井上康生さんと井村雅代さんの指導法の違い

こんにちは、ゆうゆーです。

ついにリオオリンピックも閉幕となりました。今回のオリンピックは日本選手たちが大活躍で、私自身も本当にたくさんの感動や学びを得られた貴重なオリンピックでした。

もう閉幕してしまうのが寂しいですが、この儚さがまたオリンピックの感動を生み出しているのだとも思います。
また「オリンピックには魔物が棲む」とよく言われますが、4年に1回というチャンスの少なさがこの魔物を生み出している一つの要因ではないか、とも思います。だからこそ、それに打ち勝ってメダルを取った時の喜びもひとしおなんでしょうね。


さて、今回のオリンピックでは実にいろいろな快挙がありました。その一つが、「柔道とシンクロの復活」ではないでしょうか。男子柔道では7階級全てでメダル獲得、シンクロではデュエットで8年ぶり、団体で12年ぶりとなるメダル獲得となりました。

そして、どちらもその裏には素晴らしい指導者の存在があったようです。その指導者というのは、男子柔道では井上康生さん、シンクロでは井村雅代さんです。
この二人の指導方法の違いについて、こちらのニュース記事で詳しく書かれています。これは秀逸な記事だと思いました。

井上康生さんと井村雅代さんでは、指導方法は正反対と言ってもいいかもしれません。
井上康生さんはのびのび育てるタイプのようで、どちらかというと選手を褒めることが多く、昔からの柔道の常識であった厳しい指導体制とは一線を画した指導方法のようです。

一方の井村雅代さんは、とにかく厳しく育てるタイプのようです。叱咤も多く、練習は1日12時間にもおよび、苦しい時こそさらに苦しい練習を半ば強制的にさせるなどして、メダルを取れるレベルにまで選手の限界を引き上げてきたようです。

両極端の指導方法を取ってきた二人ですが、どちらの指導方法が優れているのか?という疑問への答えは、この記事には書かれていません。むしろ、指導方法に正解はないと書かれており、この部分は今回のオリンピックでの成果を見ても「全くその通りだ」と思わざるを得ません。

では、異なった二人の指導方法が功を奏した要因は何だったのか?という部分では、この記事では「選手を思う気持ち」と書かれています。
実は、ここは私の考えとは少し違います。もちろん、選手を思う気持ちは指導者である以上持っていてしかるべきですが、私が感じたのは、二人とも自分の指導方法について絶対の自信を持っており、言い換えれば強い信念を持っていたからだと思っています。

井上康生さんが選手の気持ちを思い、井村雅代さんの指導方法を取っていたとしても、それは上手くいかなかったはずです。それは、心の底で「この指導方法で良いのか?」という疑念を持ってしまうことで、最後までその指導方法を貫くことができなかったり、仮に貫いたとしても選手にその心が伝わらなかったと思うからです。
自分自身が自信を持てない意見など、他人に伝わるはずがありませんからね。

井上康生さんも井村雅代さんも、「自分の指導方法で選手を育成すれば必ずメダルを取れる」という揺るぎない自信を持っていて、それが選手にも「この指導者の下で練習していれば、必ずメダルを取れる」という風に伝わったのではないでしょうか。

後日、テレビで井村雅代さんのインタビューを聞く機会がありましたが、そこで「この人はこの指導方法にとてつもない信念を持っている」と強く感じました。私が感じるのですから、選手だって感じるでしょう。


株式投資に置き換えてみれば、投資手法に唯一無二の正解なんてないということです。無論、何事においても最低限の基本を理解しておくのは第一条件ですが、その次に大切なことは「自分の投資手法に信念(絶対の自信)を持っているか」という点です。

信念を持てる投資手法こそがその人にとって正解の投資手法であり、それは他人からは分かりません。私もその昔は短期投資を批判したりしていましたが、その行為は間違いだと気付きました。それがその人にとって信念を持てるやり方なら、正解だということです。それが、他人の私からは分からないだけです。

視野を広く持ち、自分にとっては間違いでも、その人にとっては正解ということが世の中にはあることを理解しておくべきですね。井上康生さんと井村雅代さんの例は、まさにそのことを表していると思いました。


余談ですが、仮に自分が指導者を選べるなら、井村雅代さんの厳しい指導ではなく、井上康生さんの 優しい指導をお願いしたい と思う次第であります(笑)
関連記事

トラックバック

コメント

信念はポイントです
 ゆうゆーさんお久しぶりです。いつもはツイッターで感想を書いているのですが(ツイッタで返信頂いてありがとうございます)たまにはコメントしようと思って 今回投稿しました。

 信念を持っているかが投資法でも大事とのことですが私もそれは強く感じます。今はゆうゆーさんと同じく株価が軟調なので 早く売って利益確定したいななんて邪念が入るのですが こういう時はIRで直接聞いた社長の信念ある言葉を思い出すと もうちょっと応援してやろうかなという前向きな気持ちがでてきて 頑張れてる気がします(逆に経営者の態度が悪い会社はどうしても悪いイメージが浮かび上がってきて握力が弱まる気がします) 


 
  • 2016-08-22 | 09:21 |
  • ぺんぎん | URL |
  • [edit]
Re: 信念はポイントです
ぺんぎん(ぺんた)さん、こんにちは。

ツイッターの方ではいつもお世話になっております。
個別株投資においては、個別企業に対する理解度がそのまま信念へと繋がる部分が大きいと感じますね。理解があやふやだと、当たり前ですが自信を持ってホールドか売却かを判断することが難しくなります。

ぺんたさんは経営者を重視されるということで、社長の生の声や、実際に会った時に感じる印象などがぺんたにとって特に大切な要素になりますね。

それはそうと、雑誌への掲載おめでとうございます。株の雑誌はほとんど買ったことがないのですが、今回の日経マネーはぺんたさんやすぽさんが載っているということで、買ってみようかと思っているところです。
  • 2016-08-22 | 09:37 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
ご無沙汰しております。
信念は何をするにも、大切ですよね。私はそこまで強い信念をもつことができないことが多いので、信念をもって物事に取り組める人は尊敬できます。
株式投資についても昔は信念なくいろいろな手法に手を出して失敗した経験から、今は、今の自分の手法を信じて取り組んでいるところです。
その取り組みの中でゆうゆーさんのブログはとても参考にさせていただいてます。いつと勉強になる記事を書いていただきありがとうございます。
  • 2016-08-22 | 12:34 |
  • ありだん | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
ありだんさん、こんにちは。

私の好きな言葉(自分で考えた言葉ですが・・・)に、「信念は、理解から生まれる」という言葉があります。意味も分からないのにただひたすら信じることを、私は信念とは呼んでいません。これは洗脳です。

信念を持つためには、そのことを深く理解することが何よりも重要なことですね。
なぜ、その投資手法で儲けられると断言できるのか?この答えについて、具体的に、株を知らない素人が「なるほど」と納得できるくらいに説明できる自信があれば、信念を持っている証拠と言えます。逆に言えば、自分の投資手法に対する理解をそのレベルにまで高めておきたいですね。

信念について語るとつい熱くなってしまいます(笑)
  • 2016-08-22 | 14:31 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
ゆうゆーさんの言葉、大変素晴らしいですね。正にその通りだと、私も思います。
確かに自分の行動を振り返っても、理解が深くあるものほど強く信念を持てている気がします。
深く理解できるほど、ある事について考え、勉強して、それで初めて信念につながるのでしょう。それくらい努力をする覚悟がないと信念にはつながらないのでしょうね。
ありがとうございました。
  • 2016-08-22 | 19:24 |
  • ありだん | URL |
  • [edit]
信念は確かに重要ですよね
ゆうゆーさんこんばんは。

ゆうゆーさんのブログを読んで信念は確かに重要かもと思いました。
自分を信じられない人についていくことは難しいですから。

自分がもう一つ思ったのは選手と指導者の間の信頼関係も大きいのでは無いかと思いました。
これがあれば、厳しく指導されてもこの人を信用してついていこうと思うのでは無いでしょうか?(褒めて伸ばす場合も同じです)

投資でも会社や社長の事を信じられないと安心して保有を続けることができません。
信念があり信頼もできる企業に投資をしたいと思っています。
  • 2016-08-22 | 19:48 |
  • みやび | URL |
  • [edit]
Re: タイトルなし
ありだんさん、こんにちは。

ありがとうございます。信念を持てと言うのは簡単ですが、そこには信念を持てるほどの理解があるという裏付けがあってこそですからね。

その理解というのは、理屈であったり、また感覚的なものも含まれるんだと思います。人が歩くことができるのは、理屈で理解しているのではなく、感覚的に理解しているからと言えますね。

最近は銘柄分析よりも、こういう大元の原理原則を考えるのが好きです(笑)
  • 2016-08-23 | 08:03 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
Re: 信念は確かに重要ですよね
みやびさん、こんにちは。

おっしゃる通り、信頼も大切ですよね。厳密に言えば、信念をつくる一つの要素が信頼ではないかと思います。

いくら理に適った指導方法でも、選手側が指導者やその指導方法について半信半疑であれば効果は薄いでしょうね。選手に「この指導者についていけばメダルが取れる」という信念を持たせられているかどうかが、指導者の信念にも直結するように思います。

また、上で「信念は、理解から生まれる」と書きましたが、信頼できるということは理解している証拠です。理解した上で信頼できない場合もあると思います。この場合は、「この企業は保有するに値しない」という信念が持てますね。
  • 2016-08-23 | 08:03 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]
No title
最近のゆうゆーさんは成長していますね。

株式投資に正解を求めず、広い視野を持ち、他人の意見を尊重するのは良いことです。


でも言うは易く行うは難し、と言います。
あとはじっくり経験していくしかないでしょうね。
Re: No title
MEANINGさん、こんにちは。

「他人の意見を尊重する」というのはどういう行為を指しているのか分かりませんが、私の場合は自分の理解できないことを他人が言っていたとしても、批判するのではなく、肯定するでもなく、「理解できない」という状態に留めておくべきだ、という話ですね。

また経験、経験と言いますが、なぜ経験が必要かというと「経験は感性や想像力を育てる要素の一つであり、その感性や想像力は信念をつくる要素の一つだから」という認識です。
  • 2016-08-24 | 07:48 |
  • ゆうゆー | URL |
  • [edit]

コメントを残す


 ※コメントは300文字以内でお願いします。0文字/300文字


プロフィール

ゆうゆー

Author:ゆうゆー
テニスと株式投資を愛する個人投資家です。
株で稼いで、テニスコートを造るぞ~!

最新記事

最新コメント

  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • つつみ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • sun ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • マサ ≫ ブログを休止して感じたこと(休止中記事)
  • ゆうゆー ≫ たまには近況報告(休止中記事)

投資パフォーマンス

■ 初期資産:100.0 万円
■ 現行資産:275.2 万円
■ 運用日数:1294 日(3年6ヶ月)
※ 2016.10.29 更新
年度 ゆうゆー TOPIX
 2013年(4/15~) +30.8 % +14.4 %
 2014年 +80.1 % +8.1 %
 2015年 +29.8 % +9.9 %
 2016年(~10/29) -10.0 % -10.0 %
トータルリターン +175.2 % +12.3 %
平均年利 33.0 % 5.9 %
上記は、ブログ公開用のサブ口座の運用記録です。
メイン口座の方は非公開とさせていただきます。
手数料、税金、配当、優待等は加味していません。

リンク(RSS)

広告
※ 相互リンクについては、こちらをご一読ください。