ゆっくり確実にお金持ちになろう

こんにちは、ゆうゆーです。

sunさんの許可も取らずに、思いっきりタイトルをパクらせていただいています(笑)
パクらせていただくくらい共感させられる魅力的なフレーズだということで、お許しくださいませ。。。

さて、投資で早く資産を増やすための方法として、「少しでも高いパフォーマンスが上げられるように投資手法を改良する」という方法以外に、「運用額そのものを増やす」という方法もあります。

例えば100万円を年利10%で運用すれば、一年後には110万円となって10万円増えたことになりますよね。
一方、100万円を年利20%で運用できれば、一年後には120万円となって20万円増えたことになり、資産の増加ペースの向上に繋がります。

単年で考えると大した差ではありませんが、複利で計算すると年利が1%違うだけでも最終的には結構な差となって結果に表れてきますので、少しでも効率的な投資手法を追求する努力もなかなか侮れません。

そうは言っても、年利を上げるなんて口で言うほど簡単なことではありません。既に多くの方は現時点でベストだと思えるような投資手法を採用しているでしょうし、改善しようとしても逆に改悪になってしまう、といったこともよくある話です。

そこで次に目をつけるであろう部分が、運用額そのものの増額です。

繰り返しになりますが、100万円を年利10%で運用すれば、一年後には110万円となって10万円増えたことになります。
一方、200万円を年利10%で運用すれば、一年後には220万円となって20万円増えたことになり、年利を上げた場合と同じように資産の増加ペースの向上に繋がります。

これなら年利を上げる方法と違って確実に実行できますし、死に物狂いの勉強だって必要ありません。お手軽に早く資産を増やせる方法だと感じますね。


さて、このブログの読者さまは私のことを既によくご存じでしょうから、ここまで読まれた後でも私がこのような方法を推奨するとはもちろん思われていないことでしょう(笑)

まさにその通りで、本業での収入があるたびに計画的に株式口座へ入金してゆくという方法そのものを否定したりはしませんが、「早く資産を増やしたいから」という目的で当初の計画以上に入金額を増やすのは、冷静さを欠いた危険行為であると思っています。

既に余剰資金のほぼ全てを証券口座につぎ込んでいたとしても、それが順調に増えているうちは欲望が尽きることはなく、「もう少したくさん入金していれば・・・」と思うようになるでしょう。
既に十分なほど入金しているというのに。。。

そこで自分の気持ちをセーブできればいいのですが、余剰資金とも言えないような、例えば子供の学費用に貯めている資金を少し削ってついつい証券口座に入金していたりします。
人間の欲というものはめっぽう強く、上手くいっている間は「投資資金を減らそう」などとはなかなか考えないものなんですね。

そうこうしている間に、数ヶ月~数年に一度は必ず来る相場の暴落に巻き込まれ、資産を大きく減らした段階で「少し冷静さを欠いていたかな・・・」と反省するようになります。

そこでようやく証券口座から資金を一部引き出しておこうかと思うのですが、失敗(損失)を認めたくないという心理に加え、暴落後というのは得てして魅力的な銘柄が溢れている時期でもありますので、そんな時になかなか出金の決断はできないでしょう。

もちろん、こんなタイミングでの出金はあまり合理的とは言えません。かといって、リスクを取り過ぎている状況には変わりありませんので、出金しないままでいるともっと大変なことになる可能性があります。

こんなジレンマに悩まされるパターン、実際に結構あるのではないでしょうか?
それもこれも、早くお金を増やしたいという欲が招いた失敗と言えますね。


複利で運用していると、資産の増加スピードは最初のうちはゆっくりで、資産そのものの額が大きくなってくるにつれそのスピードも加速度的に上昇してゆきます。

100万円、200万円くらいで運用していた頃は全力投球だったとしても、1000万円になった段階で100万円出金し、2000万円になった段階でさらに200万円出金しておくくらいの心の余裕は欲しいものです。
資金1000万円の段階で100万円引き出すくらい、資金200万円の段階で100万円引き出すことを思えば大して非効率でもありませんからね。

数字の理論だけで考えれば、常に賭けられる最大限の資金をベットしておくのが最善です。が、こういう心の余裕は長い投資人生の道中において必ず役に立つと思っています。

私が思うに、世の中の投資家の9割は、もう既に十分といえる金額を証券口座に入金している でしょう。あなたもきっと該当しているはずです。

信用取引をしている人はもちろん、現物のみの人であっても、株式の保有比率が多すぎると感じる人はたくさんいると思います。でも、逆は少ないのではないでしょうか?
「株を全く持っていない」という人なら多いと思いますが・・・。

どれくらいの比率で株を持っておくのが最適かなんて、私には分かりません。そもそも、その人の置かれている状況によっても全然違ったりしますしね。
でも、仮に現金20%、投資資金80%が結果的にその人にとって最善の比率だったとして、ギリギリの79%を果敢に攻めてゆく必要なんてドコにも無いでしょう。気持ちに余裕を持ちながら、投資60%で堅実に運用してゆけば良いのです。その方が精神的余裕も生まれて心から投資を楽しめると思いますしね。

偶然か、類が友を呼んでいるのかは分かりませんが、相互リンク先様のブログタイトルにも「ゆっくり確実に」「楽しみながらマイペースに」「じっくりと金持ちを目指す」といった語句が入っています。
ブログタイトルにも取り入れるくらい、投資は焦らないことが重要だと感じておられるのだろうと勝手に思っています(笑)

「早くお金を増やしたい」という欲に溺れず、守りを固め、プロセスを楽しむつもりでのんびり株式投資に励んでいれば、結果もきっと満足できるようなものになるはずです。
関連記事

トラックバック

コメント

入金タイミング
ゆうゆーさんこんばんは。

入金をするタイミングは
暴落(リーマン・ショック)時等の
全ての株が理屈を超えて売られたタイミングだと思っております。

その時に備えて給料と賞与を貯金する日々です。

と簡単に言ってみましたが、その度胸があるかはその時になってみないとわかりません…^_^;
  • 2015-12-21 | 21:20 |
  • みやび | URL |
  • [edit]
ゆうゆーさん こんばんは。

今回の記事は本当に共感できる内容でした。

私も欲が無いと言えば嘘になります...もっと入金して、大量に買っておけば平凡なパフォーマンスを一瞬で飛び越えられたのにと何度も思いました(笑)

しかしそれは結果論であって当然、多大な損失をかぶるリスクも存在するわけで、それを考えずに許容範囲を超えて入金したり、投資するのは無謀ですよね。

投資を楽しみながらマイペースに...なんて「なに戯言いってるんだ」と思う人も中にはいるかもしれませんが、私にとっては家族の理解を得て、生活にも役立つ、平凡な運用こそが今の私の身の丈にあった投資スタイルだと思っています。
No title
こんばんは!

投資は心の余裕が無ければ中々冷静な判断は下せないと思いますので、自制はとても大事だと思います。
私は、出来る限り早く目標資産規模まで達したいと考えているので最低限の生活防衛資金を確保した上で余剰資金は全て投資に回しています。投資先も株だけでなくトータルで運用利回りに寄与するのであれば他の手段も取りいれるつもりでいます。
恐らく一般的にはリスクを取りすぎといわれる状態かと 笑

投資基準、資金バランス、将来の目的、と皆違うと思うのでそれぞれが自分の把握できる範囲で自制することを肝に銘じてやるべきですね
私も「自分の範囲を超えていないか?」常に問いかけたいと思います。
No title
ゆうゆーさん、こんばんは。

全財産の9割以上が証券口座にあり、ボーナスも全額注ぎ込み、月末の給与はすぐさま証券口座にお布施を行い、株価暴落した時には"卵かけご飯”や”塩ご飯”の生活に・・・というのは完全に”株中毒”ですね(笑)

やり方は違うものの、パチンコ中毒者が店の近くの「なんとかローン」に何件もハシゴしに行く姿と大きな違いがないのかもしれません。

数百万の元本を信用○階建などとリスク高くすれば、短期間に1億円にすることも不可能ではないです。(あっという間にお金が無くなる可能性のほうが高そうですが。。)私はギャンブルで勝てる気が全くしないので、ゆっくり確実なほうを選ぶことにします。
  • 2015-12-22 | 02:15 |
  • KIRIN | URL |
  • [edit]
Re: 入金タイミング
みやびさん、こんにちは。

暴落時まで入金を待てるということは、早く資産を増やしたいという欲に勝てるということでもありますね。
右肩上がりの相場を経験してしまうと、どうしても「早く資金をつぎ込まないともったいない」という思考になってしまいますからね。

もちろん、暴落があと5年待っても来ないという可能性も視野に入れた資産配分を考える必要はありますが・・・。
いずれにせよ、保守的すぎて身を滅ぼすことはありませんが攻撃的すぎて身を滅ぼす可能性はあるということは知っておく必要がありますね。
  • 2015-12-22 | 08:24 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
カイトさん、こんにちは。

人というのはより上を求める生き物なので、何をどうやっても「もう少しこうしておけば良かった」と思うものなのかもしれませんね。仮に現物で最大限買っていたとしても、「信用で買っていればよかった」といった感じで・・・。
人の欲望は、本当に尽きることがありません。

カイトさんのブログを読ませてもらっていると、日々の株価の動きには付き合わずに優待を楽しみながらのんびりやっていく、というスタンスが感じられます。タイトルと内容がとても一致していますね。

周りのパフォーマンスが簡単に閲覧できる昨今だからこそ、そういったスタンスを堅持してゆくことをより心掛けたいですね。
  • 2015-12-22 | 08:24 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
imoekatさん、こんにちは。

一般的に見て「リスク取り過ぎでは?」という風に見えても、自分がそれについて理解していれば問題はないと思います。むしろ他人に「リスク取り過ぎでは?」と言われ、そうなのかと言って株式のポジションを落とすという方がある意味では心配かもしれませんね。

ただ、株式にどれだけ投じているかという結果よりも、事前にどのように計画していてその通りにできているかの方が重要で、仮に市場がバブルを迎えても常に全力投資の姿勢を崩さないのか、崩さないならばその後の大暴落を真正面から受けて立つ覚悟はできているのか、といったことに対する自分の答えを今のうちから持っておくことは大切ですね。
  • 2015-12-22 | 08:24 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
KIRINさん、こんにちは。

世の中の人間を二つに分けると、「株を全く持たない人たち」か「株を山ほど持つ人たち」かに大きく分かれるような気がします。この中間は少なそうです。

少しだけ株を持つという視点もあっていいと思います。このブログは攻めの投資をテーマに書いていますが、その人の性格や置かれている環境によってはこういうやり方がベストとは言えない場合もあるはずです。

○○ショックが起きる度に、必ず何割かの投資家が退場に追い込まれます。資産が尽きることは無くとも、先にメンタルが尽きてしまえばそれまでです。
資金効率とメンタル、両方と相談して自分にとってベストの比率で資金を振り分けたいですね。
  • 2015-12-22 | 08:25 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
株半分、現金半分
ゆうゆーさん、おはようございます。
自分の資産から株半分、現金半分くらいでやってます。
長期貯蓄は別として、ですが。
株資金は全部使わず、10%か20%は小暴落用に残しているので、のんびりなプランかもしれません。
大暴落したら現金から株に追加入金して、株の比率を上げる予定ですが…、暴落はないほうがいいかな(笑)
  • 2015-12-22 | 09:07 |
  • すりぃ | URL |
  • [edit]
Re: 株半分、現金半分
すりぃさん、こんにちは。

暴落に備えて現金を残しておくのも、それはそれで悩ましいですよね。暴落が来なければその分だけ資金効率が悪くなりますから・・・。
ずっと暴落用の現金が使えない状況ならそれで良し、と保険料のように割り切るのも一つですね。

私はいろいろ考えた挙句、「ポートフォリオの割高さに応じて現金保有率を変動させる」という方法に行き着いています。すりぃさんも暴落時には株の保有比率を上げるということなので、結果的には同じことをやっているのかもしれませんね。
  • 2015-12-22 | 14:59 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
恐縮です
ゆうゆーさんのような有名人に私のブログタイトルの記事をあげていただけるなんて恐縮です。おっしゃるように株式投資は自分の欲との戦いでもありますよね。私は以前記事の中でも書いたことがありますが「自分の判断に自信があっても全力では絶対にいかない」ことを心がけています。どんな想定外のリスクが降って沸いてくるかわからないですし、判断が間違っていたときに立ち直れないかもしれないですから。その心がけのおかげでいままで無事に運用の世界の航海を楽しむことができているのは間違いありません。焦らずゆっくり、忙がば回れだよというのはくどいくらいに訴えていきたい点です
Re: 恐縮です
sunさん、こんにちは。

タイトルの使用を快諾してくださり、ありがとうございます。sunさんならそう言ってくださると思っていました(笑)

おっしゃる通りで自信は必要ですが、過信は禁物ですよね。私もどれだけ自信があっても、一銘柄の保有比率は30%を超えないというマイルールを決めています。

投資ブロガーで過去、退場した(のではないかと思われる)方を何名か知っていますが、いずれの方も原因は「過信」だという風に見えました。一銘柄に集中投資していたり、信用取引していたり・・・。

逆に言えば、過信さえなければ少なくとも退場は無いということだと思います。今後も安全運転で資産を築いてゆきたいですね。
  • 2015-12-22 | 21:40 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
今からでも株を始めますか?
ゆうゆーさん、こんにちは。

先日、同僚が「株でもはじめようかな~」と言ってましたが、私は心の中で「日経平均もだいぶ上がって、今からは厳しそうだな~。」なんて思っていました。

もちろん同僚には何のアドバイスもしていませんし、これからもしません。なにせ私も初心者ですので(笑)。
ただし私より儲かったら「ステーキ奢れ!」って言ってみようと思います(笑)

前置きが長くなりましたが、ここ数年で株価も高くなってきましたが、ゆうゆーさんなら今からでも株式投資を始めますか?ゆうゆーさんのお考えを聞かせて頂けると嬉しいです。
  • 2015-12-25 | 00:54 |
  • 猫。 | URL |
  • [edit]
Re: 今からでも株を始めますか?
猫。さん、こんにちは。

私もリアルで株式投資についてのアドバイスをしたことはないですね。そもそもネット上であっても、こちらから進んでアドバイスなんてただの自己満足に過ぎないと思っているのでやりません。もちろん、相手から求められればそれには応えますが・・・。

「ステーキ奢れ!」なら良いと思います(笑)

さて、ご質問の件に関しては私なりの考えをまとめて書いていたのですが、ちょっと長くなりそうですのでこの件は改めて記事にさせていただこうと思っています。
次回は週間成績発表の記事になりますが、その次に書かせていただきますのでしばらくお待ちくださいね。
  • 2015-12-25 | 04:55 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、こんばんは

確かに他人から指摘されてあっさり変更するようなら危険ですね。
大きめな暴落局面でも慌てないメンタルが自分にあれば問題ないと私も思います。
それぞれ「自分のやっていることがちゃんと分かっていること」がとても大事なのかなと
ゆうゆーさんの様に柔軟な考え方が出来る人とはコメントのやり取りも楽しいですね 笑
Re: No title
imoekatさん、こんにちは。

私の書くほとんどの記事で言えるのですが、結論ではなく、その結論に至ったプロセスを見て欲しいんですよね。結論は「焦らずゆっくりと資産を築け」というものですが、大事なのはそこではなく「なぜそう考えたのか?」という部分です。
プロセスが合理的であるなら、結論はいろいろあっていいということですね。

imoekatさんのブログにも良いことがたくさん書かれていますので、これからもアクセスが増え続けるといいですね。こちらの方も株価と同じでいつ、どういうきっかけで流れが変わるか分かりませんので、根気強く良い記事を上げ続けることが何よりも大事なことですね。
  • 2015-12-27 | 07:04 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。