは、
お金持ちになる前に寿命を迎えることになるかもしれません。

もちろん、かといって会社Aのような銘柄に資金の100%を投じるのは、
ギャンブル以外の何でもありません。

私のポートフォリオの銘柄で例えるならば、
エスクリが会社A、アサンテが会社Bに近いと考えています。
いくらエスクリはリスクが高いとは言っても、会社Aほどのリスクはないと思いますが・・・。

エスクリのような企業だけでポートフォリオを組むのも、
アサンテのような企業だけでポートフォリオを組むのも、
どちらも、そんなに良い選択肢だとは私は思いません。
ただ、十分なお金が貯まった後の守りの投資としてなら、アサンテのような企業だけで
ポートフォリオを組むのはアリだと思います。


会社Aにしても会社Bにしても、どちらを選ぶべきというのではなく、
何を期待してその会社を持つのか? を分かっておくことが大切ですね。

リスクとは、自分が何をやっているかよくわからないときに
起こるものです。
【ウォーレン・バフェット】


ですので、多少リスクはあっても高い成長率が期待できる企業を、
ポートフォリオの端っこの方に入れておくのは、
リスクを考えつつ、高いリターンも期待するという意味で、
決して悪い選択ではないと思うのです。

ただ、会社Bのリスクで会社Aの成長性を持つような素敵な銘柄があれば、
言うまでもなくその会社への投資がベストの選択になります。
ゆうゆーのポートフォリオでも、
主力にはそれに近い銘柄を選んでいるつもりです。

コメント

質問します
ゆうゆーさん、こんにちは。

同じように成長性が高くてアベノミクス効果もあったのに、それでもPERが1桁の銘柄があります。

今、アサンテとフジコーポなんかはPER8倍ですね。
トレファクやALサービスはPER14倍です。
とても誤差とは思えません。

その銘柄特有の安定するPER水準があるように感じるのですが。
その理由がしっくりきません。

将来の期待度? 業種の違い? 人気の違い?

ゆうゆーさんの保有銘柄はどれも成長性の高い銘柄のはずですが、PERにこれだけ差が出ている原因をどうお考えですか。

いずれ日本株の平均と言われる15倍に落ち着けばいいのですが。




Re: 質問します
いいですねえさん、こんにちは。

なるほど、さすがに鋭いご質問ですね。
こういう素朴な疑問って、真剣に考える機会が意外と少ないので、
ご質問いただけることは私にとっても非常にありがたいです。

また、記事にして回答させていただきますね。
私もじっくり考えてみたいので、少し時間がかかるかもしれませんが、
しばらくお待ちください。
No title
ゆうゆーさん、はじめまして。
中長期投資ブログを書いております、すぽ と申します。投資スタイルや考え方が近く、いつも更新を楽しみにしています。

成長株の考え方は、私もまとめたことがあります。よかったらご覧ください。
「割安株ではなく、成長株」
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-4aa6.html

ゆうゆーさんとの考え方の違いを知ることで、学びが得られればと思っております。エントリ楽しみにしています。
Re: No title
すぽさん、はじめまして。

早速拝見させていただきましたが、素晴らしいブログですね。
明確な考え方を持たれていて、生粋の成長株投資家という印象を受けました。

「割安株ではなく、成長株」の考え方、とても参考になりました。
すぽさんのこの記事を読ませていただき、
そのあたりのこと(割安重視か、成長重視か)についても、
私自身の考えをきちんとまとめておく必要があるなぁ、と再認識しました。

他の記事も勉強になるものが多く、ドンドン読ませていただいております。
(勝手にリンクへも追加させていただきました)

今後ともよろしくお願いいたします。
No title
ゆうゆーさん、リンクありがとうございます。

私のブログからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
http://sprn.cocolog-nifty.com
Re: No title
すぽさん、こんにちは。

リンクしていただきありがとうございます。
今日の記事では、すぽさんのブログにも少し触れさせていただきました。
こちらこそ、今後ともいろいろ勉強させてください。

管理者のみに表示

トラックバック