PEGレシオ(その2)

こんにちは、ゆうゆーです。

前回、PEGレシオの理論的な話について説明しました。
今回は、ちょっと現実的な話をしたいと思います。

まず、PEGレシオについてのおさらいです。
PEGレシオの算出式は、以下の通りでしたね。

PEGレシオ = PER ÷ EPS成長率

このPEGレシオが1.0程度なら妥当水準で、これ以下だと割安、
これ以上だと割高だという判断になります。

さて、このPEGレシオの算出式を見て、何か感じませんか?

・・・そうです、式中の「EPS成長率」の正確な数字は、
いったいどうすれば分かるというのでしょうか?

昨年→今年、の成長率を使いますか?
過去5年間の成長率の平均値を使いますか?
過去10年間の成長率の平均値を使いますか?
ROEをそのまま成長率に当てはめますか?

どの数字を成長率として採用したとしても、
実際の成長率とは、けっこうな差が発生してしまうことは免れません。
結局のところ、正確な成長率は結果からしか分からないのです。

私の場合、「過去3年~7年の成長率」と「常識」を考慮して、
成長率を想定するようにしていますが、これも目安に過ぎません。
ですので、PEGレシオも完璧な指標ではないということです。

とは言うものの、全く使えないわけではありません。
想定した成長率が、10%と20%のように大幅に違う場合は、
実際の成長率にもやはりそれなりの差が出るものです。
両者が同じPERで売られているような場合、
当然PEGレシオの低い成長率20%の方を買うのが良いでしょう。

ですが、14%と15%の差などは、もはや算出の誤差レベルの話ですので、
ここまで正確に算出して差別化することに意味はないと思います。

また、どんな計算式で算出するにしても、
あまりに高い成長率が出た場合は注意しなければいけません。

私は、(成長率は)20~25%の範囲が好ましいと思っている。
25%以上の会社については警戒を要する。
50%の会社も絶好調な産業には見受けられるが、
そのような会社がどうなるかは、もうあなたは充分想像がつくだろう。
【ピーター・リンチ】


成長率は、高ければ高いほどよいというものではありません。
50%もの成長を、長期に渡って続けてゆくことなどできないのです。
それを無理に達成しようとすれば、必ず経営に無理がかかってしまい、
とてもハイリスクな経営になってしまいます。

ピーター・リンチは25%までは正常な成長率と判断しているようですが、
私の場合はもう少し保守的で、20%を上限とみています。

特にゆうゆー投資法の場合、過去数年間の成長の実績を基に
今後の成長を読みますので、成長の初期に投資することはできません。
長期成長企業であっても、大抵は初期の方が成長率が高く、
成長が進むにつれてその成長速度は徐々に落ちてゆくものです。
ですので、私はピーター・リンチより少し基準を下げているわけです。

EPS成長率に限らず、いろいろな指標を独自の数式を用いて
算出することは悪いことではありませんが、
出てきた数字が常識で考えて妥当な数字なのかどうかは、
必ずチェックするようにしないといけません。

また、PEGレシオという指標は成長株のみに適用できる指標ですので、
そこのところは注意が必要です。
(例えば年率2%成長企業の適正PERが、2倍であるはずがない)

少なくとも、証券会社のスクリーニング機能を使って
PEGレシオが0.5以下のものばかりを選び出すことが、
いかに無意味なことかは、お分かりいただけたかと思います。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。