恐怖心は、期待感を上回る

こんにちは、ゆうゆーです。

あなたが、自分の大事な貯金100万円を持って、
次のようなゲームに参加すると想定してください。

・ 私とあなたが、ジャンケンをします。
・ ジャンケンに勝てば、2倍の200万円になって返ってきます。
・ シャンケンに負ければ、半分の50万円になって返ってきます。


あなたが実際にこのゲームに参加する時、どのような心境になりますか?

・・・きっと、恐怖心でいっぱいになっているのではありませんか?

でも冷静に考えると、このゲームの期待値は+25万円ですから、
理屈で考えるならば、
恐怖心よりも期待感でいっぱいになるべきゲームなのです。

ですが、よほどメンタルが強い方でもなければ、
期待感よりも恐怖心の方が上回る場合がほとんどでしょう。

ゆえに、このゲームを実際に提案されたら、
参加せずに断ってしまう人も、多いのではないでしょうか?
参加しなければ、とりあえず元本の100万円は守れますからね。

人の感情とは不思議なもので、100万円を200万円にできる期待感よりも、
100万円を50万円にしてしまう恐怖心の方が上回るのである。
【ゆうゆー】


ですが、あなたが株式投資で財を成そうと思っているのならば、
このような感情に任せて動いているようではいけません。

元本割れがどうしても嫌なのであれば、
定期預金の微々たる金利で我慢するしかないでしょう。

ただ、あなたの貯金が600万円あったとして、
それを定期預金で20年間持っていても、700万にしかなりません。

600万円のうち200万円でも株式投資に充てていれば、
失敗した場合は400万円になってしまう一方で、
成功すれば、5000万円ほどにまで増えるでしょう。
もし大成功ならば、1億円を超えても不思議ではありません。

しかも、投資方法さえ間違わなければ、
成功する確率は、失敗する確率よりもはるかに高いはずです。

期待値としては、定期預金よりも株式投資の方が圧倒的に上なのです。
冒頭のジャンケンゲームの比ではありません。

真の投資家は明確な考え方に基づいて市場や世界に向かっていく。
彼らは必要以上に悲観的でもなければ、不合理なほど楽観的でもない。
ただ論理的で合理的なのである。
【ウォーレン・バフェット】


お金を大きく増やすにあたっては、含み益を死守することよりも、
期待値が大きい取引であるかどうかを考え、行動する方が、
明らかに合理的ですよね。

冒頭のようなジャンケンゲームに参加して、
不運にもジャンケンに負けて50万円に減らしてしまっても、
「期待値はプラスだったのだから、自分は間違っていなかったのだ」
と、胸を張ればよいのです。

コンスタントに勝つ人は、
エースを3枚持って限度いっぱいに勝負に賭けたとしても、
相手の手がたまたまそれを上回るロイヤル・フラッシュで
負けるケースもあることを肝に銘じている。
そして、そういう不運を受け入れながらも、
長い目で見て基本に忠実に従えば勝つことができると、
揺るぎない確信を持っている。
【ピーター・リンチ】


不合理な自分の感情に打ち勝ち、合理的に行動できる人こそ、
株式投資で成功できる人なのです。

コメント

質問です
毎日勉強になる記事をありがとうございます!
只今、ブログを復習中なのですが、一つ疑問が出てきました。それは、以前売却されたDVXの株価が下がってきていますが、成長性が保てている場合には再購入の対象になるのか?と言うことです。それとも一度値上がりした銘柄は対象から外した方がいいのでしょうか?
差し支えがなければ、意見をお聞かせ願えないでしょうか。よろしくお願いします。
Re: 質問です
ビークスさん、コメントありがとうございます。

私がDVxを売却したのは、PERの観点で割高になったからに過ぎず、
成長性が揺らいだわけでは決してありません。
なので、再び割安圏までPERが下がってくれば当然、購入の対象になります。

むしろ、ほとんど同じ条件であれば、
以前保有していた銘柄の方がよいとさえ思います。
理由は、その銘柄についてよく知っているはずだからです。

ちなみに今のDVxの予想PERは14.5倍ですので、今買うのも悪くないと思いますが、
当ブログ内の運用では、買えるほどの現金が今ないことと、
売買基準を概ね「PER14倍以下で買い、20倍以上で売り」と決めていますので、
新たに買うには少し高いかな?という感じです。

もし、さらに下がってくれば、AITやヒトコムあたりから乗り換えることも
十分ありえると思いますよ。

また、何かありましたら何なりとご質問ください。
ありがとうございます
早速の御回答ありがとうございます。参考になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
こんばんは
 いつも 楽しく拝見しております。
 たくさん、返信されたようで、お疲れ様でした(笑)

 記事を読んで反射的に暴言を返信しちゃうのって
高値掴みに通ずるものがある気がしてなりません。

メールは書いて一晩寝かせてから送った方が良いと
作家の村上春樹氏はよく仰っています。


 かくいう私も、投資を始めて数ヶ月で
資産を半分に減らしました(苦笑)

 それから自分なりに、よく調べ考えて投資をすることで
その後、何とか原資を回復しましたが
やはり倍以上の期間がかかりました。

 なので、考えるのが重要というのは とても良くわかります。


 更新大変でしょうが無理せず頑張ってくださいね。
Re: こんばんは
もつさん、こんばんは。

今回の件では、私の記事の書き方にも大きな問題があったということが、
後で冷静に読んでみて気が付きました。
なので、文章の修正とともに反省の追記を入れておきました。

本当に、よく考えてから行動に移さないといけませんね。
今回の件でよく反省しましたよ。
「考えなければならない」という記事を自分で書いておきながら、
まさに私自身に考えが足りなかったわけです(笑)

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、今まで以上に「読者の立場に立つ」ことを心掛け、
ブログの更新とコメントへの返信をやってゆきたいと思います。
温かい読者さまたちを、決して失いたくありませんので・・・。

管理者のみに表示

トラックバック