株価下落時の考え方(その2)

こんにちは、ゆうゆーです。

ここ二日間、小型成長株の多くは強烈な下げに遭っていますね。
ゆうゆーの保有銘柄もかなりの被害を被っています。
何が原因でこんなにも下げているのか、私には分かりませんが、
少なくとも個別企業の成長ストーリーなどとは無関係に
下げていることだけは明確です。

こんな原因不明の暴落は、昨日の記事「株価下落時の考え方①」に、
まさに該当する状況なのです。
ということは、こんな下落は無視するに限ります。

または、目をつけていた銘柄を買い増すよい機会かもしれません。

株価の下落は、1月のコロラドに吹雪が吹き荒れるのと同じくらい
頻繁に起こることである。
株価の下落は慌てふためいて逃げ出した投資家が
残していった割安株を拾う絶好の機会である。
【ピーター・リンチ】


さて、ここからが今日の本題です。
今回は、「下落の原因に心当たりがある」場合の話です。

まずその「下落の原因」について、いろいろあるとは思いますが、
ここでは「印象の悪いIR情報が出た」ことを想定して話を進めます。

ゆうゆー投資法の場合、まずそのIR情報をよくよく分析して、
企業の成長ストーリーが崩れていないかを確認しないといけません。
または、そのIR情報で「想定した成長ストーリー自体が間違っていた」
ということが、判明する場合もあるかもしれません。
(実際にはこっちの方が多いと思います)

この分析の結果次第で、その後とるべき行動には、
天と地ほどの差が出てしまいます。
ですので、この分析にはたっぷり時間をかけて、
納得するまでしっかり検討しましょう。

分析の結果、この悪いIRは一過性のもので、
長期的な成長ストーリーは崩れていないと判断した場合、
これは、前回の記事の「原因に全く心当たりがない場合」と同じです。
つまり、持ち続けるのが最善となります。

さて、問題は成長ストーリーが崩れているという判断になった場合です。

成長ストーリーが崩れたと判断した場合は、
もうその株を持っている意味は何もありません。
その時にどれだけ株価が暴落していようと、すぐに売却すべきです。
含み損になっていても、その損失を確定させなければなりません。

株でお金を失うことは恥ずかしいことではない。みんなしている。
恥ずかしいことは、ファンダメンタルズが悪化しているのに、
株を持ったままにしていること、
さらに悪いことは買い増すことである。
【ピーター・リンチ】


ですが、往々にしてこういう時は持ち続けてしまうんですよね・・・。
特にその銘柄が含み損となっている時は、なおさらです。

株式銘柄選定のミスへの対処を難しくする要素がある。
それは自分の心に潜むエゴである。
誰しも自分のミスを認めたくない。
間違って買った株でも、少しは上値で売れれば気分的には救われる。
「なんとか買値に戻るまで」と望ましくない株を持ち続ける態度こそ
損失を招く最大の要因だと言えるだろう。
【フィリップ・フィッシャー】


上のフィッシャーの言葉で、「自分のミス」という言葉が出てきますが、
保有株が値下がりして損をすることよりも、
自分の投資基準を決めておきながら、それに従わないことこそが、
本当のミスなのです。
なぜなら、このミスは自分の意思で100%防げるものだからです。

はっきり言って、銘柄選定にミスはつきものです。
でも安心してください。
ミスの一つや二つなんて、どうってことありません。

自分の選んだ全ての株で儲ける必要はない。
株式投資で成功するために必要なのは、
大幅に値上がりする幾つかの銘柄であり、
それらによるプラスは期待外れの株の損失を埋めて余りある。
【ピーター・リンチ】


3倍になる銘柄を一つ掴めば、他の3つの銘柄が購入時の半値になっても、
トータルではプラスです。
3倍になる銘柄を選ぶことは、それほど難しいことではありません。
また実際には、想定していた以上の成果を上げる銘柄もあるでしょう。

成長企業を5社買えば、その内、3社は予想通りの株価を示し、
1社は予想していなかった問題に出会ってがっかりさせられ、
あと1社は想像していたよりもうまくいって、
すばらしいリターンに大いに満足するというのが経験則である。
【ピーター・リンチ】


大切なのは、ミスをしないことではなく、ミスをした後の行動です。
私自身の運用でも、もしかしたら銘柄選定ミスが発覚するかもしれません。
その時は、自分のミスを素直に認めようと思います。

そして、すぐに切り替えて次の有望銘柄探しに移ることで、
大儲けのチャンスはこれからも続くのです。

銘柄選定の間違いに気付いたら、気付いた時点で直ちに売るべきだ。
その時の損失が重傷に思えても、長期的にはそんな傷は大したことはない。
それよりも、間違った銘柄を持ち続けることによる時間の浪費の方が痛い。
【ゆうゆー】
関連記事

トラックバック

コメント

No title
自分のコメントを記事にしていただきありがとうございます。

この一週間で全体のパフォーマンスが10%も下がりました。今まではここで狼狽売りしていましたが、よく調べて選んだ銘柄ですし成長は続いているわけで、長期投資家を目指す意味でこのまま保有を続けます。

今の下げでさらに買い増したいのですが、長期投資の場合キャッシュを何%持つべきかで葛藤しています。今は30%持っています。すぐ使うアテもなく、ダブルインカムで借金もない30代です。

これからインフレになるとするなら現金は必要以上に持ちたくありません。生活費半年分とか現金50%とか色々な考えがある中、先人達やゆうゆーさんの回答はどうなりますか。
  • 2013-05-17 | 09:56 |
  • いいですねえ | URL |
  • [edit]
Re: No title
コメントありがとうございます。

ここ数日はきつい下げでしたね。
今日は一転して、小型株にとっては上げ相場でしょうか。
(午後はどうなるか分かりませんが・・・)
相場とは、まったく気まぐれなものです。

ご質問の件ですが、私はファイナンシャルプランナーでも何でもなく、
参考になる回答ができるかは分かりませんが、
一応、私見を述べさせていただきますね。
また長くなりそうなので、記事にしようと思います。

明日は週間成績発表を載せる予定ですので、
明後日の記事にさせていただきます。
  • 2013-05-17 | 12:02 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。