退場から身を守るための三要素

こんにちは、ゆうゆーです。

投資家にとって、退場 という言葉ほど切ないものはないですよね・・・。
ここで言う退場というのはもちろん市場から退場することであり、投資を完全にやめてしまう(やめざるを得なくなる)ことを指しています。

投資家たるもの、この退場だけは絶対に避けないといけません。むしろ退場を避けて株式市場に留まり続けてさえいれば、利益率はともかくとしても、少なくともそれなりのリターンは得られているはずだ、という話もよく聞きます。
退場しないことは、投資においてまず何よりも優先されるべきですね。

では、退場とは具体的にどういった時に起こってしまうのでしょうか?
私は、大きく三つのパターンに分類してみました。
(以下は中長期投資を想定しており、短期投資では事情が異なるかもしれません)

1.集中投資していた一社が倒産して破産
最近ですと、スカイマークという会社が倒産(経営破綻)したことは、記憶に新しいところだと思います。
仮にこの会社一社のみに集中投資していたとすると、スカイマークの経営破綻と共に自分自身の資金も破綻していたわけです。

2.レバレッジが高すぎて破産
信用取引でレバレッジをかけていて、保有株が値下がりした時に追証が発生し、それを払えずに強制決済 → 破産、というパターンです。

たとえ保有銘柄の業績は悪くなくとも、また複数銘柄に分散していようとも、株価下落の可能性は常に付きまといます。
リーマンショックのようなパニック相場では、業績が良いも悪いも関係なく、あの株もこの株もその株も売られまくったりしたようですからね。

3.もうダメだ・・・と悲観的になり、自ら退場
意外に盲点だと思うのがこの三番目のパターンなのですが、実はこれが最も多い退場パターンなのかな・・・と思っています。
例えば、レバレッジ2倍で信用取引をしていると、単純に保有株の株価が2分の1になった段階で資金はゼロになるわけですね。

では、少なくとも保有株が半値になるまでは耐えられるのか?と言うと、そんなことはないと思っています。
保有株が実際の二倍のスピードで値下がりしてゆく中、実際に株価が半値になって自分の資金がゼロになるまで持ち続けられる人は、きっと多くないと思います。

株価が買値の3分の2まで下がった時点で「このまま際限なく下がり続けるのではなかろうか?」と恐怖感を感じてしまい、「せめて資金がゼロにならないうちに・・・」と決済してしまって、そのまま株をやめてしまう、というケースは珍しくないと思います。

これは別に一社集中でなくとも、信用取引でなくともあり得る話ですね。
負けが込んでくれば、自分の投資手法に自信(信念)を持っていない方たちは、きっと「自分には株の才能はなかった」と感じ、退場してゆくことでしょう。

で、後から見れば「自分が退場した時点が株価の底値付近だった」ということが往々にしてあるわけです。


以上、三つのケースを挙げてみましたが、これ以外にはほとんど思いつきません。周りの退場した方々を見てみると、九割がた、この三つのうちのどれかに当てはまっているのではないかと思います。
そうでなければ、退場なんて物理的に有り得ないのですからね・・・。

かくいう私も、以前FXをやっていた頃は「2」を守れず(守らず)に退場を喰らってしまった苦い経験があります。。。orz

ただ、あの頃の自分と今の自分では、全く違います。
今の自分から見れば、あの頃の自分がとっていた手法は本当に馬鹿げていました。あんな危ない橋を渡っていたら、遅かれ早かれ退場していたであろうことは、今の自分ならば容易に想像できます。

退場が怖いからといって、株式投資には一切参加しないのはもったいないですね。
どうなれば退場に追い込まれてしまうのかをきちんと理解し、それに対して予防できている者は、決して退場することなど無いと思っています。

■ 退場から身を守る三要素(中長期投資 編)
1.複数銘柄に(保有比率も含めて)分散させる。
2.現物取引しかしない。
3.株価の変動に気持ちまで揺さぶられないよう、修行する(笑)

これを守っていれば、少なくとも退場はないと考えてよいでしょう。
あとは自分の投資スキルを磨き上げ、このルールの範囲内で期待リターンを上げられるよう努力してゆくのみですね。

尚、この三要素を守らなければ必ず退場してしまう、というものでもありません。仮に信用取引をしていても、損切りラインを事前に決めておくなどしておけば、それはそれで退場から身を守ることはできるでしょう。


自分の投資スタイルを考える上でまず最優先に考えるべきことは、どんな手法であれ、絶対に退場しないような方法でなければならない、ということです。
現場作業で言うところの「安全第一」みたいなものです。

どうなれば退場になってしまうのか、その具体的なメカニズムを理解していれば、それ以上恐れることなど何もありません。
健全で合理的な投資スタイルを確立し、投資を楽しんでゆきたいですね。
関連記事

トラックバック

コメント

もう一つ加えるとしたら
ゆうゆーさんこんばんは。

退場のパターンをもう一つ加えるとしたら、

4.投資を十分堪能したので年齢を考えて引退

でしょうか?
とても幸せな退場だと思っています。

今のところは全然考えもしていませんが、私も幸せな退場ができたらいいなと思って投資をしております。
ゆうゆーさんのFX
ゆうゆーさん、こんばんわ。

割りと前から気になってました、FXの話。
あんまり良い結果にならなかった、くらいの記事しかなかったので、なんでかな?と。

合理的に売り買いしそう&損切りちゃんとしそう

というイメージがあり、むしろ株よりあってそうな気してました。

レバレッジ結構かけてたご様子ですね、今のスタイルからするとちょっと意外です。

私もやってましたが、すっぱりやめました。
強制決済された日にその証券会社『だけ』私のトリガーに引っ掛かかってるのをみたので。
他数社とヤフーなどの掲示板等は全然その金額まで落ちてきてませんでした。

『恐っ((( ;゚Д゚)))』てなりました。
  • 2015-05-26 | 21:35 |
  • すりぃ | URL |
  • [edit]
No title
こんばんわ。

たいへん興味深く、拝見させていただきました。

特に「2」については本当に自己管理できて、一部の優秀な投資家しか何十年も生き残れないんじゃないかと考えてます。

何故なら、過度なレバレッジを掛けて儲けると、もっともっと儲けようとするからです。

「レバレッジかけすぎて一度退場したんで、こつこつインデックス投資で再起しました」という方はよく見ます。

一報で、「十分儲かったんで信用取引止めて現物のみにします」という方はほとんど見たことがありません。


つまり、一度退場しない限り信用取引は止めれないんじゃないかなと思います。


「どんな素敵な数字も最後に0を掛ければ0になる」


私がバフェットの名言で最も好きな言葉です。


退場しないように、この言葉を心に刻み込んで投資を続けて行きたいですね。
  • 2015-05-26 | 22:27 |
  • ジャンボ | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

そもそもバランス感覚の問題ですよね。 投資に人生の比重をかけすぎるのは、それだけで問題だと思います。 人生においてすべき事・楽しめる事は多々あって、あくまでその一部が投資なわけで。

株で頭がいっぱいいっぱいになってしまう方は投資などすべきでない、と私は思っています。
あくまでも余裕資金で。 社会と自分自身を俯瞰で見る精神的余裕を持って、ですよね。

ゆうゆーさんは何よりも人生におけるバランス感覚に優れていらっしゃる気がします。 それが冷静な分析力にも繋がっているのではないでしょうか。

でも過去にFXで失敗、なんていう人間らしいところもいいですね(笑)。

私も退場する事にならぬよう、しっかり修行して(笑)投資を楽しんでいきたいと思います。
  • 2015-05-26 | 22:28 |
  • ちえ | URL |
  • [edit]
No title
お疲れ様です。
これまたタイムリーな記事をありがとうございます。

ちょうどハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」を読了したところでしたので、ゆうゆーさんの言葉が浸みるように響きます。

ハワード・マークスも「未来のことは分からない」
重要なのは「上げ相場で十分なリターンを上げる」ことよりも「下げ相場で損失を抑える」ことと明言しています。
そして自分がどれだけのリスクを抱えている状態なのかを把握することが大事だということですね。(あくまで私の読んだ観点です)

株式投資はどれだけリターンを上げるかという「勝者のゲーム」ではなく、どれだけ損失を抑えられるかという「敗者のゲーム」である面が強いと思います。(リターンを追い求めるよりも、リスクを減らすことが結果としてリターン追求に繋がることからもそう思います)

たとえ今の強気相場で他の人のようなリターンをあげられなくても、弱気相場でも退場しないリスク管理が重要であることは言うまでもありません。

現在は強気相場でディフェンス重視の我々は中々思い通りの結果が得られなくても、過去の歴史を鑑みるに、その行為は間違っていないと判断できます。

重要なのはブレて今のスタンスを変えてしまわないことですね。
他の芝生が青いからと言って、自分のスタンスを変えてオフェンス重視のPFを組み、下げ相場への転換で致命傷を負う行為だけは避けたいものです。

ゆうゆーさんも機会がありましたら是非「投資で一番大切な20の教え」を一読してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、私から見ればゆうゆーさんは今現在で十分過ぎるほど実行できているので、ゆうゆーさんが行なっていることの正当性を確認するぐらいしかできないかもしれません。


駄文失礼致しました。
私も更にディフェンス重視のスタイルで亀のように投資に臨みたいと思います。
下げ相場でウサギを追い越すことを夢見たいと思います(笑)
  • 2015-05-26 | 23:12 |
  • 遅咲きの桜 | URL
  • [edit]
No title
 ゆうゆーさん、素晴らしいブログをありがとうございます。つらい時苦しい時心のよすがにしています。文は人なりといいますが文章からゆうゆうーさんのお人柄が伝わってきてゆうゆーさんの文章を読んでいると癒され落ち着きます。

 ところで質問があります。エニグモは素晴らしい銘柄ですが、円安で商品が売れにくくなるのではないかと心配しています。その点についてゆうゆーさんのご見解はいかがでしょうか?

 初心者で世事に疎くどのように考えていいか分からないのでぜひお聞かせ願いたいです。よろしくお願いします。
  • 2015-05-27 | 04:46 |
  • さくら | URL |
  • [edit]
ゆうゆーさん おはようございます。

私は3の「もうダメだ...」で退場しかかってたところを、ゆうゆーさんのアドバイスで復活して今にいたりますが

今だから思えますが、これまでの数々の失敗も、自分の成長の為に必要な事だったとポジティブにとらえられるようになってきました。

退場には、いくつかのパターンがありますが、最期に幕を下ろすのはマーケットではなくて投資家自身なわけで

常に投資家は失敗の本質は自分自身にあると自覚することが、成長への道であり

本当の自己責任ではないかと思います。

生活に必要なお金まで集中投資に投入していたり

明らかに自分の資産で許容できないレバレッジをかけて投資することは

どんなに好調でも、退場しないように安全を意識しているとは言い難いですので

いかなる状況であっても退場から身を守る三要素を意識することと

自分にマッチしたリスク許容範囲で投資していく事が大切だな、と感じました。
Re: もう一つ加えるとしたら
みやびさん、こんにちは。

なるほど、ハッピーな退場ですね。
退場というよりも、引退とか卒業という感じかもしれませんね。

急にやめると、何らかの禁断症状が出てしまいそうな気がしていますので(笑)、
年齢を重ねるごとに少しずつ「殖やす投資」からは脱却してゆき、
「守る投資」の方にシフトしてゆきたいです。

何はともあれ、まずは「殖やす投資」で成功することですね・・・(汗)
  • 2015-05-27 | 09:24 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: ゆうゆーさんのFX
すりぃさん、こんにちは。

FXでの失敗・・・今となっては貴重な経験です。
その頃は、今ほど明確に売買ルールを決めていませんでした。

損切りラインを決めなかったのも、「まさかそこまで下がることはなかろう」と、
過去半年間くらいのチャートから感覚的に決めつけていたことが原因でした。

FXなので夜中も動いているんですね。
朝起きたら、資金がスッカラカンに無くなっていました。
最初、何が起きたのか分からなかったです(笑)
ニュースを見ると、ギリシャショックとかユーロ危機とか書かれていました。

まぁ、起きるべくして起きた結果ですね・・・。
あれから経験を積んだ今、またFXに戻ったとしても、
退場こそしないと思いますが、決して儲けることもないと思います(笑)
  • 2015-05-27 | 09:24 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
ジャンボさん、こんにちは。

全くおっしゃる通りだと思います。
麻薬に一度手を出すと、もうやめられないのと似ていますね。

麻薬をやめられるとしたら、警察に捕まって牢屋に放り込まれた後であるように、
信用取引をやめられるとしたら、一度それで退場した後になってしまう可能性は、
極めて高いと思います。

こういう記事も、反響があるのは既に備えができている投資家さんばかりで、
危険な橋を渡っている投資家さんにはほとんど響かないのが、もどかしいです。

バフェットは、信用取引(先物取引だったかな?)に関して、
違法にすべきだとも言っていますね。
確かに、こんなに危険な手法が世間に普通に浸透していることには、
違和感を覚えます。

これが合法である以上、自分の意思により自分の身を守るしかありません。
安全第一に、これからも投資に向き合ってゆきたいですね。
  • 2015-05-27 | 09:25 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
ちえさん、こんにちは。

「株で頭がいっぱいいっぱいになってしまう方は投資などすべきでない」
なるほど、確かにそうかもしれませんね。

私もこんな自信満々の偉そうなブログを書いておきながら、
「まぁ、別に株で失敗したって家族もいるし、テニスもあるし、本業もあるし、
別に人生に大きな影響を与えるものでもないな・・・」などと、
心のどこかで思っているからこそ、余裕を持って今の投資を貫けるのでしょうね。

仮に、株で失敗したら命まで取られるような状況だったとしたら、
それこそ株では最終的に成功できたとしても、ノイローゼになってしまい、
人生を楽しむことは不可能でしょうね・・・。

ちえさんはきっと大丈夫ですね。
ちえさんの性格上、仮に株式市場からは退場しても楽しく生きられるでしょう。
そんな余裕がありますから、退場はしない気がしています。
  • 2015-05-27 | 09:25 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
遅咲きの桜さん、こんにちは。

今のような楽観的な上昇相場の中でそのように冷静に考えることは、
かなり経験豊富な投資家でもない限り、なかなか難しいものと思いますが、
それができている遅咲きの桜さんは、立派ですね。

上昇相場も、一度波に乗り始めると意外なほど続くものですよね。
今の状況がまさにそんな感じで、こういう状況をいざ目の前にすると、
もともとはリスクを抑えた中長期投資を志していた者であっても、
「この機会を逃すのはもったいない」とばかりに、
つい一時的であれ、短期的に騰がりそうな株を買ってしまうんですよね・・・。

そして、最初は一時的な投資のつもりで取り組んだ短期投資が、
それで儲けてしまうと、味を占めて次もやってみます。
また儲けてしまうと、次はさらに思い切って大きな金額を投じ、
挙句の果てには信用取引も駆使して、完全な短期投資家に大変身ですね。

ジャンボさんのコメントにもありますが、
一度その味を占めてしまったら、そこから離れるのは至難の業ですからね。

ハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」ですね。
良書だと聞きますが、実際に読んだことはありませんでしたので、
ぜひ購入して読んでみたいと思います。

自分が亀になったつもりで、他のうさぎが体力切れで落ちてこようとも、
また、スピードに加えて体力も兼ね備えた優秀なうさぎが
自分よりもはるかに早くゴールしていようとも、
とにかく自分ができるベストを尽くして、ゴールを目指したいですね。
  • 2015-05-27 | 09:25 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
さくらさん、はじめまして。

そう言っていただけるのは光栄の極みです。
投資理論だけではなく、自分の人間身なんかも一緒に伝わればなぁ・・・と思って
ブログ書いていますので、その目的が達成されていて嬉しいです。

ご質問の件ですが、円安がエニグモの業績に与える影響はなかなか奥深く、
これを突っ込んで書くと一つの記事になるくらいなのですが、
結論から言えば、円安は若干の逆風になるだろう、と私は想定しています。
(あくまで「若干」であり、「大きく」とは思いません)

ただ、「円安デメリット株」とは裏を返せば「円高メリット株」であり、
為替は読めないという前提に立つならば、特にデメリットとも言えません。

為替の影響を受けること自体がリスクといえば確かにリスクですが、
それよりももっと根本的な成長ストーリーが維持されているかに着目し、
この銘柄を保有し続けたいと思っています。
  • 2015-05-27 | 09:26 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
カイトさん、こんにちは。

そうですね、実際の退場パターンとしては「3」が圧倒的に多いと私も思います。
物理的に退場しようとしても、そうそう簡単ではないことが分かります。
(FXでレバレッジ数十倍もかければ簡単かもしれませんが・・・)

つまり、ほとんどは自分自身の意思によって退場するものなんですよね。
どういう手法を取れば、どういう事態が起きた時に自分の資金はどうなるか、
それを考えるのは、そんなに難しいことではないと思います。

集中投資しようとも、レバレッジをかけようとも、
本当にその行為のリスクについて理解できているのであれば、
それはそれで構わないでしょう。
ただ、大半の人はそれを理解せずにやってしまっているのも事実だと思います。

投資の半分は、まず自分自身を理解することだと思います。
自分を知り、そしてできるだけ企業を知ることで、
よい投資を行ってゆきたいですね。
  • 2015-05-27 | 09:26 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
勇気づけられました。
いつもブログを楽しみに拝見しています。
株式投資を始めたばかりですが、まさに「3」の理由でもうやめようかなと気弱になっていたところでした。というのも、この上昇相場で、自分の買った銘柄だけが、買ったそばから下がってしまい、毎日株価を見ては憂鬱になっていたからです。もちろん余裕資金で現金取引のみですが、余裕資金であっても、少しの含み損にも落ち込んでしまうものなのですね。
そうして焦ると、利益が出た時の利確が早くなってしまったりと悪循環ばかりです。
ゆうゆーさんのブログを拝見して、私ももっと精神修行をしないと、と勇気をいただきました。
  • 2015-05-27 | 16:28 |
  • まりも | URL |
  • [edit]
Re: 勇気づけられました。
まりもさん、こんにちは。

タイムリーな記事を書くことができて良かったです。
私は、まりもさんより少しは長く株式投資をやっていると思いますが、
買った株が早速下がったときの気持ちは似たようなものだろう、と思いますね。
私も、常に株価下落の憂鬱と戦っている日々です・・・。

どういう時に買い、どういう時に売れば長い目で見て儲かる可能性が高いか、
おそらくまりもさんも概ね理解していることと思います。
今は、その適正な「売り時」には全く該当していないはずなんですよね。

感情という当てにならないものに左右されることなく、
合理性の観点で常に最善の選択をし続けられるよう、精進するのみですね。
投資成功の秘訣の半分は、自分を制御できるようになることですから。
  • 2015-05-27 | 16:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
お疲れ様です。
ゆうゆーさん、こんばんは。

興味深く拝見させていただきました。

私は幸い10年程度の投資歴で退場がないのですが、いつ、退場になるかは分からないので、勉強になりました!

私が新入社員の頃、営業先のお客さんが、それこそ、家を簡単に建てられるほど株で儲けていましたが、その人が「株は忘れる人が設けられる」と話していたのが、鮮明に記憶に残っています。

二つ意味があって「儲けた株を売却後、振り返ってみない」さらに上昇しているケースが多くウジウジした気持ちで次に迎えないからです。もう一つは損切りしたことを忘れ、次に備えることです。

退場を避けるいう意味では、泣く泣く損切りを遂行することも大切だと考えています。

エスクリ復活してきましたね!
BSは深い沼から抜け出せませんが、、、

急に暑くなってきたので熱中症にお気を付けください。
  • 2015-05-27 | 20:33 |
  • とし | URL |
  • [edit]
反響すごいですね!!
「株価の変動に一喜一憂する日々」の時にコメントした者です、こんばんは。
退場と聞くと「どきっと!」してしまいますが、わたくしも何度か株投資の引退を考えて今に至っています。その都度、思うのが「捨てる神あれば拾う神あり」ですね。家族だったり、仕事だったり、なんだかんだで持っていた(塩漬け)株だったり?ちゃらんぽらんでやっていても、意外とこうして大丈夫だったり。確かに信用取引で大儲けという話には正直、飛びつきたいですが、絶対に失敗している人ももっともっといっぱいいると思いますよね。
最近、かっこ良く言えば分散投資なのですが、一部昇格候補が多くて、20銘柄近くに少しずつ投資しています。以前のように大儲け(大損)もなくなりましたが、パフォーマンスは安定しているのかなあと手ごたえも感じています。
今日のコラムで、また心の洗濯ができました。6月からのIPOラッシュで成果を上げて、ご無沙汰の一部昇格の恩恵にも恵まれて、楽しい夏休みを迎えられればと思います。
では、また・・・

  • 2015-05-27 | 20:35 |
  • 多摩多摩 | URL |
  • [edit]
Re: お疲れ様です。
としさん、こんにちは。

もう終わってしまったことは忘れてしまい、今後を大切にするということは、
株式投資のみならず、何事においても言えることですね。

株を持っていることそのものを忘れてしまうのは、
すなわち株式投資や保有企業への興味を失ってしまうということでしょうから、
これはあまり良いとは思えません。
少なくとも、保有している間はフォローを続けてゆかないといけませんね。

そういうのが向かないなら、インデックス投資という手段もあります。
インデックス投資なら、それこそ保有していることを忘れた方が、
良い結果につながるかもしれませんね。

BS11は、なかなか深い沼から抜け出せない状態ですが、
そうは言ってもまだまだ知れています。
ここからさらに20%下げても不思議ではない、という気持ちで、
焦らずのんびりやってゆきたいです。
  • 2015-05-28 | 08:28 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 反響すごいですね!!
多摩多摩さん、こんにちは。

結果的に言えば、私も今までの投資人生では、
信用取引をやっていた方が儲けられたということになるんですよね。
ただ、それは「相場が好調だったから」の一言に尽きると思います。

信用取引とは、10年それで素晴らしい利益を上げ続けられたとしても、
11年目で破綻してしまえばそこでゲームセット、という手法だと思います。
上でジャンボさんもおっしゃっていますが、
「どんな素敵な数字も最後に0を掛ければ0になる」ということですね。

もちろん、運良く下落相場の前に投資から卒業することができれば、
それはそれで大勝利となります。
ただ、それはギャンブルに大勝ちしただけの話であって、投資とは程遠いですね。
投資とは、もっと安全・堅実なものでなければならないと考えます。

分散すると、それだけ大儲けの機会も減ってしまうことになりますが、
それこそが投資だと思います。
堅実な投資で、長い時間をかけて財を築いてゆきたいですね。
  • 2015-05-28 | 08:28 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。