他に安くて美味しい店があるのに、スシローが流行る理由

こんにちは、ゆうゆーです。

まず、以下のツイートを見てください。

271.png

これには、すごく共感してしまいました。
そうなんです、値段は同じくらいでもっと美味しい寿司屋はあるのに、
みんなスシローに行くんですよね。
なぜなのでしょうかね?

一言で言えば、安心感 ではないかと思います。

とある証券会社に勤めていたマーシャル・ワインバーグ氏は、
バフェット氏と昼食を共にした時の様子を、次のように回想しています。

(バフェットは)ハムとチーズのサンドイッチを食べていました。
あんなものを頼むなんて今時珍しいなぁと思いました。

何日か経ってから、また一緒に昼食をとることになりました。
「この前のレストランにしましょう」とおっしゃるので、
「この前言ったばかりですよ」と私は言いました。
そしたら、こんな答えが返ってきました。

「ごもっとも。しかし、何故わざわざ店を変えるようなリスクを冒すのですか。
あの店に行けば、どんなものが出てくるか確実に分かるじゃないですか。」

私はこのバフェットの言葉を聞いた時、
思わず「分かるわー」と納得してしまいました。

店を変えるのは、私にとってはリスクなのです。
このリスクを冒したくないという気持ちが、他に安くて美味しい店があるのに、
多くの人がスシローへ通い続ける理由ではないかと思います。

先ほど「値段は同じで、もっと美味しい寿司屋はあるのに」と書きましたが、
中には逆に、どこをとってもスシローに劣るような店だって存在します。
みなさんも、一度はそういうお店を引き当ててしまった経験があるでしょう。
それは、その店に一度行ってみないことには分かりません。

「余計なリスクを冒したくない」「新しいことにチャレンジするのが嫌」
という人は、世の中の結構な割合を占めていると思うのです。
公務員という職が人気なのも、同じことかもしれませんね。

そういう方にとって、スシローというお店はとても重宝するでしょう。
全国どこのスシローに行っても、いつも同じメニューが同じ値段で、
ほとんど変わらない同じ味で出てくるし、店の雰囲気もほとんど同じで、
ボッタクリ店である心配もありません。

見知らぬ土地に引っ越さなければならない、という時に、
近くにスシローの看板を見つけたら、たぶんホッとするのではないでしょうか。

もちろん、好奇心旺盛でグルメな人や、食の安全に過敏な人などは別です。
そんな人は、絶対にスシローやかつやなんて行きません。
知る人ぞ知る穴場スポットを探すべく、日々新しいお店を探し続けるでしょう。

ただ、そのような人間はこの世の中では、少数派ではないかと思います。

多くの人間は、スシローの近くにそんな良いお店があったとしても、
永久にそのお店の存在を知ることはなく、
相も変わらずスシローに通い続けているでしょう。
これはある意味、精神的ストックビジネスだと言えそうです。

スシローや吉野屋、ココ壱、王将、ファミレスなどの外食チェーンは、
安心感を武器にこれからも生き残り続けるだろう、と私は予想します。
マクドナルドだって、そのうちきっと復活するに違いありません。


・・・よって、かつやも安泰だと思います(笑)
関連記事

トラックバック

コメント

No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

スシローは我が家も大好きで通っています(笑)。

今回の記事の件、まさにその通りですね。
特に私のように小さな子供がいて、
まだ食べられるものも限られていて、
かつ好き嫌いが多いといった時に、
確実にスシローにいけば、
あれが食べられるというのがあると、
まぁそこで安心して食事をしようとなります。

漁港の街で、より品質が高い(と期待が大きい)店があったとしても、
夫婦だけなら、チャレンジしてみようともなりますが、
子供が一緒だったりすると、
とはいえ、何も食べさせられるものがないと困るということになって、
結局無難な選択になりますからね。


かつやにしても同じだと思います。

地方に出張した時に見慣れない地元店があったとしても、
余程、食べログでチェックし、ある程度の自信と期待がないと、
店には入りません。
結局そういうチャレンジしたいという店が見つからないと、
無難な選択になるわけですからね。

日常の外食のシーンなどにおける心理状態から、
チェーン店のの強みを改めて考えてみると面白いですね。

そういう意味ではシュッピンなども、
最初の中古売買に対する不安があって敷居は高いものの、
一度成功体験が得られると、
今後もそこで取引しようと思いますね。
商品管理や売買方法などが異なるリスクを敢えてとって、
新たにキタムラで中古品取引をするようなことは少ないと思います。
ポイントなどもよい囲い込み材料ですよね。

いつも参考になる記事をありがとうございます。

Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

返事のコメントが遅くなって申し訳ありません。
今日は体調が悪く、一日寝込んでいました・・・。

おっしゃる通り、特に子供がいる家庭なんかだと、
余計なリスクを取るより無難な選択に走ってしまいますよね。

かつやとかスシローのような外食チェーンって、値段はとても安いし、
かといって味もそれなりに美味しいわけで、
その味に納得していれば、わざわざ店を変える必要性を感じないんですね。

いつかはあの店に行ってみたい! と思っていても、
その「いつか」は永遠に来なかったり・・・。

よほど好奇心旺盛な人でもない限り、
どんな料理が出てくるか確実に分かる外食チェーンは大きな魅力ですね。

シュッピンのマップカメラもまさにおっしゃる通りで、
ある意味、精神的ストックビジネスではないかと思います。
ヤフオクなんて、もう他が太刀打ちできない地位を築き上げていますね。
マップカメラもいつかそうなってくれることを夢見ています。
  • 2014-11-13 | 17:03 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。