検索ワードを読み解く(第3回)

こんにちは、ゆうゆーです。

それなりに好評をいただいている「検索ワードを読み解く」シリーズの、
今日は第3回をやってみたいと思います。


検索ワード[得意分野に投資してはいけない]

さすがにこの検索ワードには、疑問を感じざるを得ません。

ゆうゆー投資法のような長期投資では、銘柄選定がとても重要です。
なので、投資している企業についてよく知っている方が有利なことは、
疑う余地はないでしょう。

あなたがカーマニアであるなら、
カー用品店について他の人より詳しい分析ができるだろうし、
私のようにテニスをする人であれば、
ヨネックスのラケットがこれ以上、シェアを伸ばすのが厳しいことは、
大体イメージできるでしょう。

ちなみに、ピーター・リンチやウォーレン・バフェットは、
ハイテク企業にはあまり手を出さないようです。
理由は、理解できないからだそうです。

ドーナツを食べ続け、タイヤを買い続けているうちに、
私はレーザービームやマイクロプロセッサとは比べものにならないほど、
ドーナツやタイヤについてわかるようになっている。
【ピーター・リンチ】


また、当然ながらよく知っている企業というだけでは、
買う理由にはならないことは付け加えておきます。

あなたがその店で買い物をするのが好きだからといって、
その店の株を買えと勧めたりはしない。
また、あなたの好きなものを作っているとか、
好きな食べ物を出すレストランだからといった理由で
その株を買えとは言わない。
店の好み、製品、レストランなど、その会社に興味を持ち、
調査リストに載せるのは結構なことだが、
それだけでは株を持つのに十分とは言えない。
利益見通し、財務状況、競争上の位置、成長計画などなどについての、
宿題を済ます前には決して投資をしてはいけないのである。
【ピーター・リンチ】



検索ワード[絶対に下がらない株]

ハッキリ言いますが、そんなものはありません。

元本割れがそんなに嫌なのであれば、
定期預金の微々たる金利で我慢するしかないでしょう。

スポーツの大会において、絶対に負けない方法を私は知っています。
それは、大会に出ないことです。

たとえあなたが第一シードになれるほどの実力の持ち主でも、
大会に出場する限りは、一回戦負けの可能性はあるのです。
大会に出なければ、絶対に一回戦負けはありません。

株式投資だって、参加しなければ元本割れはありませんね。
ですが、冷静に考えて、元本割れしないことって、
そんなに重要なことですか?

人の感情とは不思議なもので、100万円を200万円にできる期待感よりも、
100万円を50万円にしてしまう恐怖心の方が、上回るようである。
【ゆうゆー】


みなさんの保有銘柄の中でも、大きな含み益になっている銘柄と、
含み損になっている銘柄があると思いますが、
あなたが気にしているのは、含み損の銘柄の方ではありませんか?

株式投資で重要なのは、絶対に下がらない夢の株を探すことではなく、
もしかしたら下がるかもしれないけど、
上がった場合はムチャクチャ上がりそうな現実的な株を、
複数探すことではないでしょうか?

自分の選んだ全ての株で儲ける必要はない。
株式投資で成功するために必要なのは、
大幅に値上がりする幾つかの銘柄であり、
それらによるプラスは期待外れの株の損失を埋めて余りある。
【ピーター・リンチ】


このピーター・リンチの言葉を分かっていれば、株で儲けるために
絶対下がらない株を見つける必要などないということが、
きっと理解できると思います。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック