成功も失敗も、成功である

こんにちは、ゆうゆーです。

株式投資であれ、スポーツであれ、勉強であれ、料理であれ、音楽であれ、
今よりもさらに上のレベルを目指したいのであれば、
PDCAサイクルを絶えず回し続けることが、大切だと思います。
回すことは大切ですが、回し続けることが何よりも大切です。

ある人と、テニスの試合をしたとします。
結果、負けてしまいました。
何が悪かったのだろう? と考えた結果、
「バックハンドに安定性がなかったからだ」という結論になりました。

バックハンドを安定させるには、どういう練習をすればよいかと考え、
一日100回のバックハンドの素振りを三ヶ月間、続けることにしました。
そして、それを三ヶ月間、きっちりとやり遂げました。

そこで、前回負けた相手と再戦しました。
ですが、また負けてしまいました・・・。

またもや、バックハンドでのミスが目立つ負けとなってしまいました。
ですが、素振りをあれだけ繰り返したし、
球出し練習の時にはほとんどミスなく打てていたはずです。

よくよく分析してみた結果、走らされて打った時に体制を崩されて、
ミスが増えていることが分かりました。
素振りのフォームは完璧でも、走りながら打つという場合には、
素振りの時と同じフォームで打つこと自体、難しいものです。

そこで、走らされてもフォームを崩さないような練習を考えました。
考えたのが、足を使った素振りです。
前後左右に走りながら、あるいは止まった状態で、
また、高い打点や低い打点、スライス回転の場合やスピン回転の場合など、
いろいろなパターンを想定した、本番さながらの素振りを毎日行いました。

そして再度、同じ相手と対戦しました。
今度は、なんと勝つことができました。
内容も、バックハンドのミスはほとんどなく、大満足の結果です。


・・・まぁ、こんな感じで上手くPDCAを回すことができれば最高ですね。

もちろん「言うは安し、行うは難し」であることは、言うまでもありません。
「三ヶ月間、同じ素振りを行うぞ!」と決心しても、
三ヶ月というのは意外と長く、途中でやめてしまうかもしれません。

また、三ヶ月も素振りを続けたのに、次の試合で上手くいかないとなれば、
そこでもう上達の意欲を削がれてしまうかもしれません。
PDCAを回し続けることには、さまざまなハードルが立ち塞がります。

しかし、チャレンジ回数が無限にある以上、
一度目や二度目のチャレンジで失敗しても、失うものなど何もなく、
そこからは得るものしかないはずです。

それは失敗じゃなくて、
その方法ではうまくいかないことがわかったんだから、成功なんだよ。
【トーマス・エジソン】


素振りという練習だけをしても上手くいかない、と分かった自分は、
それを分かっていなかった頃の自分に比べれば、
明らかに成長していると言えるでしょう。

株式投資に置き換えても、全く同じことが言えると思います。
安定成長すると思っていた企業が、大幅な下方修正を発表したという屈辱は、
自分を成長させる願ってもないチャンスです。

ここで言う屈辱は、短期的な失敗に過ぎません。
その失敗を利用して、PDCAを回そうという姿勢を崩さない限り、
その失敗は必ず自分に成長をもたらしてくれるはずです。

もちろん、それは亀の歩みのような成長かもしれません。
ですが、そもそも健全な成長とは、亀の歩みのようなものなのでしょう。
亀の歩みが積もり積もって、うさぎにだって勝つことができるのです。

さらに、安定成長すると考えていた企業が見事に安定成長を遂げた場合、
成長は得られないかもしれませんが、
代わりに、自信というかけがえのない宝物が手に入ります。
自信の大きさも投資スキルの一つとみなせば、
失敗からも、成功からも成長を得られると言えるかもしれません。

向上心を持って挑戦し続ける限り、成功も失敗もプラスにしかなりません。
成功からは自信を得られ、失敗からは成長を得られるわけです。

ありがちな表現方法を使うならば、
成功 ≧ 失敗 >>>>> 諦め だと、私なら表現しますね。

成功も失敗も、そこで終わらずに挑戦し続ける限り、
長期的な目で見れば成功につながってゆく、という意味では、
どちらも成功だと考えてよいと思います。

PDCAサイクルの途中で、それ以上続けることを諦めてしまった場合、
これが本当の失敗なのでしょう。

「成長すると思っていた企業が、大幅な下方修正を発表する」
こんな屈辱が3回も続いた時、みなさんはどういう自分でいられますか?

PDCAサイクルは、自分の意思でやめようと思わない限り、
どんな逆境が来ても途切れることはありません。

どんな偉人でも、短期間でその高みまで辿り着いたわけではありません。
というよりも、短期間で辿り着けるような場所であるなら、
それは大した高みではない、とも言い換えられるでしょう。

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。
【イチロー】


何事においても、大成できるかできないかは自分次第だと言えますね。
関連記事

トラックバック

コメント

No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

PDCAサイクル自体の習慣化ですね。今の相場は少しくらい判断が悪かろうが全体増加分でその判断ミスが相殺されるので、「良薬を苦くない」形で飲んでいる投資家の方が多いと思います。そんなときだからこそ、PDCAを適切に行い、習慣としていきたいです。

さて日経平均は軟調ですが、小型株は好調ですね。
それとともに一年前のアークランドサービス、トレファクなどの、安定「割安」成長株のような銘柄がほとんどなくなってきたように感じます。

テンプルトン卿は著書で全体相場を図るときには、日経平均やTOPIXなどの指標によって判断するのでなく、割安な銘柄を探してどの程度の発掘があるのかという、市場のボトム(底)を出発点とされているようです。そういった意味では、それに近い(過熱気味?)状態に近付いているのかもしれませんね。

ゆうゆーさんの自己所有の銘柄のPERによってキャッシュポジションを調節するというのは素晴らしい考えだと思います。

ですが投資歴が短い私にはどうすべきかまだ確信がないものですから、現金保有率を(かなり)高めるに留まっています・・・。

まぁこれもPDCAにおける重要なレッスンとしてポジティブに捉えてはいるんですけどね(笑)
  • 2014-10-08 | 21:55 |
  • つぅ | URL |
  • [edit]
No title
こんばんは、ゆうゆーさん。

当記事はちょうど私にはタイムリーで、
今日保有銘柄をひとつ損切りしました。

いよいよ保有継続するまでの自信を保てなくなったためですが、
こういう失敗を単に失敗で終わらせないよう、
よく振り返って今後の教訓にしたいと思います。

こういう経験の積み重ねて成長していくしかないので、
今回の記事もとても励みになりました。

PDCAサイクルを途切れさせることなく、
今後も継続していこうと思います。
Re: No title
つぅさん、こんにちは。

おっしゃる通り、私のポートフォリオ全体のPERも、
一年前は10倍程度だったはずが、今は14~15倍くらいまで上がっています。

ただ、トレファクなどは昨年と比べても明らかに業績好調であり、
単に割安さの解消だけではなく、
成長性の再評価もあってPERが上がっている面もあると思います。

逆に、フジコーポなどの直近の業績がいまいち優れない銘柄は、
未だにPERが10倍そこそこという感じです。
私の想定する成長率15%が崩れていなければ、まだまだ割安なのですが、
「誰が見ても割安」的な銘柄は無くなってきましたね・・・。

ということで、一年前よりも現金比率を上げておくのが理に適っていますが、
どれくらいが適正な現金比率かというのは、答えのない問題かもしれません。

とはいえ、自分なりの具体的な考えをもって行動することは大切ですね。
PDCAの「P」を持たずに行動「D」しているようでは、
たとえ失敗しても、反省「A」のやりようがありませんからね。
  • 2014-10-09 | 08:06 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

ひとつの銘柄を見切られたのですね。
あまり振り返りたくないかもしれませんが、こういう行動を振り返ることは、
とても大事なことだと思います。
失敗をうやむやにしてしまうのは簡単なことですが、
それでは、同じ失敗を必ずまた繰り返してしまいますからね・・・。

私も、先日売ったトレファクの月次が絶好調であることを受け、
自分の分析あるいは投資行動は間違っていたのか、あるいは正しかったのか、
それとも、まだ結論が出せる段階にはないのか、
あまり振り返りたくありませんが(笑)、思いを巡らせています。

こういう、当たり前の地道な行動の積み重ねによって、
投資家としてのスキルはどんどん上がってゆくのだと信じています。
  • 2014-10-09 | 08:06 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、こんにちは。
遅レスですみません。。。。

PDCAサイクルですよね。社会人になって初めて聞いて、実際にそうだよなということを痛感します。

まずは計画を立ててアクションすることも大事ですよね。
アクション起こさずに後悔することも多いのですが、まずは最初の1歩を踏み出していこうと思います。
確か以前にゆうゆーさんのブログにも書かれていたような気もしますが。ギリギリのところで約定せずに上に持って行かれると厳しいですよね。
まさに今日がそれだったんですが・・・・・
タラレバはつきものですが、これもPDCAで検証できるでしょう。

最近は軟調な展開で滅入ってますが、なんとか乗り切りたいと思います。
再度しっかりと強固なPFを組んでいければなと思いました。

Re: No title
Junさん、こんばんは。

全くおっしゃる通りで、PDCAの全てが大切なんですよね。
P(計画)を立てることは大切ですし、PからD(行動)に移行することも、
とっても大切なことで、これができないケースも多々あります。

計画は、実行するために立てるのですから、
計画を立てたら、勇気を持って実行に移すことが大切だと思います。

指値がギリギリ刺さらずに上がってゆくというのは、とても悔しいですよね。
この場合も、成行注文にすべきだったのか、指値注文は正しい判断だったのか、
きっと結論づけられると思います。
そして、その結論をまた次回の投資行動に活かせばよいんですね。

株式投資に限りませんが、PDCAを絶えず繰り返してゆくことで、
きっとスキルアップしてゆけるものと思います。
  • 2014-10-09 | 22:07 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • MEANING ≫ 【宣伝】テニスブログ始めました
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。