買値より上がっている株を買い増せるか?

こんにちは、ゆうゆーです。

先日の週間成績発表の記事に対するコメントを読ませていただいていると、
買値よりも上がっている銘柄を買い増すのに抵抗を持たれている方というのは、
結構いるのかもしれません。

先日、私はフジ・コーポレーションの買い増しを行ったのですが、
その買い増しがまさにこのパターンでした。

買い増しを行う前のフジコーポの平均取得単価は1033円で、
300株を保有していました。
その後、1354円にて100株の買い増しを決行したため、
平均取得単価は1113円まで上がってしまいました。

この平均取得単価の上昇という現象が、
多くの方にとっては、精神的に受け入れがたい要因のようです。

確かに買い増す前までは、フジコーポの株価が1033円以上であれば、
とりあえずは含み益をキープできる状態でした。
それが、買い増しして平均取得単価が1113円まで上昇した途端、
1113円を切った時点で、含み損に転落してしまう状態になったわけです。

含み損へ転落するリスクは、買い増しによって明らかに上がったと言えます。
また取得単価の上昇により、買値からの上昇率も下がってしまいました。
現在のフジコーポは33.9%の含み益ですが、
もしも買い増しを行わなかったら、44.2%の含み益となっていたのです。

では、買い増しを行わない方が良かったのか?
もちろん、そんなことはありませんね。

100万円の株を買って、1000万円まで値上がりしたとします。
つまり、テンバガーです。
証券口座のページには、+900%という桁違いの上昇率が記載されており、
これを眺めているだけでも飽きないものです(笑)

次に、同じように100万円の株を買って1000万円まで値上がりしたケースで、
仮に300万円の時点で買い増ししていたら、どうなっていたでしょうか?

もともとの取得単価が100万円だったところに、300万円で買い増ししたので、
平均取得単価は200万円に上がってしまいました。
つまり、その株が1000万円に上がったとしても、
証券口座に表示される上昇率は、+400%にまで落ちてしまいます。

+900%と+400%、どう考えても+900%の方が見ていて気持ちいいですよね。

しかし一方で、上昇率ではなく含み益の大きさに目をやると、
買い増ししなかった場合は900万円の含み益に留まるのに対し、
買い増しした場合は、1600万円の含み益にまで成長しているのです。

感覚的な話ではなく、実際のお金を最大化したいのであれば、
平均取得単価などというまやかしに引っかかってはいけません。

建値を忘れよ。
【相場格言】


企業価値と株価との差に着目して投資するファンダメンタル投資家にとって、
建値(買値)などというものには何の意味もありません。

値上がりの場合だけでなく、値下がりの場合も同じことが言えます。
100万円の株が70万円に下がった場合、-30%の含み損です。
しかし、そこでナンピンをすれば、平均取得単価が85万円にまで下がり、
含み損は-15%にまで縮小します。
ナンピンは、下落率を下げる魔法の手段にも見えてきますね。

しかし、これが単なるまやかしに過ぎないということは、
もう言うまでもないでしょう。

今のその株に対する自信はどの程度なのか?
そして、その自信の大きさに応じた保有量となっているのか?

この辺を意識して売買することの方がよっぽど重要なことであり、
今の値上がり率がどう変わるかを考えて売買するなんて、馬鹿げています。

今回の私のフジ・コーポレーションのように、
「下がったら」ではなく「割安になったら」買うということを心掛けていれば、
元の買値よりも上で買うことになるケースも、結構あるはずです。

「平均取得単価が上がる買い増しは、抵抗があるな・・・」
こんな気持ちに打ち勝って、自信が増した銘柄は思い切って買い増すことで、
もしかしたら、今まで見えなかった新しい世界が開けるかもしれません。

自信のあるチャンスに出会った場合の唯一の合理的な方法は、
大きな投資をすることである。
【ウォーレン・バフェット】
関連記事

トラックバック

コメント

今回の記事はびっくりでした
こんにちは、シーです。
いつも楽しみながら拝見させて頂いております。

今回の平均所得単価の記事を見て、私の考えは人と少しずれてるのだな
と気付かされました。


『平均所得単価の上昇は多くの方にとっては、精神的には受け入れがたい要因』

いやあ、知りませんでした泣
自分の場合平均所得単価の上昇はよくある事なので気にも留めてなかったです。頭のネジが1.2本外れているのかもしれませんね笑


兎にも角にも、ゆうゆー様と同意見(相場を知らない初心者が同意見というのもおこがましいですが...)で安しました。

遅くなりましたが、社長就任おめでとうございます。お伝えするのが遅くなり申し訳ありません。


それでは失礼します。



  • 2014-12-22 | 02:26 |
  • シー | URL |
  • [edit]
ゆうゆーさん おはようございます。

今年も残すところあと僅かになりましたね。

年末に入ってから、いろいろと忙しくなってきて、なかなかコメントできませんでしたが...

いつも楽しく読ませてもらってます!

買い増しのタイミングは、正直いつも迷うことではあります...

株価が急上昇を始めて、勢いがあり、新高値を更新しており、成長ストーリーになんら毀損なく、まだまだ割安な域であると判断できれば、躊躇せず素直に買い増ししておけばいいわけなんですが...

実際には、かなり下のほうに指値を入れてみたり、「ああ...買うタイミング逃して上がっちゃったよ!こりゃ見送りだなぁ...。」

と思ってしまうんですよね。

上記のような状況で買い増し(平均取得単価を上げる)するのは

(成長ストーリーにはなんら毀損はなく、見通しも良いのに一時的に)売り込まれて含み損となっているものをナンピンするより、ある意味勇気がいる気がするんですよ。(私は)

もちろん感情抜きにして、考えれば非常に合理的な選択だということも理解できるんですけど(苦笑)

まだまだ経験不足だなぁ...と思ってしまいました。

(チョット早いですが)今年を振り返ると、やはりまだ自分のなかで「株価だけしか見てない」ときがあるのだな、と反省しつつ...最後まで気を引き締めて臨みたいと思います。




  • 2014-12-22 | 07:14 |
  • カイト | URL |
  • [edit]
Re: 今回の記事はびっくりでした
シーさん、はじめまして。

平均取得単価の上昇をもともと気にされないのでしたら、
それはそれで全く問題のないことですね。
こんな記事のことなんて気にせず、今のまま突っ走っていってください(笑)

実は、私もそこまでは気にしていませんでしたが、
前の記事のコメントを読ませていただき、
気にされる方も結構多いのかな、と思って記事にさせていただきました。

社長の件、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
  • 2014-12-22 | 08:10 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
カイトさん、こんにちは。

上昇した後であろうと、下落した後であろうと、
同じ銘柄で、(自分の予想したEPSから算出した)PERが同じであれば、
今後の期待値は同じなんですよね。

ですが、上昇した後というのは何となく高くなっている感じがして、
なかなか買い向かえない、という気持ちはすごく分かります。
しかし、先週大上昇したフジコーポといえど、PERはまだ10倍そこそこで、
決して割高とは言えないんですよね。
(もちろん、フジコーポという企業自体を信じていないのなら別ですが・・・)

チャートとか、買値からの上昇率(下落率)なんて完全に無視してしまって、
絶対的な割安さに着目して取引できるようになりたいですね。
(私も頭では分かっているんですが、なかなか難しいです・・・)

カイトさんのコメントにはいつも共感させていただいています。
今年の良かった部分、悪かった部分を振り返って、
来年はお互い、さらにレベルアップできるように頑張りましょう!
  • 2014-12-22 | 08:10 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
ゆうゆさんて投資資金少なすぎませんか?
  • 2014-12-22 | 21:36 |
  • 野菜畑 | URL |
  • [edit]
No title
受け入れがたいとまではいいませんが、平均化されるのは、ちょっと嫌なタイプです。
取得単価が平均化されると、1つ1つの取引時の売買判断が正しかったか等が一見して判断できなくなってしまうので。
なので、同じ銘柄を買い増しする時は、複数の口座で分けて買ってます。

ただ、それ以上に思うのは、上昇した後に買い増しできる場面がなかなかないことも原因なのかなと思います。

上昇した場合は、割安感は薄まっており、その上昇分を超える強力な材料が出たと確信できる場面が少ないからです。1個1個の材料は一過性のものであることが多く、株価上昇を超えるほどの半永続的な材料に恵まれることがない(あっても、気づけない)からかなとおもってます。

年に1回あればいい方でしょうか。
それも、いい材料が出て上昇して、その後材料がでる寸前の水準まで株価が落ちた時ぐらいじゃないと買えないです。


そのため、ゆうゆーさんはいい銘柄を選ばれ、材料分析が優れているという根拠が培われているのだと感じました。
根本的な質問
フジ・コーポレーションについてですが、自分は同業他社と比べて、独自性、優位性を感じることが出来ませんでした。いつだったかに見た時にperで10倍以下でしたが、「だろうな。」と思いました。
ゆうゆーさんは、何をみて、今後も高い成長性を維持できるであろうと思われているのでしょうか?

今までのそれはそれなりに評価できる成績とは思います。
8倍は割安10倍台はあってもよいだろう。といった算段ならわからないでもないですが、小資本で、長期保有が前提の方にとっては、
こんなの狙っていたのではいつまでたっても資金は増えないってものだと思います。

また来期については、まだこの規模の会社でしかないのに10%の伸びも予定していない。ましてや売ってる商品は自社ブランドでもなんでもない。そのへんの汎用品。

何故そんなに思い入れをもてるのかとても疑問に思いお聞きしてみました。

  • 2014-12-23 | 01:08 |
  • 闘う相場師 | URL |
  • [edit]
Re: No title
タカさん、こんにちは。

今のような相場では、割安さはどんどん失われてゆく一方なので、
上昇してさらに買い増しするような場面はあまりないかもしれませんね。

または、新たな材料が出たという場合ではなくとも、
個人的な理由で割安さがアップするということもあるかと思います。

例えば、今までは成長率10%程度だと思っていたものが、
再度分析し直した結果、実は20%くらいの成長率があるのではないか、
と考え直した場合などですね。

こういう時に、株価や会社予想PERが少々上がっていたとしても、
割安さがそれ以上に増したと判断し、買い増しを決行できるかというのは、
大事なことではないかと思います。

私はたまたま買い増しが上手くいっているだけなのかもしれませんが、
いずれにせよ、自分の分析結果を信じて、
それに忠実に従って売買することが大切ですね。
たとえ失敗しても、自分で考えて行動した結果なら今後に繋がりますからね。
  • 2014-12-23 | 07:54 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 根本的な質問
闘う相場師さん、はじめまして。

私がフジコーポを評価している理由は、ほぼ以下に書いてあります。
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

「同業他社と比べて、独自性、優位性を感じることが出来ない」とありますが、
そもそも、同業他社がほとんど存在しなければどうでしょうか?
ALサービスの「かつや」だってそうですが、
商品そのものに優位性があるかと言われれば、はっきり言って疑問です。

ですが、かつやには驚異になるような同業他社がほとんどいないのですから、
客としては、安くかつ丼を食べようと思えばかつやしか選択肢が無いわけです。
ここが、ゼンショーの「すき家」とは決定的に異なる部分です。

カーマニアがスタッドレスタイヤを買おうとするのに、
近くにフジのショップしか無ければ、そこに行くしか選択肢はありません。
まさかカーマニアが、オートバックスには行かないでしょう。

私は、投資手法の中で「他社との競争激化」に対する耐性を分析しますが、
それには「競争に勝つ」か「競争を避ける」かの、二通りの道があります。
ALサービスやフジコーポは、後者に該当すると思うのです。

もちろん、今後も店舗を増やしてゆけばいつかは同業他社とぶつかりますから、
いつまでも安泰というわけではありません。
今はまだ安泰だと思っているだけです。

また、「10%の伸びも予定していない」とありますが、
実際には10%以上伸びる可能性大だと、私は予想しています。
理由は以下に書いてあります。
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-379.html
  • 2014-12-23 | 08:01 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
返信ありがとうございます。
>そもそも、同業他社がほとんど存在しなければどうでしょうか?

これは、同業上場会社がという意味ですよね?

タイヤ専門の業者というのは、それこそ、ずっと昔からあって、
地域、地域でカーマニアからアフターフォロー含めて愛されている会社が必ず1,2社はありますよ。

カーマニアがオートバックスに行かないと定義するなら、フジにも行かない気がします。

行くとすればどこにでもある商品が大量仕入れのおかげで安く手に入る。
そのあたりしか私には考えられません。

マニア心に訴える品揃えとは思えないから独自性に疑問といったのと、カーマニアはそもそもが絶滅の危機に瀕してますから耐久消費財を売るカテゴリーに入れないと成長は難しいですよね。

こーなると差別化は価格の叩き合いであり、SPAのユニクロが伸びていった価格革命とは大きく異なると。
そんな気がしています。まぁ今後どんな成長エンジンがでるかわからないし、エンジンが出せる会社の可能性は大いにあるとは思いますが。現状では機関の担当者は買う理由付けができないので買わない(=低per)でしょう。

追伸:かつやは私もなんでこんなに株価が伸びないんだろうと
不思議に思っています。親会社の社長の評判が悪いから?とか思ったりも(笑
  • 2014-12-23 | 10:44 |
  • 闘う相場師 | URL |
  • [edit]
Re: 返信ありがとうございます。
闘う相場師さん、こんにちは。

個人でやっているような小さな同業も含めるなら、確かに数多くありますね。
ただ、そういう所がフジとの競争に勝てるかと言われれば、
私は勝てない(全く歯が立たない)と思います。

例えば、街の小さな自転車屋は世の中に数多くありますが、
あさひ自転車のような大きな自転車チェーン店ができてくるにつれ、
どんどんシェアを奪われ、廃れていっているはずです。

私が考えるこの理由は、次の記事を読んでいただければと思います。
(他に安くて美味しい店があるのに、スシローが流行る理由)
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-entry-364.html

ちなみに、オートバックスとフジはかなり異なると思いますよ。
私はカーマニアではないので、タイヤのことは詳しくは知りませんが、
フジのネットショップ等のサイトを見る限り、
ターゲットをマニア向けに絞っていることは明白です。

ただ、(タイヤに詳しそうな)闘う相場師さんがそうおっしゃるのなら、
真のマニアはフジでも買わないのかもしれません。
一般大衆と真のマニアの中間あたりが、メインの客層なのかもしれませんね。

また、私が考えるフジコーポの成長エンジンは、
「出店エリア拡大」「フジのお店(タイヤ)の認知度向上」の二本柱です。
今までもこの成長ストーリーで安定成長を遂げています。

もちろん、上記は全て私の想定に過ぎませんので、
私の分析に納得がいかないのなら、その判断を重視されればと思います。
  • 2014-12-23 | 12:03 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
むむ(-_-;)
某有名トレーダーとおんなじようなこと言ってるので、びっくりしました。

資金が大きくなるほど、%じゃなくて金額を意識すること。
Re: No title
よしこさん、はじめまして。

証券口座に表示される%表示に惑わされないようにしたいですね。
今後ともよろしくお願いします。
  • 2014-12-24 | 05:53 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
おはようございます(本日2度目)
これまた私にとってタイムリーな記事をありがとうございます。

買い増しを躊躇った理由として、自己分析してみると、取得単価が高くなって含み損に突入し易いという他、一つの銘柄の建て単価(玉)が大きくなりすぎて精神的にキツく、日々の株価の変動に悩まされるという理由もあるように思います。

期待値だけみれば『買い』であっても、メンタルのレベルがついていってない状態、『ポーカーでいい手役が入っても、相手が賭け金をどんどんレイズして、金の圧力にドロップしてしまう状態』に近いかと思います。

今回の記事は、そんな私の弱い部分が浮き彫りになっているようでした。
いつもいつも参考になる記事、ありがとうございます。
  • 2014-12-24 | 08:04 |
  • 遅咲きの桜 | URL
  • [edit]
Re: No title
遅咲きの桜さん、本日二回目のコメントありがとうございます。

買い増しを行うことで、その銘柄が動いた時の利益の変動幅も大きくなり、
精神的な負担は増えてしまいますね。

理想論は所詮、理想論でしかないという部分は確かにあると思います。
例えば、今日から資産運用額が今までの5倍に急に増えたとして、
今までと全く同じような投資ができるかと言われると、できないでしょうね。

強いメンタルも、一朝一夕に得られるものではなく、
長い年月をかけてゆっくりと身につけてゆけるものなのでしょう。
企業分析スキルも、メンタルスキルも、資産額も、
徐々に徐々に上昇してゆけるよう、PDCAを繰り返すのみですね。
  • 2014-12-24 | 08:30 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。