横綱の「変化」は有り? 無し?

こんにちは、ゆうゆーです。

今回は息抜きテーマです。
昨日の大相撲大阪場所では、白鵬が4場所ぶりに優勝しましたね。序盤戦こそ世間の注目は「琴奨菊の綱取り」の方でしたが、これが無理だと見るや「稀勢の里、あるいは豪栄道の初優勝なるか?」という点に注目が移ってゆきました。

結局、琴奨菊の綱取りも、他の日本人力士の優勝も叶わずに白鵬が優勝というありがちなパターンになったわけですが、その白鵬が優勝を決めた千秋楽の一番が「立ち合いで白鵬が変化する」という注文相撲だったせいで、これがまた議論を呼んでいます。


相撲の「変化」については常に賛否両論ありますね。大きく言えば「ルールに『変化は禁止』など無いのだから良いのではないか?」という意見と、「観客は熱い取り組み内容を期待しているのだからダメでしょう」という意見の対立です。

でも、これは実は相撲以外の競技でも存在する問題です。
私の大好きなテニスだって、観客はやはり勝ち負けの結果だけでなく熱いラリーの応酬を観に来ているわけですから、例えばヘロヘロ球でもとにかく相手のコートに返すだけのプレーヤー(俗に言うシコラー)同士のテニスを見ているのはとても退屈で、表立って批判されることはなくとも、ほとんどの人はつまらない試合だと感じると思います。

こんなテニスでも、勝ちさえすればそれでいいのでしょうか?

私の考えを言えば、こういう勝ち方は良く思っていません。ただ、それでもアマチュアならば構わないと思います。どんなプレースタイルを目指そうと、それは自分だけの問題ですからね。

しかし、プロとなると話は違ってきます。プロはプレーすることでお金を貰っています。そのお金はどこから出てくるかと言えば、その試合を観てくれるお客さんの財布です。
だから、プロはお客さんに喜んで見てもらえるようなテニスをするのが第一の使命です。勝った負けたは二の次なんですね。もちろん勝たなければ二回戦はなく、お客さんに見てもらえる機会が減ってしまいますから結果も無視はできませんが・・・。

そういう意味では、現時点の世界ナンバーワンはジョコビッチですが、私の中での世界最高のプロテニスプレーヤーは未だにフェデラーです。そういうテニスファンの方は私以外にも多いと思います。もちろんジョコビッチのプレーだって見ていて面白いですが、フェデラーのそれは特別で、本当に観客を魅了するものがあります。


相撲の話に戻りますが、一概に「変化」がダメだというのではなく、例えば安美錦や元・舞の海の相撲では変化を含めたそういう「何をしてくるか分からない」という取組を観客は期待していますから、彼らが変化することについては問題にならなくて当然です。

変化が悪いのではなく、観客の期待に応えないことが悪いのです。お金を貰ってやっている以上、ビジネスですから顧客満足が最重要だということですね。これは私の会社経営におけるモットーでもあります。

尚、冒頭に白鵬の例を出しましたが、白鵬も千秋楽こそあのような相撲内容でしたが、それまでの三日間は観客を熱くさせるような素晴らしい横綱相撲でした。本当に立派な大横綱だと思っています。
私は、現役力士の中では、日本人力士の誰よりも白鵬の相撲を見るのが楽しみでワクワクしますね。
関連記事

トラックバック

コメント

No title
こんばんは
みんながたのしみにしている千秋楽の横綱対戦で変化ですか???と思ってしまいました。白鵬を応援しているので今回は残念でした。
  • 2016-03-28 | 21:46 |
  • pon | URL |
  • [edit]
No title
こんばんわ。

テニスについて記載されている部分は私も同意見です。ジョコビッチやナダルはVTRのリプレイを延々と見せられているようで、しかも試合が長いんで途中で飽きてしまいますね。プレーヤーとしての実績的にも、エンターテイナーとしてもフェデラーはNo.1だと思います。

ジョコビッチのプレーは非常に勉強にはなるんですが、プロは一般プレーヤーには、とてもできないショットを期待してしまいますし、「流石はプロだね」と感じたいです。

今週末、私は試合ですがシコラーと当たらないことを神に祈っています(笑)トーナメントで当たってしまうと体力根こそぎ奪われますからね(^^;)
  • 2016-03-28 | 22:27 |
  • ジャンボ | URL |
  • [edit]
No title
ゆうゆーさん、おはようございます。
9年ぶりに白鵬がやってしまいましたね。
あの時はまだ大関でしたが、横綱昇進もあり得るという場所での優勝のかかった千秋楽でしたね。
その時以来なので白鵬にとって今回は絶対に負けられない勝負だったんですね。
白鵬が横綱になってから3場所連続で優勝を逃していたのが今回で2度目。
優勝していない期間が3場所なら半年以内ですが、4場所なら半年を超えてしまいます。
大横綱だからこそそれは許されない、だから変化という賭けに出たんでしょうね。
変化は相手に読まれれば一気に押し出される上、怪我の危険性も高く、
力士からしたら非常に勇気がいると思うんですけどね。
Re: No title
ponさん、はじめまして。

どういう心境で、あの場面で「変化」という選択をしたのでしょうかね。一応白鵬も答えてはいるみたいですが、それが本心かどうかは分かりません。
頂点を極めた者の思考として、とても気になりますね。
  • 2016-03-29 | 08:15 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
ジャンボさん、こんにちは。

フェデラーはなんであんなに人を惹きつけるプレーができるんでしょうね。ジョコビッチももちろん凄いですが、フェデラーの凄さは(言葉では説明しにくいのですが)何か違うんですよね・・・。実績の数字ももちろん凄いのですが、数字以上の何かを感じます。

イチロー選手も「難しいプレーを平然とやってのけるのがプロだ」と言っています。プロには、やはり「人間業ではない」と思えるような、次元の違うプレーを期待していしまいますね(口で言うのは簡単ですが。笑)

シコラーと当たるのは嫌ですよね。めちゃくちゃ疲れる割に、勝ってもあまりスカッとしないという・・・(笑)
  • 2016-03-29 | 08:15 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: No title
ユリウスさん、こんにちは。

ユリウスさんも相撲に詳しいですね。優勝インタビューでの涙にも表されているように、今回はいつも以上にどうしても勝ちたかったのかもしれません。
それで咄嗟に「変化」という選択になったのか、あるいは事前の作戦通りだったのか、トップアスリート(?)の心境としてとても気になります。

千秋楽があんな相撲だったので批判も多いですが、それまでの三日間も含めトータル15日間を見れば、成績的にも内容的にもまぁそれなりに横綱の役割は果たしたと私は見ます。

人はなぜか直近の結果を異常に重視しますから、14日目と千秋楽の内容が逆だったら拍手喝采だったようにも思います(笑)
  • 2016-03-29 | 08:16 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。