不屈の忍耐と躊躇なき決断

こんにちは、ゆうゆーです。

ある一つの成長株を長い期間、持ち続けていると、
株価がどんな風に動いてゆくか、おおよそ分かってくるものです。
想像力豊かな方であれば、たとえ持っていなくとも、
その銘柄のチャートを見返せば、だいたいイメージできるかもしれません。

たとえ年率15%で成長している銘柄であっても、
基本的には、株価はヨコヨコ(岩の心電図)になる場合が多いですね。

そして、ある時いきなり何かが変わったように、グングン上がり始めます。
今までの岩の心電図はいったい何だったのか、という感じです。
そのまま、自分の想定しているフェアバリューを突き抜けて上がることも、
珍しくありません。

下がる時も同じで、特に業績は悪いわけではなくとも、
一度下がり出すと、数週間くらいは下がり続けることが多いですね。
場合によっては、数週間では済まないことも多々あります。
もちろん感覚的なものですので、これをトレードに活かすことは私にはできません。

例外的に、何年間も押し目を作らずゆっくり上げ続ける銘柄もありますが、
そういう素直なチャートを形成することの方が、かなり珍しいと思います。

株価が大きく動くということは、PERも大きく動くということです。
後から振り返れば、ほとんど全ての銘柄において、
買い時や売り時は定期的に訪れているケースが多そうです。

ただ、これは後から振り返れば簡単に分かるものなのですが、
いざその場にいて判断するのは、なかなか容易なことではありません。

いえ、正確には判断すること自体が難しいわけではないと思います。
少なくとも「ゆうゆー投資法」においては、
あらかじめ想定しておいたPER適正水準と、自分予想PERを比較することで、
機械的におおよそ把握することはできます。

ですが、何となく「買い時だろうな、売り時だろうな」と分かったとしても、
実際にその通りに動くことは結構難しいものです。

私の取引履歴を見てみると、細かく売り買いしているようにも見えますが、
それはおそらく、投資成績が好調だったからだと思います。
仮に投資成績がずっとヨコヨコだったら、こんなにも取引しないはずですし、
してはいけないと思います。

投資成績がヨコヨコということは、保有株の株価もきっとヨコヨコでしょう。
冒頭にも書いた通り、そういう状態がだいたい普通なのです。
ですが、このヨコヨコが半年も続くと、いい加減イライラしてきますね・・・。

で、このイライラという感情はしばしば、私たちに語りかけてきます。
「取引をせよ・・・他の銘柄に乗り換えよ・・・」といった、悪魔のささやきです。

ですが、健全なファンダメンタル投資家であれば、
定期的に訪れるこの悪魔のささやきには、決して乗ってはなりません。

今の私の保有株を例に挙げれば、DVxやALサービスがここ数週間、
この悪魔のささやきを私に語り掛けてきているようです。

先日のトレファクのような、PERの急上昇を伴った大きな上げ相場では、
「売るか? あるいは持ち続けるか?」の二択で大いに悩みますが、
そもそもこんな悩みを持つ時点で、
どっちを選んでもその後の期待値に大きな差はないように思います。

ですが、今のDVxやALサービスのヨコヨコを「売り時だ」と判断する人など、
生粋のファンダメンタル投資家であれば、まずいないでしょう。
両銘柄のヨコヨコが、果たしていつまで続くのかとウンザリしてきますが、
こういう時にこそ不屈の忍耐力を持つことが、非常に大事なんだと思います。

大切なのは、(企業価値から考えて)納得できる水準に株価が上がるまで、
何ヶ月でも、何年でも待つことですね。
上がってしまえば、あとは全部売るなり、一部売るなり、持ち続けるなり、
自分の投資方針に従って好きなようにすればいいでしょう。

私は、「割高だと判断すれば売る」という投資手法を採用しています。
ですが、そうそう簡単に割高圏まで上がることはありません。
基本は、忍耐、忍耐、そして忍耐・・・・・ですね。

株価が動かない時は、決して自分も動こうとしないことです。
これがけっこうつらいことなのです。
もちろん、ファンダメンタルズに大きな変化があったりすれば別ですよ。言うまでもありませんが。

そして、長い忍耐の後の大相場では、
今までのヨコヨコは何だったのか、というほどの大上昇が見られます。
ヨコヨコの間は、売り時が来ることなど考えもしませんが、
この大上昇相場では、一週間後に急に売り時が来ることもよくありますので、
その時に私は、迷わず決断してしまうよう心掛けています。

2年間も株価1000円前後を行ったり来たりしている場合、
その間は「悪魔のささやき」と戦いながら、鉄の意志でホールドを貫き通し、
その後の一ヶ月で一気に2000円まで株価が昇りつめるのを見届けて、
そこで躊躇せず、「おりゃあ~!」と利確してやります。

これで、年利40%の達成です。
私の投資法とは、こんな投資法なのかもしれません。
もちろん、実際には失敗銘柄もあったりするので全体ではこんな高い年利にはなりませんが。

私は、ファンダメンタル投資家の中では売買頻度は高い方かもしれません。
が、リバランスや銘柄分析ミスなど、一部の例外を除いては、
上がるまでは決して売っていないところにも注目していただきたいですね。

「この銘柄が、本当にPER20倍まで上がるのかぁ~?」と、
半信半疑になることも多いのですが、正直、上がる時は上がります。

私も、トレファクとはPER7倍台の頃からお付き合いしていましたが、
まさかその後のたったの2年間で、PER25倍まで上がるとは・・・。
株価にすると2年で4.5倍、年利にすると210%です。
その時からすれば信じられないですが、実際に上がっていますからね。

とにかく、「不屈の忍耐」「躊躇なき決断」という、
相反する二つの投資行動が、
今の私の投資成績を作っていることは間違いなさそうです。
関連記事

トラックバック

コメント

No title
おはようございます。ゆうゆーさん。

自分は弱小投資家なので、ゆうゆーさんの投資法を目にするまではホントすぐに利確する人間でした。
特にヨコヨコ状態が長いと、イラチな性格も手伝ってすぐに違う銘柄を探しにいったり・・・・
しかも”損小利大”が一番なのですが、”損大利小”だったものですから、アベノミクスの恩恵があるまでは負け越しの連続で・・・・。

ホントは買ったら持ってるのを忘れてるぐらいの方がいいんでしょうけどね。
すみません。朝から愚痴のようになってしまいましたが。
今日もゆうゆーさんパワーもらって頑張ります!
Re: No title
Junさん、こんにちは。

ヨコヨコのチャートとお付き合いするのは、かなりつらいですよね。
周りの銘柄は気持ちよく上がっていたりすると、なおさらです。

私も昔はこのイライラ感に耐えられず、
岩の心電図の真っ只中に、保有株を手放したりしていました。
そして、忘れた頃にその銘柄のチャートを見てみると、
開いた口が塞がらないほどに上昇していたりするものです。
何かの手違いで「売却し忘れていないかなー」と考えたくもなります。
もちろん、上がる前にしっかり売却されています(笑)

こういう経験があったからこそ、
今は「ヨコヨコでこそ、我慢強く持ち続けなければならない」と、
強く思えるようになりました。
共に、ヨコヨコのイライラ相場をくぐり抜けましょう!
  • 2014-09-18 | 08:55 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
そのとおり
ほんとに書いてあるとおりだと思いました。

エスクリがこの間上昇トレンドだったもので、全然割高ではないと自分では判断してはいるものの、心が折れそうになっていました。

辛抱、忍耐は渦中にいないとわからないものですね。

いつもゆうゆーさんに助けられています。がんばります。
  • 2014-09-18 | 16:03 |
  • まろん | URL |
  • [edit]
No title
今回の投稿内容には概ね反対です。

といっても感情は個性によって大きく左右されますし、そういう考えを否定はしません。

間逆の考えの人も居ますよ、という視野の広さを持ってもらえると良いんじゃないかなと思います。

ヨコヨコ耐えてもその後で外部要因によって業績悪化で株価急落するかもしれません。耐え忍ぶ事はパフォーマンスに結び付くかどうかは分かりません。手法を変えずに時流に乗れる時を待つというのも一興ですが、そういう投資だと分かっているかどうかの方が重要なのではないかなと思ったり思わなかったり。


文中の「注目していただきたいですね」という表現はちょっと印象が悪いので、次から使用を控えた方が良いような気がします、と余計なお世話をして帰ります。


と帰ろうとしましたが、すいません、最後にもっと余計なことを言います。

ゆうゆーさんは不屈の忍耐がある方の投資家タイプではないと思います。これはほぼ間違いないと僕は確信しています。といっても批判している訳ではありません。今までもそうですが、僕はゆうゆーさんに対してネガティブな意見を持った事はありません。間違っていることは間違っていると言いたくなるだけです。それに対して気分を害してしまうのであれば申し訳ないです。
僕はゆうゆーさんを応援しています。不屈の忍耐は別にあってもなくてもどっちでも良いですよ。後で後悔しない様に自分の好きにやればいいんです。
No title
株価が50%下落して耐えられないぐらいなら、もともと買うべきではない。
【チャーリー・マンガー】

投資に頭の良さは関係ない。重要なのは精神的なタフさだ。
【バフェット】

人は株価に操られるものです。
株を忘れている人のほうが、成績が良いのはそのせいです。

投資はメンタルスポーツで、自分との戦いです。
株価が半額以下になったことは、何度もありますが、
業績の悪化以外で売ったことはありません。

ゆーゆーさんも、下落に耐えられると思います。
Re: そのとおり
まろんさん、こんばんは。

今日のエスクリは、昨日までの上昇相場から一転して大きな下げでした。
ヨコヨコも辛いですが、上がって下がるパターンも同じように辛いですね。
結局、株価がどう動こうとも、忍耐力は必要だということでしょう。

そのように言っていただけて、とてもうれしいです。
これからも参考にしていただける記事を書けるよう、私もがんばります。
  • 2014-09-18 | 20:55 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
MEANINGさん、こんばんは。

> 間逆の考えの人も居ますよ、という視野の広さを持ってもらえると
> 良いんじゃないかなと思います。
真逆の考えの人がいるのは当たり前です。
ここは私のブログですので、私の考え方を書いているだけです。

> ヨコヨコ耐えてもその後で外部要因によって業績悪化で
> 株価急落するかもしれません。
> 耐え忍ぶ事はパフォーマンスに結び付くかどうかは分かりません。
おっしゃる通りですね。
杓子定規に「忍耐強く持ち続けていれば良い」というつもりは毛頭ありません。
当然ながら、企業成長の見通しは良好なままであることが大前提です。
条件が崩れれば、今度は逆に躊躇せず「売却を決断する」ことが重要ですね。

> ゆうゆーさんは不屈の忍耐がある方の投資家タイプではないと思います。
> これはほぼ間違いないと僕は確信しています。
感覚的なことで判断されても、「そうですか」としか言いようがありません。

> 不屈の忍耐は別にあってもなくてもどっちでも良いですよ。
忍耐力がなければ、今の私の投資法は必ず失敗します。
ただ、株価の暴落にも感情が動かないMEANINGさんのような方なら別ですが。

> 後で後悔しない様に自分の好きにやればいいんです。
と思われるのであれば、この記事の私の考え方を尊重していただけませんか?
  • 2014-09-18 | 20:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
おにぎりさん、こんばんは。

バフェットやリンチを含め、偉大な投資家たちは「忍耐力が重要だ」と、
口を揃えて言っていますね。
私も、株価が半値になってもファンダが悪化しない限り持ち続ける所存です。

ありがたいお言葉、とても励みになります。
株価を無視できるよう心がけたり、
恐怖心を「売却」という行動に移してしまわないように注意しながら、
私もおにぎりさんのように、長~く投資を続けたいと思います。
  • 2014-09-18 | 20:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

悪魔のささやきの話、まさに私のところへも
毎日やってきてくれます(笑)

その誘いに乗らずに毎日忍耐していくことは、
精神をすり減らしますし、
常に自分が試されている状況です。

そしてまだ自分の考えが正しいという確固たる自信があればよいですが、
本当にファンダメンタルズに変調はないのか、
実は自分が見誤っているのではないのか、
そんな疑心暗鬼な部分があるから余計にストレスが溜まります。

ある程度鍛錬を積んで、修羅場も経験した上で、
自分の手法にそれなりの自信が持てれば、
それが自信にもなって、もっとライトにお付き合いしていけるのかもしれませんね。

こういう苦しみというか忍耐していくこと、
そのこと自体が自分の投資スキルを向上させるのだと思います。

私もファンダメンタル投資家としていくのであれば、
この気の長いような忍耐を貫く姿勢を保持していくように心がけたいと思います。

いつも気付きを与えて頂く記事を、ありがとうございます。
感謝
ゆうゆーさん、こんばんは

2度目のコメントになります。毎回多くの事を気付かせてもらい感謝の気持ちで一杯です。
これほどの内容を継続して書き続けてくれるゆうゆーさんには頭が下がる思いです。

否定的な内容の発言をされる方は、自分の考え(基準)が正しいと思い書き込みされていると思うのですが、少なくとも根拠や理由を述べないと、感覚だけで判断されても説得力がありませんし、建設的な意見交換も出来ないと思うのです。

ブログ記事の1つ1つの文章の揚げ足をとるのではなく、これまでの内容から行間を読めばゆうゆーさんの言いたいことは分かるはずなのに。自分の力量をわきまえ、いつまでも人間謙虚でいたいものです。



  • 2014-09-18 | 23:55 |
  • 安芸のカナリア | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

そうですね、自分の銘柄分析に対する自信がないと、
ヨコヨコの相場とか強烈な下落相場に対し、
自分の見立てが間違っているのではないか? という疑念が先に沸き、
それがより一層、忍耐力を持つことを難しくさせますね。

いずれにしても、銘柄の分析ミスと株価の動きは分けて考えるべきで、
漠然とした不安を無視することが大事だと思います。

自分の分析が、ランダムな銘柄選択に比べて少しでも優位性があれば、
理論上は、パフォーマンスは長期ではプラスになってゆくはずですからね。

忍耐力さえあれば、自分の分析がストレートに結果に表れるでしょうが、
結果が出る前に売ってしまっていれば、せっかく分析は正しいのに、
結果がついてこないという悲しい事態に陥っててしまいます。

分析スキルはもちろんですが、忍耐力というメンタル面も含めたものが、
その投資家の持つ真の実力なのでしょうね。
  • 2014-09-19 | 08:02 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 感謝
安芸のカナリアさん、こんにちは。

ありがとうございます。
そのようなお褒めの言葉をいただけるのは、ブロガー冥利に尽きることです。

全くおっしゃる通りだと、私も思います。
私としても、否定的な意見を最初から全く聞き入れないつもりはなく、
いろいろな意見を理解しようと心掛けてはいます。

ただ、なぜそのように思うのか? という根拠の明示がなければ、
結論だけを言われても、納得のしようがありません。
また、感覚的・経験的なことを根拠にされても、これも理解できません。
これでは、意味のある議論などできるはずもありませんね。

私は、どのような質問をされてもそれに明確に答える自信はあります。
分からないものは、分からないとはっきり答えます。
これからも、根拠に基づいた信念を持ち、それを具体的に文章にして、
このブログで発信してゆきたいと思います。
  • 2014-09-19 | 08:02 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
いいですね。
MEANINGさんと、ゆうゆーさんの絡みに、いつも笑わせてもらっています。
これからも、お二人の掛け合いを楽しみにしています。
(予想の斜め上を行くMEANINGさんの独説には、ただただ脱帽ですw)
  • 2014-09-19 | 09:45 |
  • ぽんた | URL |
  • [edit]
Re: いいですね。
ぽんたさん、こんにちは。

普通のブロガーであれば上手く受け流すところだと思いますが、
私は、自分のブログのコメントに対しては真正面から受け止めていますので、
どうしてもこうなってしまいますね。

見ている方は楽しいかもしれませんが、本人は相当疲れます(笑)
  • 2014-09-19 | 12:51 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。