週間成績発表[74週目]

こんにちは、ゆうゆーです。

今週は、TOPIXの+1.6%に対し、ゆうゆーは+1.2%でした。

年初来では、TOPIXが+0.9%、ゆうゆーは+53.1%となり、
通算では、TOPIXが+15.4%、ゆうゆーは+100.2%となりました。

243.png

244.png

今週もTOPIXには負け越してしまいました。
フジに大きく足を引っ張られたこともありますが、
その他に、為替がドンドン円安が進んできているという原因もありそうです。
改めて見ると、私の保有株は円安がデメリットになる銘柄が多いんですね。

しかし、この円安基調はいったいどこまで続くのでしょうかね・・・。
まぁ、私は円やドルのことを全くといってよいほど理解していませんので、
今後のドル円相場を予想するなど、できるはずもありません。
今までどおり、為替当てゲームには参加しないことにします。

通貨のことは、私にはよく分からないので為替はやりません。
個別企業のことなら、ある程度なら理解できる会社もありますので、
個別株への株式投資をやっています。

株であろうと、為替であろうと、金(Gold)であろうと、女であろうと、
自分が理解できるものに投資をする。
これが鉄則だと、バフェットも言っていますね。

理解できないなら、金は出すな。
【ウォーレン・バフェット】



さて、今週発表された主なIR情報を振り返っておきたいと思います。
今週は、シュッピンの8月月次とミサワの2Q決算が発表されました。

まず、シュッピンの月次ですが、これはもう「素晴らしい」の一言ですね・・・。
前年同月比で+36.8%です。
消費増税後の落ち込みからは完全に脱したことは、間違いなさそうです。
これを受けて、今週のシュッピンは大きく株価が上昇し、
脇役ながら、ゆうゆーの今週の投資成績に大きく貢献してくれました。

ECの伸び率が店舗に比べて低いこと(それでも大きく伸びているが・・・)など、
気になる点が全くないわけではないのですが、
こと「成長ストーリーは崩れていないか?」という質問に関しては、
少なくとも「崩れていない」と答えられそうです。
ここは当面、安心してホールドできそうですね。


次に、本日引け後に発表されたミサワの2Q決算を振り返っておきます。
2Q単独では、前年同期比から4%の営業増益ということで、
2Q同士の比較では一見イマイチな決算にも見えそうなのですが、
やはりこれは、大健闘と言える決算ではないかと感じます。

ミサワの2Q期間は5月~7月ということになりますが、
この期間は、間違いなく消費増税の影響が出ている期間でもあるでしょう。
ミサワの駆け込み需要が大きかったことは、1Qの業績で証明済みですので、
もっと大きな反動減が出るものと思っていました。

また、事前に出されていた上方修正の数字をさらに上回ってきましたので、
会社もおそらく、私と同じように想定していたのでしょう。

駆け込み需要が大きいのに、反動減は小さい。
これは「ビジネスが極めて好調である証なのだ」と、単純にそう思います。
この決算を受けて、市場はどう反応するのかは全く読めませんが、
私としては非常に満足のいく決算でした。
少なくとも、来週の寄り付きで下がることはないでしょう・・・・・と思いたい!(笑)

さて、ミサワは予想よりも好調であることが今回の決算で伺えましたので、
ミサワに対する「ゆうゆー予想EPS」を、
155円→170円へと、上方修正しておきたいと思います。

これに伴い、ゆうゆー予想PERは12.1倍から11.0倍まで下がりました。
このように、株価の下落ではなく予想EPSの上昇によりPERが下がるのは、
成長株投資家にとって、最も自信がつく瞬間
かもしれませんね・・・。


・・・そうそう、先週からポートフォリオの自分評価額も出すんでしたね。
今回、ミサワの上方修正により自分評価額が変わりましたので、
改めて確認しておきたいと思います。

■ 現行資産(市場評価): 200万1800円
■ 現行資産(自分評価): 249万5550円 (前回:247万2750円)


現行資産(自分評価)は、株価の変動で動くものではなく、
ゆうゆー予想EPSを下方修正しない限り、下がることはありません。
つまり、市場評価がいくら下がろうとも、自分評価が下がらない限り、
自分の投資は順調である、と判断することができます。
(逆もまた然りですが・・・)

もう少し長い期間のデータがたまったら、グラフ化してみようと思います。
市場評価と自分評価がどれだけ連動するのかも、見物ですね。

今週の成績はイマイチ冴えなかったものの、
ミサワのおかげでブログ用資産が2万円ほど増えて(自分評価ですが)、
今週末は安らかに過ごせそうです(笑)

コメント

No title
お疲れ様です
ディフェンシブ株はこういう時冴えませんね。
まぁ、成長は止まっていませんからドローダウンにもめげずホールドです。
今週は日経平均やTOPIXに比べ、私の保有銘柄もあまり冴えない結果となりましたが、景気循環株でジェットコースターに乗るよりは心穏やかです。
円相場のような、エビデンスが(私にとって)不明瞭なものに縋るより、自分のわかるエビデンスで勝負する方が、勝っても負けても納得がいきますね。
Re: No title
遅咲きの桜さん、こんばんは。

そうですね、私の保有株でも最も安心して持っていられる類の銘柄が、
ここ最近はいまいち冴えません。
とはいえ、これらの銘柄が率先して上がっていた時期もあったわけで、
またそういうターンが来るまで待つのみですね。
先行きは暗くありませんので、単に忍耐力を持てばよいだけだと感じます。

またおっしゃる通り、エビデンスが明確であれば、
仮に失敗しても「なぜ失敗したか?」の分析が容易です。
ドル円相場で負けても、なぜ負けたのかの理由も分かりませんし、
仮に勝っても理由が分からなければ、一過性のボーナスで終わりますからね。

継続的に利益を上げ続けるためにも、理解しているものに投資すべきですね。
No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

今週も1週間お疲れ様でした。

私も表面的にしか見ていませんが、
ミサワの決算はよい決算のように感じます。
まさに成長株への投資家として、
このような結果となるのは嬉しいことですね。
私も大変羨ましく思います。

シュッピンについては、
私も月次の好調さにびっくりしましたし、
最初の印象では、よしっと思ったものの、
冷静になればなるほど、
本当に大丈夫なのか、まだまだ自信が持てません。

記事でも触れられている通り、
ECより店舗が伸びていることは、
外国人旅行者の店舗売上の影響によるものと推測できますが、
新品販売がどこまで利益に貢献してくれるのか、
ちょっと自信が持てません。

いずれにせよ、売上は好調に推移するでしょうから、
あとは利益がどのようになるか気に留めたいと考えています。
特に株価の反応を見ても、
1Qの悲観さから一気に楽観的に捉えられているように感じ、
私は逆に少し危機感を抱いています。

といっても当然ホールドしたいと思います。

すみません、悲観的なことでコメントいたしまして、失礼しました。
来週はミサワが好調に推移して引き続き、
ゆうゆーさんのPFが伸びていく姿を見て、
私も自分が頑張れるようにしたいと思います。
Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

ミサワについては、業績も株価も今のところ、
当初の期待を大きく上回る成果を挙げてくれています。
この「期待を大きく上回る」という言葉だけを表面的に見れば、
これはとても嬉しいことではありますが、
冷静に考えてみると、ある意味では予想が外れたことになります。

予想よりも良かったことに浮かれず、なぜ予想は外れてしまったのか、
そこの振り返りは、今後も同社のフォローを通して忘れないよう、
心掛けてゆきたいと思います。

シュッピンについては、この月次でも浮かれないまるのんさんの姿勢は、
本当に私も見習わないといけない、と思いました。
おっしゃる通り、店舗売上の伸びが外国人旅行者の影響であるなら、
利益面では過度の期待はできないし、
円安による一過性の伸びである可能性もありますね。

とはいえ、全店売上は無視してEC売上の伸びにだけ着目しても、
決して悲観するような推移にはなっていませんので、
「ECの伸び」という成長ストーリーは健在である、とも考えています。

浮かれることなく、かといって悲観し過ぎることもなく、
常に中立な見方で分析する眼を養ってゆきたいですね。

管理者のみに表示

トラックバック