2ちゃんねるの指摘に答えます(第1回)

こんにちは、ゆうゆーです。

前回の記事で予告しましたように、2ちゃんねるでの私に関するご意見について、この記事内で取り上げてみたいと思います。

とはいえやはり2ちゃんねる、大半は便所の落書きのような書き込みなのですが、まれに論理的なご指摘を展開してくる方もおられますので、「この有意義な意見を寝かせておくのはもったいない!」ということで、回答に値する投稿をいくつかピックアップし、回答させていただこうと思います。

以下、2ちゃんねるの一部の投稿の引用と、それに対する私の回答です。

289 :山師さん:2015/06/02(火) 00:11:05.54 ID:FuFfOlHC
>>276
アクティブ運用ならインデックスに勝った負けたを確認するのは重要な作業だと思うぞ。まあ、ゆうゆーみたいにあまり短期的な値動きに動揺するのもおかしいがね。

私の場合、週単位でインデックスに買った負けたを確認しているのは、週単位で上げ下げを見たり、インデックスと勝負するのがいかに意味のないことか、数年経った後から確認するためでもあります。

ただ、この一見何の意味もないように見える週単位での成績の積み重ねが、数年単位、数十年単位の成績を作っていることもまた事実であり、小さなことの積み重ねの大切さを確認する意味合いもあります。

また、毎週末の一喜一憂についてはかなりオーバーに書いているところがあり(人間味あふれた記事の方が、読んでいる方にとっても楽しいでしょうし・・・)、実際はみなさんが思っているほど株価を気にしてはいないと思います。

正直、本業の業績のアップダウンに比べれば、株価のアップダウンなどアリンコみたいなもんです。株式投資はあくまで趣味の一つであり、本業の方がはるかに重要ですから・・・。

435 :山師さん:2015/06/05(金) 07:17:40.33 ID:60325FFl
結局ゆうゆーさんがこれまで利益を上げてきたのなんて、ファンダというか短期的な上げじゃん。
2年も経ってないのに長期投資とは何を言ってるんだという感じ。

例えば、5年間持つつもりで買った株でも、最初の1年で5年分の株価上昇が起きてしまえば、売るのはありだと考えています。そうやって私はこれまで利益を上げてきました。
(昨年は相場環境が良く、そういうことがたくさん起こりました)

逆に、2年経ってもあまり上がっていないDVxやエスクリなどは、今でもずっと持ち続けています。
要は、「結果としての長期投資」というわけです。

437 :山師さん:2015/06/05(金) 08:03:34.91 ID:oK1es3Cg
そもそも、ゆうゆーさん上がってないって愚痴っているけど、上がる理由って地味な成長要因しかないんだから、1年で1-2割も株価がればいいだけでしょう。
もっと上昇期待するなら、個別材料を予想して先読みして買わないと意味ない。
彼は運が悪いように思っているようだが、むしろ2年間が運が良かっただけ。

全くその通りだと思いますし、私自身年利17%を目標にしています。
昨年は間違いなく運が良かった。これだけは確かですね。

ただ、ここ二ヶ月は運が悪いのもまたその通りだと思っています。
昨年は運が良く、ここ二ヶ月は運が悪かった。どちらも、自分の真の実力がパフォーマンスに表れているとは思っていません。

ただ、ブログでの運用を開始してから現在までのパフォーマンスは、ハッキリ言って実力以上に高すぎると思っています。
平均年利56%という馬鹿げた数字を見ても、それは明らかですよね。

ただ、このような運の良し悪しも長くやることでいつしか相殺され、最終的には落ち着くところに落ち着くのかな・・・と思っています。

471 :山師さん:2015/06/05(金) 18:19:05.44 ID:k18QeMGu
ゆうゆーさんってアベノミクス以降の恵まれた地合いで調子こいている代表格やね。2012年12月以降は四季報見て売上と利益が右肩上がりに伸びている銘柄を買うだけで楽に儲かった。
売上と利益が伸びている銘柄なんて小学1年生だって判別がつくわけで、投資哲学が優れているから儲かったわけではない。
球で言えば1回の表に大量点取って調子こいているようなもの。
守備はボロボロだと思うから来たる下げ相場にはボコボコにされると思うよ。
5年前は、毎年20%成長している株がPER10倍で割安だと思ったらPER5倍まで売られていたんだけどね。
472 :山師さん:2015/06/05(金) 19:38:21.71 ID:VP/rVTqs
アークランドサービスがPER5倍で当たり前のように放置されていた時代を知らない人は、企業が成長すればすぐに株価に反映されると思っているから、 たった1、2か月の不調を気にしてしまう。
本格的な下げ相場を乗り越えた経験がないということが、彼の文章からもわかります。

まず、私はALサービスがPER5倍だった時代に株式投資を始めています。
なので、その時代を知らないわけではありません。

毎年20%成長しているPER10倍株を割安だと思って買っても、PER5倍まで下がることはあるのはそんなの当たり前だと思っています。
PER5倍で下げ止まったのも結果論であり、PER3倍だってあるかもしれません。

もしそうなってしまえば、ここまで大事に育ててきた私のブログ用資産は、開始時の100万円を切ってしまうかもしれませんね。
でも、だから何だというのでしょうか?
そこで相場は終わりなのでしょうか?

もしそんな時代が来れば、それは大バーゲンセールに決まっていますから、キャッシュポジションをゼロにして買えるだけの株を買うまでです。
ブログ用資産は途中入金しないルールなのでそれ以上のことはできませんが、実際にはありったけの余剰資金を証券口座に入金し、株を買い込む予定です。
こういう荒業が実行できるよう、株は現物のみを守り抜いています。

ただ、それはあくまで可能性であって今後それが現実になるかと言われれば、ならない可能性の方が高いと私は思っています。
暴落危険論者は、リーマンショック級の暴落が再来する前提で話をされますが、あれは歴史的に見ても100年に一度の大暴落であり、ALサービス級の銘柄がPER5倍になるのもまた100年に一度レベルのバーゲンセールだったという認識です。

冷静に考えて、私が生きているうちにあそこまでの大暴落がまた来る可能性はそんなに高くないだろうと思っています。
高くないといっても可能性はゼロではありませんので、備えは必要なのですが・・・。

また、こんな暴落を避けつつ高いリターンが期待できる投資法があるのなら、私だってそっちを選びますよ。
しかし、今のところそんな夢のような投資法は見つかっていません。
なので、リスクは真正面から受け止め、その代わりに高いリターンを求める今のスタイルに行き着いています。

仮に年利5%でも満足できるというのなら、私の今の泥臭いやり方よりももっとリスクの低い方法はいくらでもあると思います。
結局は、自分がどの程度のリスクまで許容できるかを考えた上で、そのリスクの範囲内で高いリターンを目指す、ということになると思います。

ちなみに私の場合、もしも100年に一度レベルの暴落が来てしまったとしたら、保有資産が最高値から1/3になる程度のリスクなら十分、受け入れられますね。


今回の回答は、以上になります。

なお、上記以外にも485番さんの「株価はファンダに先行する」理論を筆頭に、論理的かつ有意義なご指摘がいくつかあるようです。

こういった一つ一つの真剣なご指摘には、私も丁寧に答えたいところですが、なにぶん本業やテニスなどで忙しい日々が続いており、そうそうブログばかりに時間を割くことができないのが現状です。

申し訳ありませんが、これ以降の投稿は「第2回」以降に回させてください。
もちろん他の記事も書きたいので、いつになるかは分かりませんが・・・。
というか、第2回をやるかどうかも未定ですが・・・。

但し時間の都合上、全ての投稿について取り上げることはできませんので悪しからずご了承ください。。。m(_ _)m
関連記事

トラックバック

コメント

結果としての長期投資
ゆうゆーさんこんばんは。

ゆうゆーさんの「結果としての長期投資」を拝見して、その手法を見習わせていただいています。

成長割安株を探しているので、成長性が無くなるか、割安性が無くれば(買いの理由が無くなったら)一旦売るのは自然な流れかなと思っております。
  • 2015-06-06 | 23:40 |
  • みやび | URL |
  • [edit]
こんばんは
信用はレバ低なら追証もこなくて有効な気がします。維持率500くらいならまったりしてますよ。
  • 2015-06-07 | 00:07 |
  • ぱくり投資家 | URL |
  • [edit]
No title
こんばんは、ゆうゆーさん。

2ちゃんねるの書き込み場所をようやく見つけました。
ゆうゆーさんがおっしゃった「不良のたまり場」「便所の落書き」という表現がぴったりすぎて、思わず笑ってしまいました。

それにしても、ゆうゆーさんは心が広いですね。
大人げない失礼な投稿に対して感情的にならないばかりか、少しでも論点があれば丁寧に返事まで書いてあげているのですから。


私が1つだけ彼らに申し上げたいのは、「相場環境や運が味方しただけでは、あれだけの勝率とパフォーマンスは絶対に達成できない」ということです。

1銘柄に集中投資してたまたまそれが大当たりしたというなら話は別ですが、あれだけリスクを分散させた上で、ほぼ全勝&高利益率なのですから。

適当に投げた10本のダーツのうち9本が、ブル(真ん中)に刺さりまくるようなものです。



  • 2015-06-07 | 02:04 |
  • G3 | URL |
  • [edit]
Re: 結果としての長期投資
みやびさん、こんにちは。

買った時の理由がはっきりしていれば、売り時も明確ですよね。
私もみやびさんと同じで「割安」「成長」のどちらかが欠けたら売りですね。

私の場合、株価水準を「割安」「適正」「割高」の三段階に分け、
「割安」なら買い、「適正」なら買いも売りもせず、「割高」なら売り、
という感じでやっています。
  • 2015-06-07 | 08:18 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: こんばんは
ぱくり投資家さん、こんにちは。

信用といえどもレバレッジが低ければ、結果的には問題ないかもしれませんね。
ただ、実際には追証にまではなることはなくても、
メンタル的に安心して持ち続けることができなくなりそうなので、
そういう観点からも、私は信用には手を出さないようにしています。
  • 2015-06-07 | 08:18 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
G3さん、こんにちは。

ついに見つけられましたか(笑)
結構な書かれようですが、それだけブログの知名度も上がってきたんだなぁと、
しみじみと感じております。

不良の「便所の落書き」を相手にするのはさすがに時間の無駄としか思えませんが、
あの中に稀にある、論理的な意見や指摘にも耳を傾けることには、
それなりの意味があるのかな・・・と思って、今回の企画を思いつきました。

自分の考え方の再確認にもなり、時間の無駄だったとは思いませんでしたね。

また、私の今までのパフォーマンスは自分でも驚くほどのものなのですが、
これには確かに、相場環境のおかげも大いにあったとは思います。
ただ、全てが相場環境のおかげだったとも考えていません。

下落相場では、間違いなく今の勝率&利益率を継続することはできません。
相場が読めない以上それは仕方のないことであり、受け入れざるを得ません。
でも、相場はそこで終わりではなく、いずれまた上昇相場も来るはずです。

過度の楽観的な意見、悲観的な意見のどちらにも囚われ過ぎることなく、
目標としている年利17%に最終的に繋げられたらいいな・・・と思っています。
  • 2015-06-07 | 08:19 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
初コメント
バフェットの東条さん→梨の木ブログさんを経て今、ゆーゆーさんのを毎日楽しみにいつも勉強させていただいています!
2chって面白い場所ですよね(笑)全く見ないですけど、僕みたいにゆーゆーさんの更新を楽しみに投資の参考にされてる方は沢山いると思うので気まぐれな書き込みに気を悪くされずにこれからもブログ頑張ってください⭐️
5年後ゆーゆーさんのブログが梨の木ブログみたいに500%とかになってるの楽しみにしています!
  • 2015-06-07 | 15:12 |
  • やんか | URL |
  • [edit]
No title
株価を気にしてないのであればあえてオーバーに書く必要はなく、心のままブログに綴ったほうが信頼感は増すと思いますよ。

余計なお世話ですが、心の中でさほど悔しくないのに、表向きにはすごい悔しがってる人をみて、他人はどう思うと思いますか?

ここにどのレベルの人たちがいらっしゃるのか分かりませんか、便所の落書きを書いてる人にも下から上までいますよ(笑)
  • 2015-06-07 | 16:05 |
  • 通りすがりの株好き | URL |
  • [edit]
2ちゃんねるについて
ゆうゆーさん、こんばんは。

株式のこととは外れますが2チャンネルについて私の考えたことを記します。

ひとつは、前に匿名性のゆえの悪意は人間として寂しいとの趣旨を書きました。考えに変わりはありませんが、2チャンネルはじめ、匿名性の高い、ネット社会でしか、ストレス発散できない人がいるのではと少し感じました。2チャンネルのような場があることで、そのような人たちはストレスを発散し、結果として、社会全体が保たれていることもあると考えました。言わば必要悪ですが、、、
必要悪をなくすべく、孤立を防ぐ仕組みを国や民間、地域社会が考えていかなければなりませんね。

もう一つは、「伝え方」です。どこの会社でもそうだと思いますが、言っていることは正論で正しいのですが、「伝え方」が直線的でまたは、配慮に欠け反発を受ける人はいませんか?
2チャンネルは独特の文化で私で想像できないような、絵文字や攻撃的な文章がありますが、たまーーに言っていることはあってるけど、伝え方が、、、の人もいます。これは、自省もこめて、「伝え方」は考えたいと思います。

ゆうゆーさんの2ちゃんねるの中にも「学び」を見つけようとする姿勢には頭が下がります。

株式の話題でなく社会論的な話題で申し訳ありませんでした。


明日からまた頑張りましょう!(エスクリ上がらないかな)



  • 2015-06-07 | 20:34 |
  • とし | URL |
  • [edit]
No title
毎度お疲れ様です。

私も結構2チャンネル暦は無駄に長いです。もう20年近く利用してます。
あそこって結構便利なこともあるんです。
が、頭が良いんだけど使いどころを間違っている人達の集まりだと思います。

で、早速ゆうゆーさんを叩いている便所の書き込みを見に行きましたところ、なんともありがたいことに、私を嫌ってらっしゃる方もいるようでした。びっくりしました。

何にびっくりしたかって、私は嫌われるのは慣れているんですけども、私みたいな小物の名前が挙がっているということにびっくりしました(笑)

2チャンネル、恐るべし。
  • 2015-06-07 | 22:50 |
  • soba | URL |
  • [edit]
Re: 初コメント
やんかさん、はじめまして。

ありがとうございます。
二つとも素晴らしいブログですよね。

そうですね、毎週毎週の数字を追っていくと、亀のような速度でしか
資産は増えていかない(むしろ最近は減っている)ことが分かりますが、
その小さな数字の積み重ねが、やがては大きな成果になると信じています。

更新を楽しみにされている方のためにも、今後も頑張って参ります。
今後ともよろしくお願いします。
  • 2015-06-08 | 08:11 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
通りすがりの株好きさん、はじめまして。

そうですね、今後はできるだけそうするようにします。

便所の落書きを書いている人がどの程度のレベルかは知りませんが、
あんなところに書いているという時点で、
便所の落書きと認定されても仕方がないと思います。

まぁ、そんな中から有意義な投稿を探し出そうとしている自分もまた、
相当な偏屈者なのかもしれませんが(笑)
  • 2015-06-08 | 08:11 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 2ちゃんねるについて
としさん、こんにちは。

私も2ちゃんねるは必要悪だと思っています。
まぁ、世の中に2ちゃんねるがなければ犯罪なんかが増えるのかと聞かれると、
それはよく分かりませんが・・・。

伝え方の件、とても参考になりました。
オブラートに包まない直線的な伝え方は、反発を招くのはその通りですね。
私も、ブログにおいては割とそういう書き方をしていますので、
それが反発を招く要因の一つになっているのかもしれません。

ただ、直線的に伝えるということは、自分の逃げ道をなくすことでもあり、
その誠実さが読者さまの心を動かすのもまた事実なのかな、と思っています。

私は、ブログという場で自分の考え方を包み隠さず表現してゆきたいです。
それに共感できない方は、それ以上読まなければいいだけだと思いますし、
敢えて読んで2ちゃんねるで好きなように批評するのも、その人の自由ですね。

結局、それが自分の選んだ生き方なのですから、
各々、道徳的に間違っていないと思える範囲で好き勝手にやればいいと思います。
  • 2015-06-08 | 08:11 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
sobaさん、こんにちは。

sobaさんのことも書かれていましたか、それはおめでとうございます。
いい感じに、好き勝手に書かれていますね(笑)

別に2ちゃんねるで活動するのも本人の自由なのですが、
それだけのエネルギーがあるのなら、
そのエネルギーを他のことに向ければいいのに・・・とは常々、思います。

まぁ、私が気づいていないだけで、本人たちの中では、
2ちゃんねるで活動することに何か大きな価値があるのかもしれませんが・・・。
  • 2015-06-08 | 08:12 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
2chは
一時期よく見てました。
何だかんだマニアックな情報が多いし、重宝する点もあります。
パソコンのバラし方とか、各国B級ニュースとか、変なアプリとか。

株板と市況のお薦め書籍紹介とかも、良書紹介してました。

マーケットの魔術師
魔術師たちの心理学
会長からの手紙
賢明なる投資家
等々。

知識欲が強いけど、どう扱ったらよいのかわからない人たちも書き込むんだろうなぁ、と思ってます。
BNFさんやcisさんとかも、2chの出身ですしね。
(好き嫌いは置いといて)

ブログは身バレが怖いとか、いろいろ書き込む方にもあるんでしょうね。
まぁ、冷やかしや悪意ある記事多いのも事実ですし、自分自身が書き込むか?と言われればノーです。

良記事を探してる時間と、内容吟味する時間を足すと、けっこうな時間ただ掲示板眺めているだけになり、止めました。

見るのと見ないのと、どちらが良いとは言えない感じです。
  • 2015-06-08 | 12:51 |
  • すりぃ | URL |
  • [edit]
Re: 2chは
すりぃさん、こんにちは。

2ちゃんねるの中にも有能な方がいるのは間違いありませんし、
だからこそ、私もこうやって記事で取り上げようとも思えるんですよね。

ただ、この記事を書いてからというもの、
以前にもましてつまらないスレッドと化してしまったようです。
真剣な議論を望む一部の方たちも、書き込みを控えるようになってしまいました。

私的には面白い企画だと思ったのですが、あのようになってしまい残念です。
第2回については、前回書ききれなかったネタがありますので書けそうですが、
この分だと第3回以降が書けるのは当分、先になりそうですね・・・。
  • 2015-06-08 | 16:34 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
一風変わった
ゆうゆーさん、こんばんは。

一風変わった内容で個人的には面白かったです。
あまりここで上がったことのない質問とかもあり、視点の違いを感じました。
2chに突撃されることはあっても、2chに突撃する人は珍しいと思いますし(笑)
いろんな意味でドキドキしました。

双方が荒れない程度に意見交換できれば、それはそれでいいかもしれませんね。
  • 2015-06-08 | 23:05 |
  • すりぃ | URL |
  • [edit]
Re: 一風変わった
すりぃさん、こんにちは。

自分では正しいと思ってやっている投資でも、
他人も同じように思っているとは限らないですからね。

そのこと自体は当然なことで、だからどうということはないのですが、
他人の純粋な疑問や反対意見に耳を傾け、
それに対して自分でも納得できるような反論を持っているかを確認することは、
決して無駄ではないと思うんですよね。

いつか第2回もやりたいと思いますので、ドキドキしながらお待ちください(笑)
  • 2015-06-09 | 05:52 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ここで売ったらぜんぜん成長株投資じゃないですよ
  • 2015-06-15 | 11:26 |
  • 名無し | URL |
  • [edit]
ね。売らなくてよかったでしょ?
スイングじゃないんだから
  • 2015-06-19 | 19:14 |
  • 名無し | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
名無しさん、こんにちは。

本日の記事で書いた通り、急騰前に一部売ってしまっています(笑)
  • 2015-06-19 | 19:56 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。