株式投資という名のショッピング

こんにちは、ゆうゆーです。

ファンダメンタルズ投資でよく議論されることの一つに、
割安さを重視すべきか? それとも企業の良さを重視すべきか?
というものがあると思います。

この手の議論を考えるにあたっては、
株式投資をショッピングに置き換えてみれば分かりやすいのではないか?
と思います。

株式投資とは、その名称こそ高尚な感じでカッコいいのですが、
その実態はショッピングそのものです。
ただ、買っている対象が食料品でも、パソコンでも、不動産でも、夢でもなく、
企業だというだけです。
パソコンを買うのも企業を買うのも、本質的には同じですよね。

割安さを重視すべきか? それとも企業の良さを重視すべきか?
これは、パソコンを買う時に品質や性能を重視するか? 価格を重視するか?
という質問と似ているように思います。

みなさんは、パソコンを買う時に品質や性能を重視しますか?
それとも、価格を重視しますか?

きっと、どちらも重要だと思います。
品質や性能だけを最大限に追求しても、価格だけを最大限に追求しても、
きっと満足のいく買い物にはならないはずです。

ハードディスクの容量は10TB、メモリやCPUは最高レベルのものを積み、
超有名メーカーの最新モデル、保証期間は驚きの10年、
また、100以上ものプログラムがプリインストールされたパソコンを選べば、
価格は100万円を超えるかもしれません。
そんなパソコンが実際に売っているのかどうかは知りません・・・(笑)

一方、ハードディスクは10GB、メモリ、CPUは最低レベル、保証は一切なし、
OSは既にサポート切れのWindows XP、セキュリティソフト一切なし、
見た目も傷だらけの中古パソコンだったら、1万円以下でも買えるでしょうが、
動作が遅く、ウィルスにも犯され、頻繁に故障して使い物にならないでしょう。

私だったら、ハードディスクの容量は必要最小限で、
メモリやCPUは、最高レベルではないものの快適に動く程度のものを選び、
必需のOffice以外の余計なものは一切入っていないシンプルなパソコンを、
安くて信頼できるお店を探して購入するでしょう。

性能重視か、価格重視か、二つに一つの選択を迫られても、
判断に困ってしまいますね・・・。
株式投資でも、割安を取るか? 企業価値を取るか? といったような、
そんな単純な話ではなかなかまとまらないように思います。

株でもパソコンと同じように、「これは譲れない」というものを明確にして、
条件に合った中で安いものがあれば買う、という方法が良いように思います。
これこそ、ショッピングの基本的なスタンスではないでしょうか?

最高のスペックのものを格安で買えればそれに越したことはありませんが、
世の中、そんなに上手い話はなかなかありません。
なので、妥協できる部分は妥協することも大事だと思います。

ただ、事業内容が理解できない企業や、成長ストーリーが無い企業などは、
スペックを教えてもらえないパソコンや、
インターネットができないパソコンを勧められているのと同様に、
どんなに値引きされても心を動かされないよう、気をつけています。


総括すると、私が最も惹かれる銘柄とは、完全無欠の銘柄ではなく、
完全無欠の銘柄からそれほど重要と思わない部分をたくさん削ぎ落とし、
その分安くなっている銘柄
の方です。

株式投資とは、単に素晴らしい企業を発掘するだけのゲームではなく、
ショッピングだということを忘れてはなりません。
その企業に対し、いくらまでなら払えるかを判断しなければならないのです。

もちろん、今後10年、20年に渡り本当に素晴らしい企業であり続けるならば、
それなりに高いPERで買ってもいつかは報われるでしょう。
ですが、より高いリターンを目指すならば、支払う額も無視はできません。

プロ野球選手をスカウトする場合もそうだと思います。
輝かしい実績を残してきて、人気・実力ともに非の打ちどころのない選手を、
べらぼうに高いお金を積んで獲得したところで、
並の活躍くらいでは、なかなか元は取れないはずです。
かといって、平凡な選手を格安で取ってきても、なかなか元は取れません。

人気は低いが(PERは低いが)実力は高い(ファンダメンタルズは良い)、
そんな選手をたくさんスカウトするのが、真に優秀なスカウトマンであり、
少ない投資で強いチームを作るのが、真に優れた球団であり投資家です。

成長率10%でPER10倍の株が良いか、成長率20%でPER20倍の株が良いか、
みっちり議論するのも有意義だと思いますが、
それよりもまず先に、成長率20%でPER10倍の株を探すべきですよね。
こういう株がどこにも無ければ話は別ですが、私はあると思うんですけどね・・・。

株式投資はショッピングなのですから、家や車を買うつもりになってみて、
デザインや性能だけにこだわらず、また価格にばかり気をとられず、
性能と価格のバランスを常に意識しながら、買い物を楽しみたいですね。
関連記事

トラックバック

コメント

No title
「良い(と思う)ものを安く買う」って言うのは、
普通の買い物も株も変わりませんよね。
株の場合はその見極めが難しいですが;

さて、シュッピンの決算が出ましたね。
ゆうゆーさんの予想とは違い増収減益となっていますが、
私はあまり心配しなくていい、と思います。
事業別で見ると前年同期比減なのは時計だけで、
あとは増、その時計は前年が特需で利益上乗せ、
反動がまだ残っている、とのこと。(つまり前年の業績が良すぎた)
そして本社移転の費用ですね。
会社はこれらの数字を織り込んで、この決算で概ね計画通りの様です。
減益にはなったものの、理由が明確、主力のカメラは順調、
計画の通りに進行中……となれば、長期で持つ分には、大きな問題はないかと思います。
私は最近の高いところで買ったので、忍耐が必要になりそうですが…;
数値見て売る人は居るでしょうから、一時的に下げるとは思いますし;
ゆうゆーさんはこの決算をどう見ますか?
10%増益を予想されたと言うことは、
ゆうゆーさん的には失望決算なのですかね?
  • 2014-08-05 | 16:02 |
  • ラーメン | URL |
  • [edit]
Re: No title
ラーメンさん、こんにちは。

株で「良いものを安く買う」のは、確かに簡単とは言えませんが、
ある種の会社に限定すれば、それほど難しいわけでもないと思います。
ポイントは「難しそうな会社には決して手を出さない」ことでしょうかね。

シュッピンの1Q、ゆうゆー予想は大きく外れてしまいましたが、
これは単に私の予想が強気すぎただけですね(笑)
まぁ、あまり深く考えずに予想を出しましたので、こんなもんでしょう。

私もこの決算に関しては、全くもってラーメンさんの見解と同じです。
前年の特需、消費増税による落ち込み、本社・営業所の移転費用の発生、
これらは全て一過性の問題であることは明らかです。
4月→5月→6月と着実に回復していることも、月次から確認できますしね。
そして主力のカメラ事業は、1Qのこの逆風の中でも増益ときています。

ラーメンさんのおっしゃる通り、たとえ減益決算であっても、
理由さえ明確に分かっていれば何てことはありません。

ちなみに、こうやって詳しく決算の分析ができるのも、
理解できる事業内容であるからこそですね。
また、丁寧な決算説明資料を出してくれた会社にも感謝です。

さすがに明日は下げるでしょうが、自信を持ってホールドですね。
  • 2014-08-05 | 17:08 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
ほっとしました;
>ゆうゆーさん

丁寧なお返事、ありがとうございます。
持ち株の減益原因を調べ、判断すると言うことは初めてだったので、
見通しが間違っていないか少し不安だったのですが、
先輩のゆうゆーさんと同じと分かってほっとしました(^^;)

主力のカメラ事業は、確かに逆風など無いかのごとく
伸びていますよね。何気にすごいと思います。

私はカメラを使ったりはしませんが、
シュッピンの事業は確かに良く理解出来ます。
自分が利用するとしたら、
売るなら高く買い取ってくれる所で売りたいし、
買うなら安い所で買いたいですし、
不況になったら新品より中古を選ぶと思います。
そしてこれは大部分の人に当てはまると思います。

決算資料も丁寧ですよね。
これがあったから減益原因も分かりましたし、
月次も出してくれている。とても分析しやすいです。
「顧客にも、株主にも優しい企業」ですかね(笑)

暫くは軟調かもしれませんが、私も自信を持ってホールドします。
大きく下げる様であれば、資金と相談して買い増しも視野ですかね。
1単元くらいしか買えませんが;
  • 2014-08-05 | 17:36 |
  • ラーメン | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

ショッピングに例えられていて、
とても分かりやすいですね。

ものやサービスを買うときには、
当たり前のようになされる様々な検討を、
たまたま買うものが有価証券だというだけですよね。

ものやサービスと違い、
その効果が実感しにくく、
いつ果実となるかも不透明というところが
株式投資の難しいところですよね。

ものやサービスの場合、
ある程度享受できる利益と期間が決まりますもんね。

ところで、ラーメンさんもコメントされていますが、
シュッピンが決算発表しましたね。
私も簡単なサマリーを記事にしましたが、
ラーメンさん、ゆうゆーさんと同意見です。

問題は暴落したときのスタンスで、
これまでの調整も含めて、
私の目標株価からすると、
それなりにお買い得に見えます。

バーゲンがファイナルセールなのかの見極めは難しいですか、
魅力的な価格であれば、
買い増してしまうかもしれません。
あまり急落時に買い増すのも躊躇してしまいますが、
悩ましい部分です。

シュッピンは暴落決定
分析が甘すぎますね。
ゆうゆーが10%増益と思ってたように、多くの人がそう思ってた。

結果を見て投げ売り。
これが現実です。
PTS1480円売り気配。お得と思うなら買いましょう。
  • 2014-08-05 | 20:24 |
  • シュッピン旧ホルダー | URL |
  • [edit]
別に分析甘いどうのこうのアンタが言う事でない。ここはゆうゆーさんのブログだし、個人個人で分析結果も違うし。
結果論なら誰でも言えるよ。ゆうゆーさんは批評も受けるんだろうけど、お門違いだな。

まあ明日は下がりそうなんで、指加えて見てた私にはいい好機かも。下がり具合によるけど、参戦したい
  • 2014-08-05 | 20:35 |
  • 通りすがり | URL |
  • [edit]
Re: ほっとしました;
ラーメンさん。

決算書を一目見て明らかに順調そうな場合は、
それ以上突っ込んで調べる必要はないと思いますが、
今回のようなケースでは企業の今後の見通しについて詳しく分析し、
結論を出しておく必要がありますね。

新たに買う時の分析も同じで、時にはピント外れも起こりますが、
こうやって何度も分析を繰り返しているうちに、
分析の腕もドンドン上がってくるのではないでしょうか?

ラーメンさんとは何度もコメントでやり取りしてきましたが、
すごくしっかりした信念を持っていると感じますよ。
きっと遠い将来、大きく資産を増やしていることでしょう・・・。
  • 2014-08-05 | 21:42 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: シュッピンは暴落決定
シュッピン旧ホルダーさん。

そのコメントを書くなら、決算発表前にしてほしかったですね。
後出しジャンケンでなら誰でも勝てます。
  • 2014-08-05 | 21:44 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
通りすがりさん、フォローありがとうございます。

批判されること自体は構わないんですが、
どこがどう分析が甘いのか、せめて具体的なことを書いてほしいですね。

あと、おっしゃるように結果論でものを言う行為が私は大嫌いなので、
それだけはご遠慮いただきたいものです。
  • 2014-08-05 | 21:44 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
>まぁ、あまり深く考えずに予想を出しましたので、こんなもんでしょう。

深く考えてたら近い予想ができてたんですか?違いますよね?
後出しの言い訳は見苦しいですよ・・・。

>4月→5月→6月と着実に回復していることも、月次から確認できますしね。

その好調な4~6月の月次でこの決算なんですが。
  • 2014-08-05 | 21:48 |
  • インデックス | URL |
  • [edit]
ゆうゆーさん
暖かいお返事、ありがとうございます。
これからも分析の腕が上がるよう、頑張っていきます。

コメント欄で色々上がっていますが、
ゆうゆーさんの好きにやれば良いと思います。
ゆうゆーさんのブログなのですし。

あと、ゆうゆーさんからまるのんさんへのコメが
多重投稿みたいになってます(^^;)
  • 2014-08-05 | 22:11 |
  • ラーメン | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん、こんばんは。

そうですね、私たちのようなキャピタルゲインを狙う投資家だと、
いつ実を結ぶのか分からない、という点も気になりますね。
さらに、毎日株価が動いているという事実が、
株式投資というものを一層難しくさせているようにも感じます。

ただ、家を買った後にその家の時価をいちいち気にしないのと同じで、
保有株の株価をいちいち気にすべきではないのかもしれません。
家よりも良い点は、放っておいてもいくらかの配当が入ってきますし、
成長株であれば、その配当は年々増えてゆくでしょう。

そして、たまたま常識を超えて上がっているようなら、
そうなった時に初めて売りを検討すればいいだけですからね。

・・・くらいに考えていた方が、意外と早く上がるものだと思います(笑)

また、シュッピンの1Q決算については、
まるのんさんのブログの記事も大変参考になりましたよ。
前回の株主総会のレポートもそうでしたが、
企業の方との直接のやりとりは、何にも代えがたい貴重な情報源ですね。

暴落時の買い増しは悩ましいですね・・・。
自分の分析に確信を持っているなら、暴落は買い増しの一手ですが、
意味のない急落ならまだしも、決算発表を受けての急落となると、
より慎重に考えなくてはならないと思います。
(分析内容によっては、買いではなく売りの場合もあるわけで・・・)

今回は、明らかにおかしい! と断言できるくらい下がらない限りは、
買い増しは見送ろうかな・・・と私は考えています。
  • 2014-08-05 | 22:14 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
インデックスさん。

四半期決算の予想はとても難しい(銘柄にもよりますが)と思っていますし、
これを正確に予想できなくても、投資としては別に問題ありません。

3~5年後、高い確率で売上と利益が今よりも大幅に成長している、
そのことさえ予測できていれば十分だと考えています。
四半期決算は、これを確認するためのツールの一つに過ぎません。
四半期ごとの決算の予想よりも、精度は遥かに高いと思っています。

では3~5年後、また答え合わせしに来てください。
  • 2014-08-05 | 22:16 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: ゆうゆーさん
ラーメンさん。

まぁ、批判も含めてのコメント欄ですからね・・・。
理詰めの批判であれば、こちらも理詰めで返す自信はあります。
それくらい自信のある理論を持っていないと、ブログなんて書けませんからね。

ただの誹謗中傷なら容赦なく削除し、そのIPでの投稿禁止にしています。
収拾がつかなくなってきたら、一定期間のみ認証制に変えようと思います。

多重投稿の件、書き直しました。ご指摘ありがとうございます。
  • 2014-08-05 | 22:26 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
まぁ、自分の見込みより悪い決算を企業が出すことは良くあります。
そんなにまわりがやんややんやいう事はない。

ただ、自分の見込みが違った場合に、身分が想定していなかった不確定要素の存在を認識し、銘柄に対する評価を必要分だけ変更し、その後のトレードは下落した株価と相談する、というのは自然なあるべき流れです。

絶対にやっちゃいけないのは、他人の意見を参考にすること。
特に他のホルダーの意見。
掲示板やブログで、ホルダーが色々意見を述べるでしょうが、他人の意見に惑わされるようであれば読まない方が良いと思います。

見込み違いは良くあることです。これから何十年も投資をするのであれば、それこそ数え切れないくらい経験します。
対応を間違えなければ、予想が違っていても問題ない。

保有株については、無意識のうちに情報に対してバイアスがかかるので注意したいところです。
情報をシャットダウンして、自分だけで考える。
そのような対応を毎度毎度続けることが長い目で見ればメリットがあります。
他人の意見は他人にとって参考にするべき意見で、自分が参考にするべき意見ではないんですね。投資手法が違いますから。

過去に物凄く勉強熱心なファンダメンタル投資家が軒並み状況の変化に気が付かず、結果論では間違った意見を主張していたのは、非常にしばしばあります。
自分ひとりで判断するべきなんですね。他人の見解は無価値。




熱くなる程のことでもない。
成長株に投資をするなら、石投げられても気が付かない位の鈍感さが欲しいですね。(何この書き込み!凄く偉そう!)
No title
>ゆうゆーさん
コメントへの返信を頂きましてありがとうございます。

一度保有してしまえば、
あとは価格を気にしないというのは確かにそうですよね。
株式においてもそれ位のスタンスで望むのが適当なのかもしれません。

シュッピンの買い増しについても貴重なコメントを頂いたと認識しています。
私はこういった局面で、
どの程度自分の目標株価と乖離したらどうするという
明確な感触を持ち合わせていなくて、
そのアクションも感覚的になっているのが非常に悩んでいる所です。

例えば、分析の結果、目標株価を2000円としている銘柄があって、
その自信度がたとえば80%位だとします。
時価で1200円で推移している株式が急落するといった時、
1000円まで急落していたとします。
目標株価に対して50%の水準まで値下がりしてきました。
成長率20%でPERは10倍水準と割安水準となりました。
こういった時、総合的に考えて私なら買い増しをしてしまうと思います。
もちろんその時の保有比率や現金比率にもよるでしょうが。
その時に950円まで待つべきか、1050円でも買うのかといった
自分自身に下す意思決定の際に根拠が持てないが、
いつも悩ましいなと思っています。
例示してお話しているのつもりなのに、わかりにくくて申し訳ありませんが、
「明らかに下がり過ぎ」と判断する際に最後は感触だと思いますが、
出来るだけその感触を得るにも根拠を持ちたいなと思うわけです。
決して結果論で、儲けたとか損したの議論ではなく、
アクションを起こす意思決定の際のトリガが曖昧となっていることが、
今の私の投資スタンスの大きな課題のひとつと認識しています。

すみません、コメントが自分の考えを晒すようなものになってしまいました。
Re: No title
MEANINGさん、こんばんは。

私はそもそも、次の決算の予想をする必要なんてないと思っています。
(無意識に自分の思い描いた決算を予想していると思いますが・・・)
四半期決算の予想なんて、はっきり言って遊びのレベルです。

というのも、私がシュッピンを買った意図は、
「3~5年後には大きく成長しているだろう」という点からです。
決して、この1Qの決算に賭けて投資していたわけではないんですね。

この決算内容が、3~5年後の成長を脅かすような内容だという点を見て、
ヤイヤイ言われるのならまだ分かります。
ですが、四半期決算の結果だけを見てヤイヤイ言われるのは、
長期投資目的で買ったのに、買った次の日に株価が下がっているのを見て
ヤイヤイ言われることと、あまり変わらないことだと思っています。

他のホルダーの意見は、私はたまに見ていますが、
自分が納得できる内容のみ参考にし、他はスルーするよう心掛けています。
バイアスはかかっていません。(と、自分では思っています)
バフェットやリンチの意見でさえ、納得できないものは無視しています。

それができないのなら、確かに他人の意見に耳を傾けるべきではないし、
自分の頭で考えることこそが大切だということは、
MEANINGさんの主張と同じように、私のブログでも以下の記事などで、
再三訴えていることでもあります。
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
  • 2014-08-05 | 23:37 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん。

買い増しにも具体的なルールを作りたい、ということですよね。
確かに、明確な基準があるに越したことはないと思います。

ただ、現実的にはなかなか難しいですよね・・・。
銘柄に対する自信度だって、時が経つにつれて変わってゆくわけですし、
その時のキャッシュの量、その銘柄の保有比率、
また、他の保有銘柄との魅力の差なども関係してきますので、
一つのルールに従って運用するのは、なかなか難しいような気はします。

正直、私も明確な買い増しルールを持っているわけではありません。
感覚に頼った売買というのは、私はあまり好きではないのですが、
買い増しに関しては「臨機応変」というのもありかな、と感じます。

ちなみに今の私は、適正水準から何%下がっているか、ということよりも、
その時の現金比率や、保有比率の方を重視して決めています。
ポートフォリオ全体として割高な時は現金を多めに、
また自信度と保有比率ができるだけ比例するように・・・などと考えて、
その時に最適な銘柄を、買い増ししている感じですかね。

これを心がけていれば、自信があるのに極端に下がっている銘柄を、
必然的に買い増すことになっていると思います。

あまり参考にならない意見で、申し訳ありません・・・。
  • 2014-08-05 | 23:43 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
>ゆうゆーさん
早速レスを頂きましてありがとうございます。
私のボヤキのようなコメントにもお付き合い頂きましてありがとうございます。

ルールを決めることが衝動的な行動の抑制力となるので重視しているものの、現実的にはそう簡単にルール化出来ないし、臨機応変さも必要とのことですよね。
確かに仰る通りで、ロボットが投資しているわけではなく、
様々なことを自分の頭で考えて行動する1人の人間としてアクションするわけですからね。

ルール化が現実的に難しいとある程度わかっていながら、
そこに強引にルール化を適用させようとするから、
話がややこしくなっているのかもしれません。
ゆうゆーさんのようにある意味割り切りを許容するのもありだなと思いました。

また株価の水準でアクションを決めるのではなく、
その時のポートフォリオ全体の状況で決めるというのも参考になりました。
言われてみれば、当たり前のことですね。ありがとうございます。

コメントを複数埋めてしまって失礼しました。
No title
ゆうゆーさん

痺れる書き込み、リンク先の文章ともども熟読させていただきました。

とても共感できる内容でした。



2歩先を読むという視点が重要ですね。

これからもまわりが色々と茶々を言う事もあるかもしれませんが、余り気になさらず投資を楽しんでいって下さい。
(というか、一緒に楽しんでいきましょう)
ワイド・モートの判別
多くの人はPERだけで割安さを測っていますが、
企業は毎年成長しますから、EPS成長率は同じくらい重要です。
それには5年くらいのEPS成長をみないといけない。
上場して間もない企業はいろいろ起こります。

経験的に、PER30倍くらいの【一見高めの銘柄】がよく騰がると思います。
バフェットだってそれくらいなら買っています。

参入障壁がないと、デルですら競争に敗れて大量解雇をやりました。
最終的な鍵は、ワイド・モート(Wide Moat)の判別でしょう。
  • 2014-08-06 | 00:19 |
  • おにぎり | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん。

ルールでガチガチに縛り過ぎるのはやはり無理がありますが、
一方で、根幹となるルールはやはり持っておくべきだとも思います。

「その時のポートフォリオ全体の状況を見て決める」というルールがあるのと、
全くルールがないのでは、これは大違いだと思います。
ルールが何もないと、それこそ思い付きで取引してしまったりしますからね。

根幹となるルールは決めておき、細かい部分は臨機応変に対応する、
このような考え方は買い増しに限らず、いろいろな部分で役立ちそうですね。
興味深いテーマです。
  • 2014-08-06 | 07:53 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
MEANINGさん。

こちらこそ、貴重なコメントをいただきありがとうございます。
今回のように、時には批判的なコメントを受けることもありますが、
それも一つの意見には違いありません。
内容もろくに見ずに削除してしまうのではなく、
こちらは、こちらの理に適った意見で反論してゆこうと思います。

そのようなやり取りを通して、
私の考え方がみなさんにもより深く分かっていただけるなら、
それはそれで一つの有意義な議論ですからね。

今後とも楽しんでゆきましょう!
  • 2014-08-06 | 07:53 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: ワイド・モートの判別
おにぎりさん、はじめまして。

おっしゃる通りだと思います。
EPS成長率や参入障壁というのは、成長株投資での根幹をなすものですから、
ここはそう簡単に妥協できないと私も思っています。

競争優位性を有しない企業というのは、
この記事で言う「インターネットのできないパソコン」のようなものですね。

ただ、PER30倍くらいの【一見高めの銘柄】がよく騰がる、というのは、
どうなのでしょうか・・・。
私はむしろ、これまでによく騰がった株が今それくらいのPERになっている、
という気がしています。
  • 2014-08-06 | 07:53 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
アサンテ
決算出ましたね。
こちらはゆうゆーさんの予想がほぼ当たり、
約9%の減益。売り上げは微増。ただ、純利益は9%増ですね。
減益の要因には、消費増税反動の他に上場の際の広告や
TVCMの広告費も挙げられていますが、これは一過性なんですかね?
ちょっと私には分かりません。調べてみないとですね…
あと、施設建て替えの費用が2000万円特別損失で計上ですね。
純利益は増加しているものの、本業が苦戦しているのはやはりいただけない……
7月の月次も出ていますが、まだ苦戦が続いているようです。
「消費者マインドの低迷に対し、広告宣伝費を増加して
売り上げ確保を図った(そのため広告費増で減益)」
とありますが、その効果がいつ出るのか……
まあ1Qの決算ですし、これから巻き返してくれれば良いのですが;
(業績見通しに変更は無し)
  • 2014-08-06 | 15:53 |
  • ラーメン | URL |
  • [edit]
Re: アサンテ
ラーメンさん、こんにちは。

アサンテの決算は、シュッピンと打って変わってドンピシャでしたね(笑)

減益の理由としては主に「広告宣伝費の増加」ということですが、
これはあくまで消費増税の影響を緩和するためにとった対策だということが
決算短信の説明から見て取れますので、一過性の費用増と私は見ています。
(効果がいつ出るかというよりは、効果が出てこの売上なのでしょう)

この点は特に心配していないのですが、他に気になる点が二つあります。

一つは、粗利率(売上総利益率)が1.3%程度、悪化している点です。
これが無ければ、私の計算では営業利益は-3.5%減に留まっていたはずです。
このことは決算短信の説明でも触れられておらず、明確な理由が分かりません。
理由が分からないので、一過性の問題かどうかも判断がつきませんね。

もう一つは、これはラーメンさんも感じておられると思いますが、
同時に発表された7月の月次が微妙であることです。
もう少し鮮明な回復傾向が見られるかな? と思っていたのですが・・・。

この低迷が、消費増税の影響だとハッキリ分かっていればいいのですが、
そうでなければ、成長力が衰えてきたということが考えられます。
現時点でも12%という、成長株としてはかなり低い成長率を想定していますが、
それがさらに下がるとなると、もう投資対象外ですね。

明日すぐに売るということはしないつもりですが、
現時点では、他に乗り換える際の売却の第一候補になってしまいました。

ただ、私の分析が間違っているということも十分に考えられますので、
もしも納得できないようなら、私の意見は無視してくださいね。
自分の信念を持ち、それに従って行動することの方がよほど大事ですので・・・。
  • 2014-08-06 | 17:15 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。