週間成績発表[93週目]

こんにちは、ゆうゆーです。

今週は、TOPIXの+2.9%に対し、ゆうゆーは+2.4%でした。

年初来では、TOPIXが-0.3%、ゆうゆーは+1.1%となり、
通算では、TOPIXが+23.3%、ゆうゆーは+138.1%となりました。

299.png

300.png

木曜日までは苦しい展開が続いていましたが、
金曜日の午後になってようやく主力のフジコーポにもエンジンがかかったようで、
週間成績ではTOPIXには負けたものの、満足できる成績になりました。

まぁ、フジコーポはエンジンがかかったといっても、
先週エンストして大きく下がった分を取り戻しただけなんですけどね・・・。

また今週、ブログ外ではフジコーポとDVxの通常口座保有分の一部を、
今年のNISA枠へ移す作業を行っています。
これで、今年のNISA枠ももう大半を既に使い切ってしまいました。

参考までに、私のNISA口座は昨年の分も含め、
ALサービス、フジコーポ、DVxの三銘柄のみで埋め尽くされております。
実は他にも持っていたのですが、失敗と判断して売ったものが若干あります・・・(>_<)

通常口座であろうとNISAであろうと、
基本的には投資基準などを変える必要はないと思っているのですが、
中でも期待値が高く、息の長そうなものを優先してNISAに組み込んだ結果、
こんなラインナップになりました。

尚、ここまでのトレファク、シュッピンの二大未練銘柄の動きは似ており、
どちらも今週の中旬あたりまでは、飛ぶ鳥を落とす勢いで上昇したものの、
そこから週末にかけて、坂道を転がり落ちるような展開です・・・。

今週の中旬くらいまでの展開を見て、
「やっぱり良い株は、上がってゆくものなんだよ」と思った人もいれば、
今週末の結果まで見届けてから、
「やっぱり割高な株は、下がるものなんだよ」と思った人もいるでしょう。

そして、このどちらの考えも、私は馬鹿らしいと思っています。
私はこれらの株が今週上がったのも下がったのも、どちらも偶然だと思いますし、
これらの動きが来週以降の値動きに影響を及ぼすとも思っていません。

数日、数週間、数ヶ月という短いスパンの値動きを見て、
「やっぱり良い株は、上がってゆくものなんだよ」
「やっぱり割高な株は、下がるものなんだよ」

こんなことを言っている人がいたとしても、私はそれを無視したいと思います。

目をつけた銘柄の株価の目的地は、おおよそ予測できる。
しかし、いつ、どういう経路を通ってそこに辿り着くかまでは予測できない。
【ゆうゆー】


私がおおよそ予測できるのは、今から5年間という長いスパンで考えれば、
トレファクやシュッピンは平均年率15%~25%程度のペースで成長するものの、
やや割高であるため、株価はそれよりも少し低いリターンに落ち着くだろう、

ということだけです。

大きく上がってからの半値戻しで、そのあたりの年率に落ち着くのか、
ずっと横ばいが続いた後、最後の一年で3倍になってその年率になるのか、
そこは全く予測できません。


さて、これからまた四半期決算のシーズンを迎えますね。
ゆうゆーの保有銘柄では、DVx、エスクリが3Qの決算発表、
ALサービスが通期の決算発表を控えています。

まずは、来週発表予定であるエスクリの予想をしておきたいと思います。

■エスクリ(1/30 発表)
ゆうゆー予想
3Q単独 : 前年同期比 5%増益(営業利益)
3Q累計 : 前年同期比 10%益( 〃 )

受注残、消費増税の影響、好調な建築・内製事業、前年同期の良すぎた数字など、
総合的に勘案した結果、ゆうゆーの予想は上記の通りとさせていただきます。

前回の2Q決算発表を受けて株価は暴落してしまいましたが、
エスクリの業績は完全に下半期、特に3Qに編重していますので、
3Q次第では急激に戻すことも考えられますね。

もちろん、相当に悪ければさらなる下落が待っているわけでもありますが、
現状でも会社予想PERが8.5倍とかなり低いため、
3Qがある程度悪いことが、既に株価にも織り込まれているような気がします。

下方修正でも出ない限りは、予想より悪くてもヨコヨコ継続、
予想より良ければ低PERの解消と共に急上昇
、というストーリーを描いています。


最近は忙しくて、あまり株式投資に集中できない状況が続きそうですが、
保有株の決算だけは、しっかりとブログでもフォローしてゆきたいと思います。

コメント

No title
ゆうゆーさん、こんばんは。
今日のお言葉も深いですね。
ただ心に膿みたいに溜まっていたものが落ちた気がします。
やはり直近の株価というかテクニカル的なトレンドの変化が
気になってしまい、少しブルーになる癖が抜けなかったですが、
株価の経路というのはすごく腑に落ちたご説明でした。

No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

社長に就任されて忙しくされていることと思いますが、
いつものようにこのようにブログを更新されていて、
頭が下がります。

シュッピンについては、
私はゆうゆーさんの仰る通りと頭ではわかっていますが、
実際には、騰がった、下がったで
一喜一憂してしまう気持ちが残っています。

とはいえ、以前のように達観して見ていられるようになった点は、
明らかに以前からみて自分も成長したなと感じます。

来週がどうなるかわかりませんが、
適量を残せたと認識しているため、
成長シナリオに変調がなければ、優待を使いながら
長期保有していきたいと思います。


エスクリは私も買付するか今でも迷っています。
ただ、私は少なくても3Q決算を待ちたいと思います。
これを待ってしまうと、どちらに転んでも買えないまま終わりそうですが、
それはそれでご縁もあるので仕方ないと思います。

ゆうゆーさんの予想は私に印象からはやや保守的な感じも受けますが、
確かにこれくらい冷静かつ慎重な予想が現実的なのかもしれませんね。

これからも応援しております。
お久しぶりです!
いまだに保有しているトレファクですが割高警報発令中ですね。。。
この状況で売らない方が少数派なのも間違いないでしょうね笑

ただ馬鹿げているかもしれませんが将来的に時価総額1000億越えてくると踏んでいるので仰るように途中で割高だろうが割安だろうがゴールを目指して爆損覚悟でホールドです笑

ちなみに随分昔に買ったドンキホーテという銘柄ですが時価総額6000億越えて来そうな勢いでいまだに割高ですが1株も売っていません。。。
Re: No title
ユリウスさん、こんにちは。

そのように納得していただけることで、やっぱりそうなんだな・・・と感じます。
テクニカルで儲けるというスタイルの方は、それはそれで良いと思いますが、
企業の業績先行きと割安さに着目して投資するスタイルの場合、
テクニカルを無視することが、確実に成功をモノにする秘訣だと思いますね。

まぁ、口で言うのは簡単なのですが・・・鍛錬の日々ですね。
Re: No title
まるのんさん、こんにちは。

ブログの更新は、さすがにペースは落ちてきてはいますが、
完全に休止してしまうよりは、今くらいのペースでも続けてゆきたいですね。
最低でも週間成績発表だけは必ず書いてゆこうと思っています。

シュッピンは上にも下にも激しいですね・・・。
しかし、まるのんさんは値上がりと共に部分的な売却を進めていますから、
また大きく下がれば買い戻しも考えられるという意味では、
上がっても下がっても精神的には楽でいられるのではないか、と思います。

エスクリは保守的ですかね・・・?
3Q単独は前年が良かっただけに、なかなかハードルが高いと読んでいます。
ただ、4Qは逆で前年がいまいちでしたので、ここでそれなりに盛り返して、
通期には前期と横ばいか、僅かでも伸びてくれれば御の字ですね。
強気な会社予想に届かせるのは、かなり厳しいと見ています。

まぁ、いずれにしてもこれらは短期的な業績予想に過ぎませんから、
長期的な予想が↑であれば、ホールドで良いんですけどね。

こちらこそ、これからもまるのんさんを応援しております。
Re: タイトルなし
自由を金で買った元リーマンさん、こんにちは。

割高と一口に言っても、PER30倍とPER60倍では全く意味合いが異なるので、
トレファクは数年後を見据えるならば、今は割高とは言えないと思いますし、
今ホールドされている方はそういう考えで保有されているのでしょう。

これは、正しい考え方だと思っています。
私がトレファクを売ったのは、他に魅力的な銘柄があったという要因が大きく、
私がシュッピンを売ったのは、その時点でのキャッシュ比率が少なすぎた、
という要因があったからですね。
仮にこれらが無ければ、今くらいのPERだったら一部は持っていたでしょう。

というわけで、自由を金で買った元リーマンさんの判断は正しいと思います。
No title
ゆうゆーさん、こんにちは。
自分もホールド銘柄2つが決算を迎えていて、そのうち1つがエスクリで、エスクリは正直自信がないので、かなり気になってます(エスクリの成長要因がいまいち見えないため。リクルートなどの大手との人脈?)。
低PERと成長性を見込んで買ったものの、ここに来て、成長性にブレーキがかかり、来期が大幅減益なんて思える数値が出ると、一気に株価が落ちそうだなと・・・。モルガンとブラックロックが空売りしているのが何か掴んでいるのかという不安を誘います。

エスクリが3Qでどうなるかはわかりませんが、業界は前年より悪化しているかは経産省のデータで調べることができました。10月と11月の合計では若干ですが、結婚式場の1件当たりの単価と取扱件数が増えています(12月分は判明しておらず、来月公表のようです)。

そのため、10月11月の合計で言えば、業界全体は別に悪くないので、後はエスクリがしっかり結果を出せるかどうかが肝心と思ってます。皆が2Q決算のため不安を覚えている時こそ期待と結果のギャップが生じやすく、いいサプライズが生じやすいと思い、ホールドして決算を迎えます。

Re: No title
タカさん、こんにちは。

おっしゃる通り、エスクリの強みは私も完全には理解できていません。
成長要因は「施設数の拡大」で間違いないでしょうが、
これだけでは、ライバルのひしめき合う業界で生き残ってゆくことは、
不可能ですからね・・・。

ともかく、エスクリの次の3Q決算は一つ大きな鍵を握っていることは、
間違いないでしょうね。
大幅減益ということであれば、私も当然売りを考えます。

ただ、今までの長期安定成長の実績を考えるとそれも考えにくく、
さらに株価が、ある程度の業績悪化を織り込んでいる水準であるため、
決算が意外に良かったということになれば、大噴火も有り得ると思います。

決算発表後の答え合わせが楽しみですね。
返信ありがとうございます

今の時点で社長が世界100ヵ国展開を語っていますね
これが普通の社長が言っているなら笑い飛ばす所なのですが大学を出て1店舗から20年で1部上場を果たしここ10年で 店舗数5倍 売上高9倍にした男ですから凄味を感じます。
現実的に可能性は低いとは思いますが成長が止まるまでは見て見たい銘柄ではあります
Re: タイトルなし
自由を金で買った元リーマンさん、こんにちは。

100ヵ国ですか、それは凄い野望ですね。
日本を完全に制覇できれば、不可能ではないのかもしれませんが・・・。

まずその前に国内で、セカンドストリートとの争いになると見ています。
今は店舗数でも、セカンドストリートに先を越されている形ですが、
これまでは地域を住み分けていたようで、共存共栄を果たしてきました。

しかし、ここに来てセカンドストリートの領域であった関西に、
トレファクが進出してきており、これは争いの前兆のようにも見えます。
今後数年間はまだまだ本格的な争いにはならないと思いますが、
その後、両社の構図がどのようになってゆくかは見物でしょうね。
No title
ゆうゆーさんこんばんは。


このパフォーマンスに関してひとつ疑問があるんですが、評価益がキリの良い数字になっていますよね?


通常、株の売買には手数料がかかると思うのですが、それは計算されていないんでしょうか?


また株式には通常20%強の譲渡税がかかると思うのですが、それも計算されていらっしゃいませんよね?かなりの額の利益確定をこれまでも行っていらっしゃるので譲渡税の額も相当なものだと思います。


この2点に関してなぜ考慮されないのでしょうか?パフォーマンスランキングの他の方はおそらく考慮されて計算されている方がほとんどの中で、手数料も譲渡税も計算しないのであればパフォーマンスが良くなるのは明らかです。


実際に投資口座の中で運用されているのであれば口座残高を見れば簡単に金額を把握できますよね?


もしかするとこのブログで取り上げられている数字いわゆる仮想取引なのでしょうか?


ぜひこのあたりを教えてください。
No title
横からになりますが、

>※ 上記は、ブログ用資金100万円のみの運用記録です。
>※ 売買手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

と書かれていますし、ゆうゆーさんが参加している個人投資家パフォーマンスランキングでも、
> ※各投資家様のパフォーマンス計算方法の違い(配当・税金等を含むか否か等)については、特に考慮せず、発表数値をそのまま使用しています。

と明言している以上、加味しない方が有利ですから、そのルール内で有利となる手法で公開するのは普通じゃないですか?
Re: No title
「疑問があります」さん、はじめまして。
タカさん、フォローありがとうございます。

タカさんに挙げていただいているように、

※ 上記は、ブログ用資金100万円のみの運用記録です。
※ 売買手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

この二行が、私の公開しているパフォーマンスの全てです。
もちろん仮想取引などではなく、実際にこれと同じ取引を行っています。

なぜ、売買手数料、税金、配当、優待等を考慮していないかと言うと、
TOPIXとの純粋な優位性の比較をしたいから、というのが大きいです。
また、最初からそういう方針で始めたので、
今から変えると過去との比較もできなくなってしまう、という事情もあり、
今後もこのやり方を変えるつもりはありません。

ただ、実際にはこの中でも税金が大きくかかってきているため、
公開している数字よりも小さくなりますね。
売買手数料、税金、配当、優待等を加味する前の数字と加味した後の数字、
両方を書いておけば良かったのかもしれませんが・・・。

蛇足ですが、これは私に限ったことではありませんが、
パフォーマンスなんてその気になればいくらでも誤魔化せますから、
(取引履歴なども基本、後出しになってしまいますので)
信憑性のあるなし、といった議論はあまり意味がないように思います。
ゆうゆーさん

お返事ありがとうございます。


ということは今後う運用がうまくいって1億円に達した場合でも今後の税制によっては数千万円単位で開きが出てくるということですね…。


現実世界では株価は手数料や税制、配当の影響を受けるのに対してゆうゆーさんのパフォーマンスは影響を受けないことを見るとやはりバーチャルな数字なんですね。


そこがはっきりして良かったです。スッキリしました。これからも応援しています。
Re: タイトルなし
「疑問があります」さん、こんにちは。

応援していただきありがとうございます。

おっしゃるように、このブログで公開しているパフォーマンスは、
あくまで配当、税金の類は加味していない数字ですので、
実際のものとはズレが生じています。これは事実です。

一方、このブログで公開している取引は全て実際に行っている取引です。
そこはバーチャルではありません。

これが全てです。
特に証拠もありませんので、信じる、信じないはみなさまに任せます。

管理者のみに表示

トラックバック