浪費グセと倹約グセ

こんにちは、ゆうゆーです。

先日のニュースで、元西武ライオンズの清原和博さんが離婚されたと、
報道されておりました。
清原さんのプライベートと言えば、その豪遊ぶりが有名であり、
たった一晩でなんと500万円も使ったことがあるそうです。

まるで別世界の出来事のようですね。
どうすればそんなにも使えるのか、逆に不思議ですが・・・(@_@;)

・・・と思いましたが、私もいつか体験できるかもしれません。
というか、むしろ体験してみたいです。
億単位の資産を持っている方なら、持ち株の評価額が、
一日で500万円くらい下がることは現実的にありそうですからね。

ただ、飲み代に500万円も使うことは、
天地がひっくり返ってもありませんけどね・・・。

で、そんな生活が祟ったせいか、清原さんの離婚が決まった時には、
既にほとんど財産が無かったそうです。
もちろん、ほとんど無かったとは言っても、
そこらの庶民に比べればはるかに持っているものと思われます。

最近は仕事も激減したようですが、それでもあの知名度がありますから、
普通のサラリーマン以上の年収は軽く稼ぎ出せるでしょう。

確かに今の清原さんなら、昔のような豪遊こそできないと思いますが、
普通の生活水準で家族を養うくらいなら、何の問題もなくできるはずです。
ですが、今の清原さんにはそれができないと思います。

一日で500万円も使ったことがあるような人間が、
一年間で500万円使う生活に切り替えろ、と急に言われても、
それはまず不可能でしょう。

今までのリッチな生活が、体に染み付いてしまっているからですね。
これを取るのは、そうそう簡単なことではないはずです。
たばこを簡単に止められないのと同じですね。

習慣という名の鎖は、抜け出せないほど重くなるまでは、
軽すぎて存在を感じることができない。
【ウォーレン・バフェット】


そしてこれには、逆パターンもあると思います。

私は、今まではかなりケチくさく生きてきたこともあり、
家族にもきっと肩身の狭い思いをさせてしまっていたことでしょう。

そこで先日、「株でも儲かっていることだし、たまには家族に還元しよう」と、
お金を使って家族旅行に行く計画を立てました。

そこまでは良かったのですが、旅行の計画を立てたら立てたで次は、

「少しでも安くつくテーマパークはどこか?」
「乗り物乗り放題のフリーパスは高いから止めておこうか?」
「少しでも安い旅館はどこか?」
「どの宿泊プランが最もコストパフォーマンスが良いか?」


など、せっかくの家族旅行なのに、損したくないということばかり考えてしまい、
結局、良いホテルにも泊まらず、豪華な料理も食べられませんでした。

まぁ、浪費グセがあるよりは数倍マシなのでしょうが、
倹約グセが過ぎるのも考え物ですね。
テニスでも、出たかった大会を今まで何度我慢してきたか数え切れません。

これはこれで、
「お金への執着のせいで、何か大切なものを失っているのではなかろうか?」
という気になってしまいますね・・・。

私は、将来大きなお金を貯めることができたら、
屋根付きテニスコートを作りたい、という夢を持っています。
ですが、仮にテニスコートを作れるだけのお金を貯められたとしても、
今のままの性格ではきっと、テニスコートを作る前に死んでしまうでしょう。

コートの維持費まで考えたら、わざわざ作るよりも、
毎回公営コートを借りた方がコストパフォーマンスがどうたらこうたら・・・
などと考えている自分が、容易に想像できてしまいます(笑)

お金持ちは、一部の異常に稼げる方を除いては、だいたいケチだと思います。
というよりも、ケチだからお金持ちになれるのでしょう。
ただし、その人はもう十分お金が貯まった後もずっとケチなままなのです。

倹約グセは、「浪費恐怖症」という一つの病気なのかもしれません。

人生、最後まで倹約生活で突き通すつもりであれば構わないでしょう。
ですが、今は倹約生活だけど、貯めたお金を将来使いたいと考えている方は、
要注意だと思います。
今のままでは、その夢を実現するのは不可能だと思います。
倹約グセは、浪費グセと同じように、そう簡単には直らないからです。

浪費グセを直す方法を考える方は多いと思いますが、
倹約グセを直す方法を考えている人は、見たことがありません。

投資ブロガー仲間を見ていると、私以上の倹約家は結構いるようですが、
私以上の倹約家など、リアルではほとんど見たことがないですね。

私は、貯めたお金は使いたい派ですので、
今のこういう性格を、意識的に徐々に改善してゆきたいなどと、
変わったことを考えています(笑)

もちろん、無駄だと思うことにお金を使うつもりは、
将来に渡って一切ありません。
ですが、今までは無駄だと思っていたことが、
実は無駄ではなかったということも、意外とあるのではないかと思います。

浪費をせず、過度な倹約もそろそろ卒業し、
上手くお金を使える人間を、これから目指してゆきたいですね。
関連記事

トラックバック

コメント

自分のことかと・・
新興市場の値動きが悪く、仕事でやることがないので
ゆうゆーさんの記事を読んでいたら、
「お、これは俺のことか!?」と思うくらい共感を
してしまいました。

私も妻にドケチと言われます。
「ディズニーいきたい」とか「シーパラいきたい」など
言われるのですが、
私も「浪費恐怖症?」の疑いがあり、
少しでも安くしようとしたところ、妻に
「制約があるのはつまらない、それなら
いかないほうがマシだった」と言われる始末・・・

それならと、「ある一定までならいくら使っても
かまわないから、自分で使い方決めてね」と、
あらかじめ予算を2人で相談して決めるようにしました。
(それでも予算を少なくしたい私と多くしたい妻の
戦いはあります)

また、私は自分の資産の管理をマイ貸借対照表を
作成して管理しているのですが、
負債の欄に○○引当金(ネーミング違うかも)と
計上しておけば、
もうそのお金はないものとみなせますし、
もしそれ以上使ってしまった場合、
「これだけ赤字が出たから、次回は予算を
少し減らすからね」と強気にでることができます。

私も家族のためと投資の勉強のために
お金を使うことはどんどんやっていきたいと考えています。

  • 2014-09-29 | 13:25 |
  • ディッキー | URL |
  • [edit]
タイムリーではないですが
ゆうゆーさんこんにちは。
1日500万まではいきませんが、昨日300万1日で使いました!
飲み代ではありません!!!

というのも車を買いました。
決して自慢できるような車ではなく、子供も大きくなるし、これから旅行も行くだろうし。お金もかかるだろうし。。。。ということで、トヨタのノアのハイブリットですが、奮発して買っちゃいました。
本当は中古でもいいかなあ?なんて思ってたのですが、一念発起で買いました。

軽自動車でも今のだと小さい子供4人ならなんとかなるし、、、、
中古車でも200万も出せばそこそこいいの買えるし。。。。
なんて思いながらですが、買いました。

でも、営業マンとケンカにならないように、ギリギリまで値引きを行い、ギリギリまで下取りの金額を上げてもらい。
決算時期を狙って、自分としては安く購入できた!と思えるくらいにギリギリまでやり倒しました。
あとはカードで払える分は払ってポイント還元とか、それこそ究極にお得になるように考えてるのですが。。。。

でも、事故したら修理しなきゃとか、スタッドレスタイヤ欲しいとか、あれこれあるので、まだまだ頑張らないといけませんね。
自分は車大好きなので、イタリアやらドイツの高級輸入車とか欲しいですが、保険代に~、維持費に~とか、走って傷が。。。とか考えてる時点でダメですね。
根っからのドケチ倹約家だと思ってますので。

いつかはそんなん買ってみたいような、いらないような。
今は海外でも沖縄でもレンタルとしてでもあるようなので、いつかレンタルできればなあと思っております。
でもホントは金額気にせず買えるくらいまでなりたいですね!
頑張ります!!!
Re: 自分のことかと・・
ディッキーさん、こんにちは。

ケチも節約も、自分だけに留まるのなら全然いいのですが、
だいたいの場合、家族や周りにまで波及してしまいますからね・・・。

一般的には、夫が浪費家で妻が倹約家というパターンが多いと思いますが、
夫が投資家の場合、お金の大切さをよく知っているせいか、
逆のパターンになる方が多いような気がします。

ディッキーさんのお気持ち、すごくよく分かります。
そして、奥様の気持ちもすごくよく分かります。
○○引当金には笑ってしまいましたが、いろいろ考えておられるんですね。

きっと、ディッキーさんの奥様も私の妻も、
決して浪費家というほどお金を使っているわけではないと思いますので、
妻の存在は、「浪費恐怖症を直すチャンスである」とプラスに捉えるのも、
一つの考え方かもしれませんね。
  • 2014-09-29 | 16:54 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイムリーではないですが
Junさん、こんにちは。

車を買われたのですか、それは思い切った決断でしたね。
お金に関してだけで言えば、軽自動車にしたり中古にしたりと、
他にももっと優れた選択肢はあったかもしれませんが、
第一希望の新車を買うことには、プライスレスな価値があると思います。

無駄なところ、上手くやれば切りつめられるところはせっせと節約し、
ここぞという場面で、貯めたお金をケチらずドーンと使う姿勢こそ、
私の目指すべき姿でもあります。

他のことでお金を節約できる能力があるのであれば、
趣味にお金をかけるのは、とても素晴らしいお金の使い方だと思います。
(まぁ、お金のかからない趣味なら尚良いのかもしれませんが・・・)
私は、自分の趣味にもケチってしまっているので、まだまだですね。

楽しいことにはもっとたくさんお金をかけて、
一度きりの人生を楽しまないと、もったいないですよね。
ひっそりと静かに暮らしてゆくのも一つの生き方ですが、
私はどちらかというと、コツコツ貯めてドーンと使うような生き方が、
自分に合っているような気がします。

それを実現するためにも、貯める時にはしっかり貯めないと・・・(笑)
  • 2014-09-29 | 16:55 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
お疲れ様です。
今回の記事も考えさせられました・・・。
貯めたお金の使い道はお金を稼ぐ人間にとってみればまさしく表裏一体ですね・・・。
学生の頃、私はひたすら倹約と貯金を繰り返して来ましたが、学生の頃の数十万円と、現在の数十万円では『感じる価値』が全然違います。
だからと言って浪費しておけば良かった、とは微塵も思いませんが、お金を使うべきところではしっかり使えば良かった、と思うことはあります。当時の自分では気づくことは出来なかったでしょうが・・・。
ただそのおかげで車の装備(安全)や、保険(節税目的含む)、彼女(現在の嫁さん)への投資など、必要なところにしっかりお金を使えたことで、現在の自分があるのだと思います。

倹約癖のある人がドーンと浪費するのは非常に難しいと思いますが、使う(投資する)べきところにしっかり使って(投資して)いるならば、貯めたお金を使うというのは、方向としてはあながち別方向ではないのかな、と思いました。
最後の2行の『上手くお金を使える人間』に、ゆうゆーさんなら、きっとなれると思います。
  • 2014-09-29 | 20:53 |
  • 遅咲きの桜 | URL
  • [edit]
No title
こんばんは、ゆうゆーさん。

私も負けず劣らずのケチです(笑)。


外食をするにもミステリーショッパー系でレポートを書くことで
キャッシュバックが出来るところから選択します。
そもそも外食をしなくて済むように外出時は基本的に弁当持参です。

ディズニーにも会社の補助などを最大限使いますし、
レストランは高いので、ここでも弁当持参です。

これは一例ですが、
このように切り詰めていく時に注意していることは、
それを楽しめているかです。
もちろん妻も含めてです。

これだけ節約できたからいつか使うために貯金が出来た
と前向きになれないと、
せっかくの遊びの機会も無駄になってしまいますからね。


他にも例えば我が家は毎月の給料が入金されると、
予め毎月決めている金額を家計のために出金しますが、
これをすべて1000円札に両替します。
そして食費とか雑貨とか医療費とか美容費とかの
費目別に封筒に入れて、その封筒に出金するたびに、
使途を封筒に書いておきます。
これを月末や四半期末に決算をして反省会をしますし、
その封筒にお金がなくなれば、もう出金はできません。
そういうルールでゲーム感覚で楽しめるようにしています。

ケチ自慢のようなコメントになってしまいましたが、
私もゆうゆーさんの「浪費恐怖症」という表現がすごく理解できます。
本当に自分は病気ではないかとさえ思う時もあります。
電車に乗るにも切符を分割することで10円でも安くしようとしますし、
逆にフリーきっぷを買えば少しでも沢山乗って得をしようとします。

どれもこれも自分は病んでいるなと思います。


私はよく思いますが、投資家でそれなりの資産を築かれている方の方が、
日常の資金管理も徹底されているように思います。
知人の銀行員も資産を持っている人ほど、
日常は慎ましく、しかく使うときはドカッと使うと聞きます。
私も資産を築けるようになった暁には、
お金の使い方もよく勉強するようにしたいなと思いました。

いつもよい記事をありがとうございます。




No title
自分もかなりの倹約家です。
職場には、業務スーパーの37円のペットボトルのお茶を持っていきます。

大抵の場合、節約は、時間や手間とのトレードオフだと思います。

時には、節約しない方が得なこともあると思います。
Re: No title
遅咲きの桜さん、こんにちは。

おっしゃる通り、同じお金でも人生のどの段階かによって、
その価値は大きく変わってくるように思います。

極端な話、あと数年で寿命を迎えるという段階になって1億円も持っていても、
その1億円には、どれほどの価値もないのかもしれません。
もちろん、お金はいくらあっても損はありませんが、
その1億円が、今までの人生でやりたいことを諦めて得た1億円であるなら、
そういう人生で果たして良かったのかは、考えるべきところですね。

心強いお言葉ありがとうございます。
貯めるにしても、ただ漠然と貯めるのではなく目的を持って貯めることで、
上手く使うこともできるのかもしれませんね。
お金の貯め方・使い方が上手な人間を、目指してゆきたいと思います。
  • 2014-09-30 | 08:38 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

まるのんさんが挙げてくださったような節約のやり方は、
楽しみも両立できて、とってもいいですね。
我が家も家族旅行に行く時は、初日の昼は必ず妻の手作り弁当です。
妻もその日には、気合いを入れて作っているようですし、
レジャーシートを広げての手作り弁当には、子供も嬉しそうです。

それぞれの使途ごとに予算を立てているのですね。
これはすごく計画的ですね。我が家も取り入れてみようかと思います。
これは、少ない予算で上手くやりくりするための工夫であると同時に、
特に、家族サービス用のお金については、
「封筒のお金を使い切らなければならない」というルールにしてみるのも、
面白そうです。

浪費グセのある人がこのルールは危険ですが、浪費恐怖症患者にとっては、
非常によい治療法かもしれません。
家族も大喜びしてくれること請け合いです(笑)

人生を充実させるためのお金だと思いますので、
人生の充実を削ってお金を貯めるのは、本末転倒ですからね。
貯める方も、使う方も、投資家らしく計画的にやってゆきたいです。
  • 2014-09-30 | 08:38 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
おにぎりさん、こんにちは。

そうですね、お金を払うことは商品やサービスを買うということですから、
お金を払った分だけ、時間や手間を節約できることが多いと思います。
払うお金(価格)と、それにより得られる時間や手間(価値)を天秤にかけ、
より良い方を選択するという意味では、投資にも似ていますね。

バフェットの言葉にもありますが、平凡なものを安い値段で買うよりも、
素晴らしいものをそれなりの値段で買うべきなのでしょう。
  • 2014-09-30 | 08:39 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、おはようございます。

そうなんです。名古屋人気質なんですかね。
節約するときには節約して、ここぞというときにはドカンと使うというパターン。
一時ほどではないにしろ、名古屋婚がド派手だというのはココの部分もあるからでしょう。(ちなみに自分は地味にやりました。)
株でいうところのポートフォリオに偏りが見られる的な感じですかね。

自分でも、無駄かなあ?とか思ったりしますし、車にお金をかけるのはねえ。。。とか思ったりしてるのですが。。。

でも、自分で一番大事なもの?というか、本当に大事なものはお金を出して買えないものが一番価値のあるものだと思ってます。
どっかの車のCMではないですが”モノより思い出”だと思います。
でも、思いで作るにはお金がいるし。。。となりますが、そこはプライスレスですし、お金をかけなくても楽しむ楽しみ方はどれだけでもあるように思います。実際、近所の公園で遊ぶだけの方が子供は喜んでたり・・・。

個人的にはゆうゆーさんと同様億トレ目指してますが、本当は億など行かなくても、ぶっ飛んだ金額のものは別にしても、不自由なく欲しいものが買えて、普通に生活できれば個人的には満足です。ただ、明確な目標がないのも?なので億に目標をおいてますが。
子供があれしたい、これしたいというものを金銭的な理由であきらめさせるのではなく、とりあえずやるだけやらせて、満足させてあげたいなあというのが今の一番の自分の達成目標です。
朝早くから長文スミマセン。
今日も頑張ります!!!
Re: No title
Junさん、こんにちは。

お金をかけず、または微々たるお金で楽しむ方法はいくらでもありますね。
おっしゃる通り、幸せに生きるために億単位のお金は必要ないと思います。

私も、億まで貯めたいというのは一つのロマンであり、
そこに至る過程を楽しんでいるだけで、結果として生まれた実際のお金には、
実はあまり価値はないのかもしれません。

また、子供がやりたがることを金銭的な理由で諦めさせることだけは、
私も避けたいですが、実際は金銭的な理由で諦めさせる家庭だけではなく、
親の性格上の理由(浪費恐怖症)のせいであきらめさせている家庭も、
きっと存在すると思います。

いくら億万長者であっても、こんなに悲しいことはないでしょうね・・・。
ですが、お金持ちには往々にしてこんな家庭も多いのではと思います。
だって、ケチだからお金持ちになれるのですからね。

公園で遊ぶだけでも子供は満足しますが、
子供が砂場で遊ぶための、数百円の砂場セットも親がケチっているようでは、
浪費恐怖症だと言わざるを得ませんね。
「砂場セット代の500円をケチっておけば、複利で30年後には5万円に・・・」
などと言っている時点で、不幸街道まっしくらでしょう。

こんな、器の小さい夫や親には絶対にならないよう、
今のうちから「上手なお金の使い方」の訓練をしておきたいですね。
  • 2014-09-30 | 11:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
夢に対する投資
こんにちは。

収支のバランスが崩れなければ、むしろ、自分や家族の投資と考えて、積極的にお金を使った方がいい場面もありますね。

最終的には、自分や家族がどうなって行くのか、あるいは、どうなりたいのか、ある程度、明確なビジョンを持って対処した方がよさそうです。

特に、お子さんに対する投資は、夢の部分もあるでしょう。人は、親の立場では、親のことは二の次、新しい世代に賭けたいと思うのが常だからです。

もちろん、お金の使い方・増やし方についての(特に複利と時間を考えた)教育も、立派な投資ですけれどね。

子が子供である時期は限られています。これから、どういう夢に対する投資をして行くのか、興味津々です。
  • 2014-09-30 | 22:25 |
  • ベン | URL |
  • [edit]
はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
しゃあない商事さんのブログには、いつもコメントしてるのですが、こちらには初コメです。

今回の記事には大変共感しました。

以前のわたしは老後に向けていかにお金を貯めるか?そればかり考えてました。
ただある程度お金が貯まって、それなりに歳を重ねると、不思議なことに、最近はいかにお金を遣うかを考えるようになりました。

でも、ゆうゆーさんの仰る通り、お金を節約するより、無駄遣いせずに、積極的にお金を遣う方がはるかに難しいですね。

ほんとに気持ちが伴えば寄付するのもよいかと思いますが、今は、一緒に仕事をしてくれる後輩たちを労うために飲みに誘って、全部自腹で支払うくらいしか思い付きません(笑)

そういう意味では、清原の気持ちもほんのちょっとだけ、金額にして1/100くらいは分かります(笑)

今後ともよろしくお願いします。
  • 2014-10-01 | 07:31 |
  • とし | URL |
  • [edit]
Re: 夢に対する投資
ベンさん、こんにちは。

おっしゃる通り、子供などに対してかけるお金というのは消費ではなく、
投資とも言えますね。
もちろん、より大きなお金が返ってくることを期待する投資ではなく、
凄い人間、立派な人間になってもらうための投資ですね。

妻にかけるお金、自分の趣味にかけるお金なども、
幸福感や充実感を得るための投資とも言えそうです。

投資にしても、消費にしても、倹約にしても、
明確な目的を持って行うのが良い結果を生むと、私も思います。
何のためにそこにお金を使うのか、何のために節約しているのか、
はっきりと説明できる行動を取れるように努めてゆきたいです。
  • 2014-10-01 | 08:44 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
としさん、はじめまして。
しゃあない商事さんのブログでいつも拝見させていただいています。

そうですね、将来に備えてある程度のお金を貯めることは、
不安なく老後を過ごすためにも必要なことだとは思いますが、
必要以上に貯め込んでも仕方のないことですからね。

お金を貯める目的が、老後の安心のためだけというのも悲しすぎるので、
有意義な使い方を見つけたいところです。
お金を使う計画を考えるのは、お金を貯める計画を考えるのと同じように、
計画を考える行為そのものも楽しいですしね。

清原さんも、資金管理ができていなかった部分は問題があるでしょうが、
惜しみなくお金を使えるあの心意気は、尊敬モノだと思います(笑)

余談ですが、ここまで「お金を使う」とずっと書いてきましたが、
正しくは「遣う」なんですね。勉強になりました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
  • 2014-10-01 | 08:44 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
財産とはお金、それとも?
突き詰めて考えてみると、投資とは単にお金を増やすためのものではない、というところに落ち着きますね。

もちろん、お金はあった方がいいに決まってますけどね。そのために株式投資等があるわけですけど。けれど、その代わりに何か大切なものを失ってはいない、という条件が付かなければ、それは、本当の投資とは言えないと、私は思います。

投資とは、人生をより実りのある豊かなものにするためのもの。そう思いたいです。
  • 2014-10-01 | 21:12 |
  • ベン | URL |
  • [edit]
Re: 財産とはお金、それとも?
ベンさん、こんにちは。

おっしゃる通り、財産をさらに増やすために投資をするわけですが、
その財産とは、お金に限ったことではありませんね。
人生を充実させる全てのものが、財産だと思います。
人間もそうですし、健康もそうです。

http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-323.html
この記事でも書いたことがありますが、それらを得るための投資であれば、
どんどんお金を投じてゆけるようになりたいですね。
  • 2014-10-02 | 08:34 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。