建値を忘れよ

こんにちは、ゆうゆーです。

昨日、次のようなゲームを例に出しました。

あなたの大事な貯金100万円を賭けて、私とあなたがジャンケンをします。
・ ジャンケンに勝てば、2倍の200万円になって返ってきます。
・ シャンケンに負ければ、半分の50万円になって返ってきます。


この場合、多くの人は期待感よりも恐怖心の方が勝ってしまうと、
説明させていただきました。
では、タダでこのようなゲームができる場合はどうでしょうか?

例えば、何かのイベント等のくじ引きで大当たりを引き、
このゲームをタダで1回できる権利を得た場合などを想定してください。

この場合は、意外と期待感の方が大きかったりしませんか?
たとえジャンケンに負けて50万円しかもらえなかったとしても、
もともと、タナボタで得た権利ですから、
泣きたくなるほど悔しい思いにはならないでしょう。

一方、100万円払ってこのゲームに参加して、
ジャンケンに負けて50万円に減らしてしまった場合は、
泣きたくなるほど悔しくなるのではないでしょうか?

どちらのケースでも、ジャンケンに勝った場合と比べて
150万円少ない額しか得られないことは同じなのですから、
理屈の上では、同じ悔しさであるはずです。

では、この両者の違いは、一体ドコにあるのでしょうか?

・・・それは、このゲームに参加する時の元本の額です。

ジャンケンに負けてしまった場合を考えると、
最初のケースは、元本100万円を半分に減らしたのですから、大損です。
ですが二番目のケースは、元本は0円ですから、
たとえ貰えたのが50万円だったとしても、かなりの得ですよね。

人はどうやら、金額の大小よりも、
損をしたか得をしたかに、とてもこだわる生き物のようです。

株式投資に置き換えてみれば、金額の大きさよりも、
含み益なのか含み損なのかを、とても気にしてしまうということです。
+25000円+20000円の差なんて、そんなに大きいと感じないのに、
+2000円-3000円の差は、とても大きく感じてしまうのです。

こんな考え方は、とても合理的とは言えませんよね。
あなたの買値なんて、市場にとっては何の意味もない数字なのです。
800円をつけている株があったとして、
それが100円で買った株であろうが、1000円で買った株であろうが、
売るタイミングは同じでないといけません。

買値からの増減額や増減率にこだわることは、
売買の判断を狂わせてしまうだけで、メリットなど一つもありません。
買値など、無視してしまうのが最善です。

私は、「損切り」や「利確」という言葉が、あまり好きではありません。
どちらも「売却する行為」だということに変わりなく、
売却時に、売値が買値よりも上か下かで分けているだけです。

「損を拡大させないために売る」や「利益を減らさないために売る」
などの行為は、私には全く馬鹿げた行為としか映りません。
売る基準がそんなところにあるようでは、
おそらく長期投資では成功できません。

もし、あなたが「25%下がったら売ってしまおう」という
致命的に誤った考えを捨てることができないようなら、
あなたは株式市場で正当な利益を得ることなど、決してないだろう。
【ピーター・リンチ】


どうせ分けるのなら、
「銘柄選定ミス売り」「成長ストーリー崩れ売り」「割高売り」
などと分けたいものです(笑)
その方が、売った理由がハッキリして良いですから。

建値を忘れよ
【相場格言】

コメント

No title
今回の記事は、例えがとても良かったです。やはり私は「建値を忘れよ」という格言が好きなのだと思います。

建値が分からなければナンピンができなくなります。株価による日々の一喜一憂がなくなります。

重要である「成長ストーリー崩れ」の基準として、自分の地域に出店が来たらそろそろと考えています。そのぐらい最後に来るような悲しい地域です。

Re: No title
いいですねえさん、コメントありがとうございます。

株を買ったのなら、もうそのお金はないものとして考えるべきですね。
あるのはお金ではなく、株(=企業)なのですから、
株価ではなく業績に注目するのは、至極真っ当なことだと思います。

成長余地について、自分の地域に出店が来たらそろそろだという考え方は、
とてもよいと思います。
私の住んでいる地域も、それほど田舎というわけではありませんが、
自分が行ける範囲に「かつや」が進出してきたら、
そろそろALサービスの成長余地を真剣に考える時期なんだと思っています。

管理者のみに表示

トラックバック