アフィリエイト会社は有望な投資先か?

こんにちは、ゆうゆーです。

ブログ開設前に一時保有していたファンコミュニケーションズという銘柄があります。
この銘柄は以前の大上昇相場で早売りしてしまい、大きな利益を逃してしまった苦い経験を持つ銘柄なのですが、最近になってこの銘柄に少し興味が沸いてきました。

というのも、この銘柄を私の投資基準に照らしてみた時に、ある一項目を除いては全て自分の投資基準を満たしているのです。

その、ある一項目というのが「今後の成長余地」です。

ファンコミはA8.netというアフィリエイトサービスを運営しており、アフィリエイトをされている方でこの名前を聞いたことがないという方はきっといないはずです。アフィリエイト業界最大手の会社なんですね。

この「業界最大手」という地位は同業他社に対する大きな強みである一方、成長余地などどれほども残っていないのでは・・・と考えさせられます。

こと成長余地に関しては、シェアが低い方が伸びしろがあることは誰でも理解できると思います。トップシェアを握っていると、他社からシェアを奪おうにも、パイ自体がそれほど残っていないわけですから物理的に伸びしろがありません。
ここが同業他社、例えばレントラックスと比較した時に大きく異なるところです。

既に90%を超えるシェアを持つマイクロソフトのウィンドウズが今後、さらに普及してゆくというストーリーには無理があるのと同じ理屈ですね。仮にマイクロソフトがマックのシェアを全て奪ったとしても、伸び率としてはたかが知れています。

ファンコミの成長エンジンとしての「シェア獲得」が限界に達したとするなら、もう「市場そのものの成長」しか頼れるものがありません。
その「市場そのものの成長」についてですが、これまではスマホ市場の拡大と共に、スマホ向けアフィリエイトの急伸でファンコミは急成長を遂げてきました。が、今となってはスマホ市場の成長も一段落しているはずです。

故に「これからのファンコミの成長エンジンは何か?」と聞かれた時に、私は言葉に詰まってしまいます。


とはいえ、全く成長余地がないとも思いません。例えば、60歳以上の高齢者でアフィリエイトをしている人は僅かだと思います。それは高齢だからというよりも、自分が若い頃にそういうツール(アフィリエイト)が無かったため知らない・慣れていないからだと思います。

当たり前ですが、数十年後には今の高齢者はいなくなり、今の若者が高齢者となり、今の子供や赤ん坊が若者となります。
その時代の高齢者は今の高齢者と違って、若い頃から慣れ親しんだアフィリエイトをきっと続けているでしょう。一方で、新しいものを取り入れることに抵抗が少ない若者はどんどんアフィリエイトを始めるでしょうから、アフィリエイトをする人の総人口は増えてゆく、というわけです。

敢えて言うなら、これがファンコミ(というか、アフィリエイト業界全体)の今後の成長ストーリーだと私は考えています。

ただ、この成長ストーリーだけだと成長率は年率で数%にしかなりません。まだ少しは成長余地が残っているであろう「認知度向上」という成長ストーリーを加えたとしても、今のファンコミのPERを受け入れられるほどには至らないな・・・と感じています。

ところで、なぜ突然こんな記事を書いたのかと言いますと、ここ最近ずっとファンコミへの新規投資を考えていたからなんですけどね。
でも、この記事を書いてみて少し頭の整理ができましたので、今後投資する可能性は無いわけではないのですが、今のところは様子見でいこうと思います。


では、先ほど少し例に出したレントラックスへの投資はどうでしょうか?
ファンコミに比べれば、大化けする可能性も十分に秘めているとは思っています。それは、ファンコミには存在しない「シェア拡大」という成長エンジンが存在するからです。
そこに先ほど挙げたアフィリエイト業界全体の成長ストーリーを加えれば、結構な高成長も期待できます。

しかしながら、私はレントラックスへの投資もあまり強気にはなれません。PERが高いこともありますが、レントラックスがファンコミに比べて明確に魅力的だと感じるのは、(私の中では)成長余地だけだからです。

冒頭に述べた通り、業界最大手というのはそれだけで競争優位性になるのですが、当然レントラックスにはその武器はありません。かといって、ファンコミに比べて何が優位かと聞かれると、よく分かりません。
もちろん、私があまり知らないだけでもしかしたら大きな優位性を持っている可能性もあるということは付け加えておきます。

ファンコミとレントラックスの違いを詳しく知りたい方は、たくどんさんのレントラックス分析記事が非常に秀逸で、参考になると思います。
これを読むと、レントラックスも結構魅力的に見えてきますね。

ファンコミもレントラックスも投資を検討するに値する企業ではあると思いますし、自分のこの考え方が妥当かどうかの答え合わせにもなりますので、今後ともウォッチは続けてゆくつもりです。
関連記事

トラックバック

コメント

No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

成長余地については今のままだと期待薄かな~とは思うのですが、個人でブログやサイトを運営し、かつアフィリエイトまで手を出している方はそれほど多くはない印象です。
(全人口に対しての割合を考えると)

ただ、ブログを使ってない人でほかのSNS(特にTwitter)を使ってを日々更新している人は相当数いると思うのですが、それらの人々が簡単にアフィリエイトを使えるような仕組みができれば、再成長できる余地はまだまだありそうです。

ただ"IT革命"でも起こらないと無理そうな話ですが、流れが早い業界ではあるのでひょっとすると数年先には何か起こるのかもしれませんね(^^;
  • 2015-11-30 | 19:31 |
  • KIRIN | URL |
  • [edit]
Re: No title
KIRINさん、こんにちは。

SNS自体の伸びしろがイマイチ読みにくいですよね。確かに全人口の中でアフィリエイトをやっている人は、ほんの一部なのですが・・・。

ツイッターもこれだけ普及した今、ここからのSNSの成長余地はあまり残されていない気がする一方で、ブログやツイッターがそうだったように別の革新的なSNSが爆発的な伸びを見せる可能性は十分にあり、そこからアフィリエイト市場が急拡大することも現実的に有り得ますよね。

ツイッターをブログのように、個人の収入源に使えたら面白いんですけどね。今の体制だとツイッターを使って儲かるのはツイッター社だけですから(笑)
  • 2015-11-30 | 19:46 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
株式投資という見方だと視点が違うのかもしれませんが、「アドテク」企業の大手という見方をすれば、
アフィリエイト以外の収入源の伸びしろも考察対象になるのかもしれません。
「アフィリエイト」は「アドテク」の一つ、という捉え方です。
アドテクは別に専門的な話だけではなく、twitter のタイムラインに出てくる広告をどうだせば効率的か、
といったのもアドテクです。
ひょっとしたら、企業評価の指針がひろがるかなぁと思い、コメントしました。
ただし、私は株式投資は素人です。。
  • 2015-11-30 | 20:20 |
  • チョクゼン | URL |
  • [edit]
Re: No title
チョクゼンさん、こんにちは。

確かに、アフィリエイトという縛りに囚われず、広告市場全体として見ればまた判断は違ってくるのかもしれませんね。

例えばファンコミがアフィリエイトの枠を抜け出し、例えばアドセンスのようなサービスにも進出するようなことがあれば、少なくとも成長余地に関してはかなり拡大するでしょうね。
(ただ、それが上手くいくかどうかは別問題ですが・・・)

実際、私もこのブログではグーグルアドセンスをメインに使っていますが、もしもファンコミがアドセンスのようなものを扱っていたら、そっちを選んでいたかもしれませんからね。

興味深いご意見をありがとうございます。
  • 2015-11-30 | 20:50 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
レントラックス
ゆうゆーさんこんばんは。

レントラックスは一時期投資をしていたのですが、業績成長に対していPERが高すぎたため撤退(損切り)をした経験があります。
(8月の暴落前に買っていたのでタイミングも悪かったです)

レントラックスは量より質で、厳選したサイトのみに提供?するスタイルで、目の付け所は良いと思ったのですが、質を維持するためにサイト数の増加スピードがゆっくりという点がネックとなりました。
このスピードがもっと上がると非常に有望な投資先となるのですが…

サイト数が増えても売上増にはなりませんが、アクセス数が増えれば広告主にそれを訴求できるため、売上&利益増加に寄与するとは思います。
  • 2015-11-30 | 20:52 |
  • みやび | URL |
  • [edit]
Re: レントラックス
みやびさん、こんばんは。

サイト数の増加は確かにゆっくりですが、売上や利益の伸び率は凄まじいですよね。レントラックスの成長エンジンは、「サイト数の増加」よりも「既存のサイトの成長」なのかもしれませんね。

詳しく分析したわけではないので何とも言えませんが、もしこの通りであればサイト数の増加スピードはそれほど気にする必要は無いかもしれません。量の成長ではなく質の成長が、この企業の成長率を作るのですからね。

ただ、そうは言ってもPERが高いですよね・・・(汗)これだけ下がった今でさえPER25倍ですから。
PER15倍のファンコミと共に、これからもウォッチし続けます。
  • 2015-11-30 | 21:14 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆ-さん、こんばんは。
ファンコミ、損切してました。せっかく取り上げて戴いたのに・・・。
1000円以下のシュッピンの誘惑に負けてしまい、乗り換えてしまいました。
「今後の成長余地」明らかに鈍化してますからね。厳しいかと。
エスクリ、シュッピンに期待です。
  • 2015-11-30 | 22:27 |
  • ライチ | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、回答ありがとうございます。

現在主流のSNS(Twitter、Facebook、LINEなど)の登録ユーザー数は確かに頭打ち傾向があり、仰るとおり今のままでは高成長は難しいと思います。

これらのSNSが爆発的に普及したのは「メールより簡単で早い」ことによるツール移行です。この「簡単で早い」という基本を押さえた別のSNSが台頭することがあれば、数年で勢力図が一変することはあり得ると思っています。(一昔前のmixiのように)

IT業界はあまり既得権益がないので、新たなベンチャー企業が出てきそうな気がしますし、その台頭にアフィリエイトも乗っかれれば・・・と夢物語を考えてます(笑)
  • 2015-12-01 | 00:06 |
  • KIRIN | URL |
  • [edit]
Re: No title
ライチさん、こんにちは。

月次を見る限り、確かに最近は鈍化傾向にありますね。
ただ、問題はこの鈍化は何が原因となって起きているか?ですから、成長限界に達しつつあるのか、それとも何か別の要因があって起きているのかは気になるところです。
仮にこれが成長限界ではなく一過性の現象であるなら、PER15倍まで下がった今はむしろ安いと思いますけどね。

ただ、よく分からないようなら他に乗り換えて正解かもしれませんね。分からないものには手出し無用ですから。
  • 2015-12-01 | 07:54 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
KIRINさん、こんにちは。

SNSは本当に移り変わりが早いですよね。
私はその時代の流れについていけず、mixiが廃れ始めた頃にmixiを始め、twitterも世の中に相当普及してから始め、そして未だスマホを持っておらずLINEをしたことがないという有り様ですから(笑)

アフィリエイト業界も、時代の変化によってはまだまだ伸びる可能性はありますね。
一方で、アフィリエイトという言葉が死語になる時代が来ないとも限りませんので、こういう会社の株を持つのであれば時代の流れには敏感になっておく必要はありそうですね。

うーん、時代の流れについていけない私にはちょっと厳しい投資先かもしれません(笑)
  • 2015-12-01 | 07:54 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
違いがわからない
A8は確かに大手ですけど、他との違いはそんなにない気がします。
どちらかと言えば何かの分野に特化したASPのほうが成長余地があるのではないかと。
Re: 違いがわからない
幸福賢者さん、はじめまして。

大手であるという事実そのものがA8.netの強みでもあると私は思っています。ユーザーの視点で考えると、他と大きく違わないなら実績があって口コミも豊富で安心できる大手を選ぶのが普通だと思いますので。

ただ、「成長余地」と「強み」は別問題ですので、成長余地という観点ならA8にはあまり残されていないかもしれないというのは、記事にも書いた通りですね。
  • 2015-12-02 | 05:47 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。